さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年02月22日

サボテンくん、空気を読む


『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』プレイ日記 vol.28
 ついにジャコモ・エイメ・フォロンの3人と対決することになりました。
 ボス戦で3対3は初めてですな。
 今回はデッキもバッチリ!…のはずです。




【飛空戦艦ゴルドバ ブリッジ】 VS. ジャコモ&エイメ&フォロン戦
 エイメが、いきなりの7コンボを仕掛けてきて、ぶったまげました(;´Д`A
 しかし、クレイジーラピッドを含めても、無144+闇85+空53=計282。
 ガード後は、たったの58しかダメージを受けず、あまりの見かけ倒しっぷりに、また吃驚。
 続いては、ジャコモの2回攻撃です。
 初めて対峙したときと同様、攻撃が無属性と炎属性で構成されていますね。
 2回喰らうと厳しいものがありますが、攻撃が分散する可能性が高いので、一撃が重いより良いかな。
 残るはフォロンですが………
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) ぎええええ!!
 ステロイン注射で攻撃力をアップさせたうえに、ウォルグレイザー
 そのダメージたるや、無164+闇208+時118=計490です。
 こ、これはヤバい……。

 ターゲットをフォロンに定めます。
 すると、カラスが5straightで968の大ダメージを叩き出してくれました。
 続いてリュードも、コンツェルトを含む5straightで948のダメージ。
 次ターンに、ミズチさまが攻撃を加えますが、さすがにまだ倒れません。
 それでもかなり弱ってきたので、トドメにリュードの5straight…(; д )  ゚ ゚ 間違えた!
 何故か、攻撃対象がジャコモになっていました…or2
 まぁ良いでしょう、次のカラスで本当にトドメです。

 フォロンが、ガックリと膝を突き、残るは2名。
 今度は…エイメをターゲットにしますか。
 そろそろ皆、デッキシャッフルが迫ってきたので、手札を無駄にしないよう注意を払います。
 リュードとカラスは揃って5straight。
 各々、なかなかのダメージを与えることが出来ました。
 しかしカラスで、6straightを完成させることがなかなかできません…。
 もうちょっと精霊数を考えて、マグナスを入れ替えてみようかな。
 ミズチさまも、2人に負けじと、ソーサラーシールを含む5straightを完成。
 カラス以上に珍しいことです(*´∇`*)
 トドメは、プライズの得意なリュード。
 余裕の5straightです。

 部下2人を撃破したところで、3人が軒並みデッキシャッフル。
 HPも300前後の厳しい値です。
 シャッフルされた手札を使って、取り敢えず回復を…。
 運良く、防具マグナスが潤沢だったリュードに攻撃が向いてくれたこともあって、全員順調に回復できました。
 しかし、今回は非常に手札の引きが良いですよ!
 攻撃に転じた途端、カラスとリュードは、またしても5straightを完成させてくれます。
 リュードはともかく、カラスがこれほどstraightをつくれるのは珍しい(;´Д`A
 それに、リュードも戦闘が始まってから、すべての攻撃を5straightで行うという初めての体験。
 この直後から、ジャコモエンドスラッシャー魔皇殺
 使用してくるようになりましたが、相手が1人なので、まだ何とかやっていけます。
 そして、カラスのターン。
 1・2・3・4・5と順調に手札を出していき、精霊数6のマグナスも保持しています。
 今日、初めての6straightがつくれるんじゃないか?と思ったその瞬間、
 奇跡的に、6のマグナスが精霊技・クロノスティルに変化!
 プライズとの相乗効果で、1475という桁違いのダメージを叩き出し、大勝利です(*´∇`*)
 因縁の戦いで、劇的な勝利を演出したカラスくんを、少しばかり見直しました。
 いやぁ、嬉しい偶然だったなぁ。



【飛空戦艦ゴルドバ】
 ついに仇を討った、と精霊に訴えるカラスを見たジャコモは、神の子の力を受け継ぐのは、
 本来自分のはずだった、と忌々しげに言います。
 カラスが 「じいちゃん」 と呼ぶ育ての親・ゲオルグは、ジャコモの実父であり、
 そのゲオルグの研究成果こそが、“神の子の力” なのだと言いました。
 驚くカラスの目の前で、自爆装置を作動させるジャコモ。
 一行は格納庫へ向かい、何とか帝国の飛行装置で脱出することに成功します。
 動くことのできないジャコモたちを乗せたゴルドバは、岩肌に衝突し、爆発してしまいました。
 間一髪、砂漠に不時着したカラスたちは、皇帝が向かったという火炎洞窟へ…。

 ジャコモの話と、ミンタカで聞いた噂から判断するに、じいちゃんことゲオルグさんは、
 帝国の研究所にいた天才科学者だったようですね。
 飛翔器をつくったのも、ゴルドバを設計したのもゲオルグさん。
 10年前、禁断の研究に手を染めて、研究室の爆発事故で死んだとされていましたが、
 実は生きており、帝国から逃れてミラに隠れ住んでいたところを、実子のジャコモに襲撃された、と。
 そして、フィー=神の子=研究成果、というのも確定かな?
 カラスとフィーは血が繋がっていないようですが、カラスも “研究成果” なのでしょうか。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サボテンくん、空気を読む
    コメント(0)