さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年11月17日

階段の幽霊の噂


『夕闇通り探検隊』プレイ日記 vol.7
【階段の幽霊の噂】

 駅前の大階段を夜中に通ると、踊り場で背後から突き飛ばされる。
 運良く転落しなかった者は、耳元で 「落ちちゃえば良かったのに…」 と囁かれるらしい。




【階段の幽霊の噂】 噂入手方法
5月18日(月) クルミ
 1) 廊下にいる 『イナガキ マリオ』 と会話
 2) 廊下を歩いてきた 『女生徒』 と会話
 3) 女子トイレにいる 『おトイレ軍団』 と会話
 4) 2年2組の教室にいる 『スナカワ サエ』 と会話
 5) 2年2組の教室にいる 『ジェリー&クッキー』 と会話

【階段の幽霊の噂】 噂検証方法
1日目(5月18日) サンゴ
 1) 探検前に相談
 2) 《坂の上商店街》 へ移動
 3) 『八百屋の店主』 と、いぬ屋前でたむろしている 『主婦三人組』 から話を聞く
 4) 《ゆうやみ坂》 へ移動
 5) 坂を上ってくる 『おじいさん』 と会話
 6) 相談
 7) 《大階段》 へ移動
 8) 階段を上る
2日目(5月19日) クルミ
 1) 探検前に相談
 2) メロスを繋ぐ
 3) 《大階段》 へ移動
 4) 踊り場まで上り、パノラマ画面で 『階段に立っている男』 を調べる
 5) そうだろう?と尋ねる男に 「返事する」
3日目(5月20日) サンゴ
 1) 《ゆうやみ坂》 へ移動
 2) 坂を上ってくる 『おじいさん』 と会話
 3) 相談
 4) 《坂の上商店街》 へ移動
 5) 『八百屋の店主』 と会話
4日目(5月21日) サンゴ
 1) 《ゆうやみ坂》 へ移動
 2) 坂を下ってくる 『おじいさん』 と会話
  ※居ない場合は、反転して引き返すと、出現するもよう (マップに出ないで引き返すこと)
 3) 相談をして噂解決




【階段の幽霊の噂】 ストーリー
 廊下でイナガキ マリオに話しかけたクルミですが、イナガキは冷たい態度。
 どうやら敬愛するサンゴが、宇宙人・シイナ クルミと仲良くしていることが気に入らないようです。
 イナガキはクルミに向かって 「アンタなんか落ちちゃえば良かったのに」 と言い捨てました。
 何のことかさっぱり判らないクルミは、廊下を歩いてきたクラスメイトにその台詞を言ってみます。
 すると彼女は、その話は嫌いだからやめて、と厭な顔をしました。
 その後もクルミは、出会う人ごとに 「落ちちゃえばよかったのに」 を連発。
 おトイレ軍団には小馬鹿にされ、委員長には皆が怖がるから駄目、と諫められます。
 そして、最近お友達になったジェリー&クッキーこと、サガミ レイコとヨシノ トモミに話しかけたとき、
 ようやく事の次第が明らかになりました。
 何でも、駅前の大階段を夜中に通ると、背中を突き飛ばされるという噂話が蔓延しているらしいのです。
 その際、何とか落ちるのを免れた人の耳元で囁かれるのが、「落ちちゃえば良かったのに…」。





 クルミから話を聞いたサンゴは、類似した話は山ほど読んだ、と馬鹿にした様子。
 しかし、あの大階段は便利なショートカットにも拘わらず、人通りが少ないのも確かです。
 するとナオが、自分とサンゴが小学校の頃、あの階段が通行禁止になったはずだ、と言い出しました。
 もしかしたら、その理由が今回の噂と関係しているのかもしれない。
 そう考えたサンゴは、当時の事情を知っていそうな人物に、話を聞いてみることにしました。
 自宅から大階段までの間にある通りで、数人の人に話を聞いていくと、
 八百屋の店主から、数年前にあの大階段で転落事故があったという情報がもたらされます。
 店主はそれ以上の事は知らないようですが、事故では死者も出たとのこと。
 続いて、現場の大階段へ行ってみると、何故か踊り場付近でメロスが激しく吠え始めました。
 何か居るのかと見回しても、特に目に止まるものはありません。
 今日はこれ以上の収穫は見込めないかもしれない、と感じたサンゴは、ひとまず引き上げることに…。



 翌日、階段を登り降りしたい、というクルミの意向を汲んで、彼女を先頭に探索を開始した3人。
 様子のおかしかったメロスを残し、大階段を上っていきます。
 噂の踊り場で足を止めたクルミが下を見ると、階段の中程に、黒い服の男が立っていました。
 男がクルミの見ている前で姿を消したかと思うと、耳元で囁くような声が…
「人は生まれてから死ぬまでずっと一人だ。お前は死んだことがあるか?俺は…死んだことがある」
 振り向いた先には、不自然に真横を向いた若い男が立っています。
 男は、死に瀕した際の痛みと苦しみ、そして化け物を見るような周囲の視線への憤りを顕わにしました。
「人は生まれてから死ぬまでずっと一人なんだ」
 そう言ってゆっくりと正面を見た男の頭部は、右半分が潰れて失われています。
 痛かったの?と尋ねたクルミに、激しく訴えかける男ですが、自分の言葉にふと黙り込みました。
 憎しみに我を忘れていた男は、ようやく自分が死んだことを、本当の意味で自覚したのです。
 己の死に気づき、もはや痛みすら感じないことを知った男は、静かに去っていきました。



