さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年03月08日

シンガー志望のドクター刑事


『NO MORE HEROES 英雄たちの楽園』 プレイ日記 vol.7
【ランカー9位 ~ドクター・ピース戦~】

 2度目のランカー戦ですが、トラヴィスにとって衝撃的な事実が発覚しました。
 せっかくのバイト代が……。




 マウンドに立ち、スタジアムにその美声を響かせる男が1人。
 ドクター・ピースは、スタジアムで歌うことが夢だったと言います。
 その夢を叶えてくれたのも、別れた妻子と10年ぶりに食事ができたのも、すべて協会。
 すなわち、トラヴィスが支払った登録料で賄われたものでした。
 複雑な表情を見せるトラヴィスを余所に、ドクター・ピースは語ります。
 妻子と食事をしたのは、一般庶民は足を踏み入れることすらできないようなレストラン。
 しかし、場は空々しく、娘と視線が合うことはありませんでした…。
 結局、こちら側でしか生きられない自分も含め、ランカーは皆、血臭に誘われる獣なのです。
 それに同意したトラヴィスは、マウンドから放たれた銃弾を撃ち返し…無様に吹き飛ばされてしまいました。

 デスメタルも、ドクター・ピースも、真の豊かさとは何かということに言及しています。
 どちらも、金を持っているだけが豊かさではないと考えているもよう。
 ただし、心の豊かさといったようなキレイな話ではなく、財産から一歩踏み込んだ先にあるものです。
 ここでの象徴は、『予約がいっぱいのレストラン』 。
 その予約に割り込むことができる協会は、一体どれほどの存在なのでしょうねぇ。
 うーん、エンディングがどうなるのか、さっぱり想像がつきません。
 シルヴィアの言うとおり、例え1位になっても、下位ランカーと戦い続けるしかないわけですし、
 こんな強大な力を持った協会から、そう簡単には抜けられないでしょう。
 トラヴィスは逃げ出したから、1位の座が空きましたよ~、では済ませてくれませんよね(;´Д`A




 スタート位置は、ムービー同様、バッターボックスの後方から。
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) ど、何処に相手が??
 マウンドに居るのはムービーから明らかなのですが、トラヴィスの身体で隠れて見えないため、大混乱。
 何故か、スタジアムの大型画面を見たりしています。
 このアホな行動のせいで、いきなりドクター・ピースの必殺技を喰らってしまいました(ノд`)
 マウンドまでは結構な距離があるので、走って近づこうとして、銃弾をまともに浴びる黴。
 我ながら、ダメすぎる…or2
 回避で前進することはできないため、ガード歩きで進みます。
 ようやくマウンドまで辿り着き、ピッチャーって大変なんだな、と実感した黴でありました。



 様子を伺っていると、ドクター・ピースが必殺技を放ってきました。
 先ほどは遠すぎて見えませんでしたが、渾身の銃撃を1発放つというもの。
 これを回避し、懐に飛び込んで攻撃!
 4Hitくらい攻撃を加えたところで、弾き返され、コンボ終了しました。
 ドクター・ピースはとにかくマウンドに居たいようですね。
 こちらの攻撃が終了すると、わざわざマウンドに戻ってから、攻撃してきました。
 Σ( ̄ロ ̄lll) あがっっ!!
 必殺技を喰らって、一塁線の外まで吹き飛ばされてしまいました…。
 急いでマウンドへ戻り、ドクター・ピースの華麗な銃撃をかわして、コンボを決めます。
 ちょびちょびですがHPを削ること3回。
 待望のピヨりが発生しました。
 すかさず掴み掛かって、リバースアームサルトぉ!!
 やっぱり、ランカー戦は投げ技がないと満足なダメージが与えられませんね。



