さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2010年12月13日

BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-


『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』プレイ日記 vol.0
 かつて存在したされる海と大地が伝説となって人々の間で語り継がれていた時代。
 人々は空高く浮かぶ大陸の上で生活をしていた。
 そのためか、長い年月を経た今、人々の背中には 「こころのつばさ」 と呼ばれる羽が生えるようになっていた。
 平穏に時が過ぎていたかに見えたこの世界だが、ある邪悪な計画を発端として徐々に秩序を乱し始める。

カテゴリ 『BATEN KAITOS』 全記事一覧表示




 …というわけで、『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』 プレイ日記のはじまりはじまり。
 どうしても 『バテン・カイトス』 がプレイしたくて、購入を決意するも、なかなか茨の道でした。
 まず、ソフトが見つからない。
 都会に行ったときに何とかIIは発見したものの、Iはどこにも見あたらず、結局ネットで購入。
 更に、中古ショップで購入した本体の電源が入らないというアクシデントも。
 これはショップに持って行ったら、別のものと交換してくれたうえ、商品券をくれたので寧ろ良かった…?
 しかし、その商品券も、メモリーカードと専用コードの代金に消えました。
 意外にも、計1万ほど掛けての下準備となってしまった 『バテン・カイトス』。
 それでも後悔しないだけの良作と確信しているからこそです(*´∇`*)
 発売当時に、ちょびっとだけ触らせて貰っただけなんですけど、めちゃくちゃ面白かったんですよ!



 さて、主人公はカラスという少年ですが、プレイヤー=主人公ではありません。
 プレイヤーは、カラスに憑いている精霊。
 ゲームの冒頭で、性別および名前を決定しなければならないもよう。
 取り敢えず、男のカラスに女の精霊が憑いてるとか嫌すぎるだろ…。
 何処に行くのも一緒なのに女が憑いてるとか、どんな辱めだよ。
 逆に、女の子におっさんの精霊とか憑いたらどうするんだ。
 つーことで、性別は男。
 ネーミングセンスのない黴にとって、命名は鬼門なのですが、頑張って考えます。
 ……精霊、精霊。
 精霊と言えば聖剣伝説。
 聖剣伝説と言えばLOM。
 LOMと言えば………Σ(゜Δ゜*) サボテンくん!!
 精霊のお名前は、「サボテンくん」 に決定です。
 「サボテンくん」 までが名前ですよ。



 まずは説明書を読んで、このゲームの特徴を掴みましょうか。
 このゲームでは、武器も防具もアイテムも、すべてがマグナスというカードとして存在しています。
 世界観としては、物体の本質がマグナ・エッセンスで、それを抽出してカードに封じたのがマグナス。
 そして、戦闘もこのマグナスを用いて行われます。
 重要な要素は大きく分けて3つ。

1) 攻撃時には攻撃マグナスを、防御時には防御マグナスを選択する
 戦闘時には、自分で編成したデッキ内のマグナスが数枚表示されます。
 自ターンに、表示されたマグナスの中から武器マグナスを選択することで、敵に攻撃を加えることができます。
 連続して複数枚のマグナスを選択する “コンボ” も使用できますが、これには制限時間があります。
 カードの引きが悪く、手持ちに武器マグナスがない場合、攻撃に使えないマグナスを選択するとターン終了。
 また、自ターンに回復アイテムを使用すれば、HP回復が可能ですが、ターゲットを敵にしたまま、
 回復アイテムを選択してしまうと、敵を回復してしまうことになります。
 一方、防御時は相手が攻撃マグナスを出すタイミングに合わせて、防御マグナスを選択。
 この攻撃は完全に相手のタイミングなので、素早い攻撃を仕掛けてくる相手に、もたもたしていると
 防御が間に合わないということも有り得ます。

2) マグナスには属性が存在する
 マグナスには、炎・水、光・闇、時・空の3組の反属性と、無属性の計7属性が存在します。
 敵はそれぞれの属性に対する相性を持っており、効果的な属性を使うと、当然与えるダメージはアップ。
 相手の攻撃にも属性があるので、その反属性で防御してやれば、被ダメが低下します。
 しかし、難しいのは、攻撃あるいは防御のコンボに反属性を組み込んでしまうと、相殺が起こるという点。
 例えば、せっかく炎属性の攻撃を水属性で防いでも、コンボ中に炎属性の防御マグナスが入っていると、
 両者の差し引き分しか、効果が発揮できないというわけです。

3) 精霊数によるプライズを狙え
 マグナスカードには精霊数と呼ばれる数字がついています。
 コンボで複数枚のカードを出す際、この数字をきれいに揃えるとボーナスが付加されます。
 揃え方は、すべて同じ数字に統一するcards系、同じ数字を複数組つくるpair系、
 選んだ数字が昇順あるいは降順に並んでいるstraight系があるもよう。

 これらの要素があるカードバトルを、限られた時間内に行わなければいけないのが何とも素敵。
 確か、コンボに使える枚数が増えていくほど、攻撃ターン時の制限時間が短くなっていくはず。
 その間に、効果的な属性を選び、手持ちの札からプライズを発生させる組み合わせを見つけ、
 時間内に発動させつつ、反属性にならないようにしなければいけないわけですよね?
 もう、今から楽しみで楽しみで、仕方がありません(*´∇`*)




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-
    コメント(0)