 ゆうやみ坂を散歩しているおじいさんに、転落事故のことが教えてくれないか尋ねるサンゴ。
 しかし、おじいさんは言葉を濁し、そのまま立ち去ろうとしました。
 そのとき、クルミが突然、「人はずっと一人だ」 と階段の男に告げられたことを口にします。
 足を止めたおじいさんは、渋々ではありますが、自分の知っていることを話してくれました。
 数年前に大階段で起きたのは、学生の転落死だったそうです。
 大荷物を抱えて階段を下りようとした際、雪で凍り付いていた踊り場で足を滑らせての事故でした。
 それを聞いたサンゴは、失礼だが割とありそうな話だ、と評します。
 するとおじいさんは、この事故に関わった人が口を閉ざすのには、別の訳があると言いました。
 理由を知りたければ、八百屋のご主人に聞いてみると良い、と言い残し、おじいさんは行ってしまいます。
 けれども、サンゴがいくら聞いても、八百屋の店主は何も話してはくれませんでした。



 話を聞けなかったサンゴは、翌日再び、ゆうやみ坂に向かいました。
 今日も散歩をしていたおじいさんは、サンゴの顔を見て、事情を察したようです。
 事故のことを知っている人の誰もが、詳しい話をしたがらないことを不思議に思うサンゴ。
 するとおじいさんは、みんな後悔しているのだろう、と言いました。
 …足を滑らせて転落した学生は、“生きていた” のです。
 首が折れ、頭が割れ、どうあがいても助からないであろう姿で、それでも…。
 そして、周りに集まってきた人々の前で立ち上がり、助けを求めてきたのです。
 彼の様相と、死んだと思った人間が動いたことに怯えた人々は悲鳴をあげて逃げまどいました。
 やがて彼が倒れると同時に警察が到着し、彼の “死” を手際よく処理し始めたと言います。
 おじいさんの告白を聞いたサンゴは、小さく謝罪の言葉を口にしました。
 それを止めたおじいさんは、本当に怖いのは死ではなく、死ぬ間際の孤独だ、と言い残し、去っていきます。





「落ちちゃえばよかったのに…」
 噂の声の正体は、当事者の心にあった罪悪感なのではないか、と言うサンゴ。
 あれこれ気にしてばかりいるナオが通ったら、きっと背中を押されてしまう、と笑えない冗談を…。
 むくれたナオが意見を求めると、クルミは 「人は生まれてから死ぬまでずっと一人だ」 と言いました。
 怪訝な顔をする2人に向かって、両親と弟とサンゴとメロスがいるから1人じゃないと笑うクルミ。
 それを聞いたナオは、当然の疑問を口にするのでした。




【階段の幽霊の噂】 総評
 秀逸なシナリオが光る噂です。
 「落ちれば良かったのに」 は、サンゴの言うとおり、世に溢れかえっている怪談話。
 噂の元となった事故は、数年前本当に起きたものだった、というところや、
 クルミが、学生の幽霊と話したことで、彼が死を自覚したところまでは、これまたありがちです。
 けれども、目撃者たちが一様に口をつぐんだ理由と、霊が強い憎しみを抱いていた理由。
 これにより、シナリオの深みが増し、同時に酷くやるせない気持ちになります。
 大事故に遭った人間が少しの間生きていた…というのも怪談話にはよくあるパターン。
 北海道にも、電車に轢かれた人間の血管が寒さで収縮し、上半身だけで這ってきた都市伝説があります。
 見ている側にとっては恐怖の対象でしかない光景も、当の本人にしてみればどうでしょう。
 必死に助けを乞うているのに、「バケモノを見るような」 怯えた目で見られ、悲鳴をあげて逃げられる。
 誰も自分を助けてくれないことをはっきりと自覚しながら死んでいくのは、どれほどの孤独でしょうか。
 学生の幽霊が憎しみに駆られて叫んだ言葉と、ゆうやみ坂のおじいさんが最後に語った言葉が、
 この事件のすべてなのでしょうね。

 さて、攻略的には4日間とかなりの時間を要します。
 この辺りから、段々とスケジュールが詰まってきますので、難易度が増してくるかもしれません。
 また、噂入手の必須条件として、ペッツことクルミが、ジェリー&クッキーと友達になっている必要があります。
 噂入手がない日には、ひたすらクルミで仲良くなっておかないと、予定の期日に入手できません。
 そして、鍵となるゆうやみ坂のおじいさんですが、普通の通行人と思って見逃さないよう、要注意。
 茶色の帽子をかぶり、薄紫色のシャツを着た人物です。
 おじいさんが見当たらなかった場合は、反転して引き返してみてください。
 反対側から現れる可能性もあります。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
階段の幽霊の噂
    コメント(0)