さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2010年12月26日

馬の合う蜘蛛


『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』プレイ日記 vol.5
 前回のクズマーン一族イベントでウロウロしている途中、カラスの言う “精霊の力” と覚しきものが発動。
 コンボの3枚目が、いきなり見たことのない技に変化しました。
 1回目が風属性のディストートウィンドで、2度目は光属性のセラフ・ザ・シャイン
 どちらも凄まじい威力でしたが、発生は確率なんでしょうかね。
 カラスの話からすると、好感度の上がる選択肢を選ぶほど、発生率が上昇する、ってこと?




【古都フェルカド】
 領主の館は、帝国兵が見張っており、近づくことすら許されません。
 そこへ大声をあげながら、女性が小さな男の子を追いかけてきました。
 パロロ三世と名乗った男の子は、カラスの見ている前で煙のように消えてしまいます。
 聞けば、彼はフェルカド中で悪戯を働く困った “大ドロンコ”。
 何でも先日は、領主の家にも侵入したというから驚きです。
 カラスは、彼に館への侵入経路を教えて貰おうと考えました。
 ところが、パロロ三世は交換条件として、“七色グモの糸” というお宝を求めてきます。

 ここで黴、七色グモは水属性だと仮定しました。
 理由としては、クモが炎属性というのは考えにくいという当て推量が1つと、
 フェルカドへ来る前に遭遇したドゥーマーが、やけに炎属性の武器・防具をドロップしたこと。
 この仮定に従って、水属性の武具をすべてデッキから外し、代わりに炎属性をたんまり追加しました。



【ヌンキ渓谷】
 うわあ…あからさまにいらっしゃる……(´Д`|||)
 意味ありげなスペースなのに、宝箱も何もなくて、不審に思っていた場所があるんですが、
 そこに白と紫のクモさんが、ウロウロしておりました。
 何てわかりやすいんだ…。

 初手に装甲ワックスで防御力をアップさせてきた七色グモ
 こちらの攻撃をがっちりガードし、半分以下にしてしまいました。
 一方、攻撃は読みが当たって水属性!
 無属性との比率は半々くらいで、まともに喰らえば1発30のダメージになります。
 炎属性で防御できないと、そこそこのダメージを受けてしまいますね…。
 3ターン目にして、運良くカメラが出たので、パチリと撮影。

 再び、防御力を上げた七色グモが、2コンボの攻撃を繰り出してきました。
 Σ(゜Δ゜*) 速い!
 初発はそれほどでもありませんが、1撃目と2撃目の合間が、かなり速いです。
 2枚目を悠長に選んでいる暇はなさそうですな。

 しかし、カラスも負けてはいません。
 フレイムソード(7)サーベル(8)秘剣 「青嵐」(2)のコンボ。
 すると、風属性にも弱かったらしく、ダメージが3桁に到達しました。

 あっ、デッキのカードが0枚になった。
 これはシャッフルが入るな…と思いきや、タイミング良く七色グモもデッキシャッフル。
 いやぁ、気が合いますねぇ(´m`)
 このシャッフルにより、デッキの序盤に防具が集中。
 おかげで数ターン、攻撃に転じることができず、防戦一方です。
 こういうこともあるから、最適なデッキ構成と少々の運が必要になるんでしょうね。
 ようやく回ってきた武器カードにホッと一安心しました。
 〆はロングソード(3)フレイムソード(6)秘剣 「青嵐」(2)のコンボ。
 やったぁ、七色グモの糸、入手~(*´∇`*)
 ちなみに、写真によれば、正式名称はヌンキチュラだそうです。



【古都フェルカド】
 パロロ三世は、約束通り、七色グモの糸と引き替えに、領主の館への侵入口を教えてくれました。
 それは彼らのアジトの中にある古い井戸。
 今は枯れているというこの井戸が、館のある場所に通じているのだと言います。
 カラスは、パロロ三世に礼を言うと、井戸の中へと降りていきました。

 どうやら、カラスの手に入れてきた糸は、七色グモの糸ではなかったようです。
 では、ヌンキチュラというクモと、七色グモは別物なんですね。
 パロロ三世は、本物のお宝ではないと知りつつ、知らないふりをしてくれていた、と。
 確かにあのクモ、別に七色じゃなかったなぁ。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
馬の合う蜘蛛
    コメント(0)