さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2010年01月16日

30秒で世界を救う


『勇者30』プレイ日記 vol.1
 PSP本体と共に購入した2本目のソフトです。
 何でも、『三十秒勇者』 というフリーソフトの制作者が、
 マーベラスに企画を持ち込んで、創り上げたゲームらしいですね。




 取り敢えず、説明書を読むなり、最大の勘違いが発覚しました。
 ユウシャって人名だった…(´Д`;)
 勇者30の主人公は、ユウシャという名前の単なる旅人らしいです。
 そこに唐突に現れた魔王が、世界を破滅させる呪文を完成させたので、
 慌てた王様が、ユウシャを勇者に仕立て上げて、魔王討伐を頼んだそうな。

 ちなみに、『勇者30』 の世界に至るまでの背景として、
 昔々、時の女神がもの凄い苦労して、超魔王というのを封じ込めた歴史があるみたいです。
 で、人間が誕生したのは、それ以降。
 女神が初めて人間の前に姿を現した女神歴元年から数えて100年目が
 ユウシャが勇者になってしまった今の時代だということです。

 今更、語るまでもありませんが、ゲームコンセプトは、30秒で終わるRPG。
 雑魚と戦ってレベルを上げて、お金を貯めて武器防具を買って、ボスに挑む、という過程を
 わずか30秒ですべて終わらせなければならないというゲームです。
 ただし、救済処置として、時間を巻き戻せる女神像(有料)が設置されている、と。
 重要になるのは、魔王を倒す方法を見つけることと、それに必要なアイテムの入手とレベルの調整、
 そして、それらの行程の最短ルートを導き出すこと…かな?
 RPGとは銘打っていますが、パズル的な要素と言いましょうか、
 とにかく効率よく動くことが求められるようですね。
 では早速、チュートリアルに出発!




【ユウシャのたびだち】
 旅の支援をして欲しい、と王様の元を訪れたら、草原の魔物退治を頼まれました。
 これがチュートリアル?
 外をウロウロしていると、モンスターにエンカウントするみたいです。
 ×ボタンでダッシュすると、エンカウントせずに高速移動できますが、HPを消費。
 エンカウントすると、オートでユウシャとモンスターが戦います。
 当然、HPもモンスターの攻撃に応じて減少しました。
 このとき、□ボタンを押すと、持っているアイテムを使用できるもよう。
 また、町に入ると、住民と会話したり、店で買い物ができます。
 買ったものは勝手に装備してくれるみたいですね。

 言われたとおり、魔物を3匹倒して城へ戻ったところで、突如魔王登場。
 30秒で世界を破滅させるスゲー魔法を発明したハッケイン魔王です。
 それを聞いた王様に、魔王を倒せと言われてしまったユウシャくん…。
 ここで初めて30秒のカウントダウンがスタートしました。
 隣の町に入って、薬草買って、武器を買って…魔王の城に突入!
 ま、負けた…(´Д`;)
 あっさり敗北し、直後に魔王の呪文が発動。
 敢えなくゲームオーバー……と思いきや、これは前振りだったみたいです。

 “キュートな女神様” が現れ、“薄汚い旅人” に助けの手をさしのべてくれました。
 有り難いこって…。
 女神様は、時間が足りなければ好きなだけ戻してくれるそうです、有料で。
 でも、女神様のおかげで、町の中では時が止まるようにもなりました。
 これは無料サービスみたいですね。

 敗北前に買った薬草と武器・ボクソードは失われていなかったので、後はレベルを上げるだけ。
 レベル5で 「魔王より強くなった」 という表示が出ました。
 町に戻って、HPを全快してから、魔王城へ突撃!
 道中レベル6になったこともあってか、薬草を使うまでもなく、魔王・ハッケインを撃破しました。
 撃破…は良いのですが、何者かがこの破滅の呪文を広めて回っている、という設定らしいです。
 そこで時の女神とユウシャの冒険は、まだまだ続くというわけですね。
 馬鹿馬鹿しいことに、ここでスタッフロールが流れてエンディングになりました。
 つまり、これでRPGが1作品終わった、ということですか。
 次回、勇者30 「大陸へのかけ橋」 乞うご期待!



<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
30秒で世界を救う
    コメント(0)