 ここで、電力が半分減ったので充電を図ります。
 ドクター・ピースは、攻撃と攻撃の合間に、かなり隙があるため、充電は安全に行えました。
 回避、攻撃を繰り返し、再びピヨり状態が発生!
 掴もうとするも、距離を誤って掴めなかったばかりか、ピヨりから回復したドクター・ピースの必殺技が…。
 距離が離れると、必殺技の頻度が上がるのか、連続で仕掛けてきやがりました。
 しかし、2度は喰らうまい!
 必殺技を避けてコンボを入れ、連続射撃を回避して、またコンボ。
 そして、ピヨったドクター・ピースに2度目のリバースアームサルトです。
 これで、互いのHPは共に半分…がふぅっ…(´Д`;)
 必殺技を避け損ないました…。
 後から見ると、撃つ前のモーションを見てから充分回避できるのですが、
 やっている最中は、テンパり状態なのか、連続回避で難を逃れようとしています(;´Д`A



 ここに来て、ようやくドクター・ピースの攻撃パターンが解りました。
 通常技は銃撃オンリーですが、激しく姿勢を変えた曲芸撃ちと、正面を向いての連続撃ちがあります。
 前者はトラヴィスが回避すると、攻撃方向も変わりますが、後者は変わらないもよう。
 また、曲芸撃ちの後、一瞬空けて、強力な一撃を放ってきます。
 これをガードしてしまうと、結構ごっそり電力を持って行かれました。
 よっしゃ、電力回復するか、と思ったら、ここまできて操作ミス…(´・ω・`)
 まともに銃弾を浴びて、そこそこのダメージを受けてしまいました。
 何とか充電を終え、マウンドに戻って……Σ( ̄ロ ̄lll) なんてこった!!
 何度目になるのか、必殺技の回避に失敗しました…or2
 残りHPが心許ないのぅ…。



 マウンドに返り咲いて、チマチマ攻撃を加え、ドクター・ピースのHPは残り1/3といったところ。
 いい加減、攻撃のタイミングも掴めてきたことですし、ここは慎重に…
 (; д )  ゚ ゚ なにぃぃぃい!!?
 いきなり、ドクター・ピースが予備動作なしで必殺技を放ちました。
 見落としとかじゃない…はずですが、別の必殺技なのか?
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) あわわわ…マジで死ぬって!
 HPが2ドットしかありません。
 威力凄くないか!?
 ともあれ、もう一撃も食らうことができません。
 相手の攻撃を見極め、愚直に攻撃し、ピヨったらすかさずリバースアームサルト!
 電力消費を抑えるため、ガードではなく回避に努め、充電はいっぺんにまとめてやらない!
 慎重に事を進めた結果、3度のスープレックスを決めたところで、突然イベント(?)発生。
 ムービー上で、ドクター・ピースが、トラヴィスを撃ち、三塁線まで吹っ飛ばされました。



 強制だったらしく、ダメージは受けていませんが…えっ?どういうこと?
 ワケがわからないまま急いでマウンドへ。
 ちょうどドクター・ピースが必殺技のモーションに入っていたので、容易に到達できます。
 …と、マウンドに近づいたところで再びムービー。
 ドクター・ピースとトラヴィスは、互いの武器を腰に収めます。
 一瞬の静寂の後、両者は得物を抜き放ち……膝を突いていたのは、ドクター・ピース。
 彼は、娘のための歌に思いを馳せ、愛娘の名を呟いて、地に倒れ伏しました。
 その手にマイクを握らせ、マウンドを後にするトラヴィスは、シルヴィアの賛辞にも浮かない顔。
 ランカー戦が決まったら連絡しろ、とだけ言い残し、スタジアムを去るのでした。

 考え方の合わないデスメタルと違って、ドクター・ピースには共感するところがあったようですからね。
 身の上話にも、何かしらの気持ちを抱いたのでしょうか。
 それはさておき、本当にギリギリの勝利でした。
 岡目八目とはよく言ったもので、客観的に見ると、もっと楽に勝てるだろうという相手でしたが…。
 ちなみに、自室のアームチェアで遊べる再戦モードでは、トドメを刺すところまでは楽勝。
 ところが、最後のイベント的なトドメで、ボタン操作を誤り、ガッツリHPを減らされ、結局同じような結果に。
 うむ、我ながら情けないね(*´ェ`)




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シンガー志望のドクター刑事
    コメント(0)