さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年10月18日

夕闇通り探検隊


『夕闇通り探検隊』プレイ日記 vol.0
 『俺屍』 も終了しましたので、発売から10年が経過した今でも、黴が最も好きなアドベンチャーである
 『夕闇通り探検隊』 のプレイ記を開始していこうかな、と思います。
 プレイ当時のメモを元に、攻略手順らしきものも記載してみました。

カテゴリ 『夕闇通り探検隊』 全記事一覧表示




 『トワイライトシンドローム』 の後継作としてスパイクから発売されたPSソフト。
 実際の市をモデルに、実写を元にして描き出された陽見市(ひるみし)は、
 こんなにリアルなゲームがあって良いのかと思わせる現実感溢れる雰囲気を持っています。
 その陽見市を、様々な噂を解決すべく走り回るのは3人の中学生。
 彼らにも、そして彼らを取り巻く環境にも、ゲームとは思えないリアリティがあります。
 時にプレイヤーに苦しさを覚えさせるほどの現実味があるゲームは、
 10年経った今でも、『夕闇通り探検隊』 をおいて他に出会ったことがありません。

 例えば、主人公の1人である椎名久留美。
 彼女は、普通の人間には見えない者が見えることや、子どもっぽいという言葉だけでは
 片づけられない、中学生らしからぬ言動をする不思議な女の子です。
 虚構の世界でならば、キャラクターとして、よく見るタイプ。
 不思議な言動が周囲に愛される、そんなキャラクターに仕上げられていることでしょう。
 しかし、『夕闇通り探検隊』 の世界では、周囲とあまりにも違いすぎる彼女は、
 「宇宙人」 呼ばわりをされ、陰口をたたかれ、話しかけても無視をされるか冷たくあしらわれるか。
 クルミのクラスの委員長も、虚構の世界では、周囲に難なく受け入れられるタイプの女の子です。
 融通が利かず真面目で、サボっている生徒には、口うるさく注意する優等生。
 仲間から頼りにされ、時にはその真面目さをからかわれる存在となりそうな彼女が
 「鬱陶しい」 「良い子ぶっている」 と、疎ましがられるのが、『夕闇通り探検隊』 です。

 こうした非情なまでの “現実感” に溢れている作品だからこそ、ちょっとした嬉しい出来事や、
 笑える展開は、大げさなものではなくとも、本当に体験しているように嬉しかったり、可笑しかったり。
 他に類を見ないゲームだけに、実際プレイしてみないと、まったく雰囲気が掴めない作品です。
 声を大にして薦めたいのですが、問題は入手が非情に困難というところですね。
 黴は 『トワイライトシンドローム』 ファンだったため、『夕闇通り探検隊』 も発売日に購入したのですが、
 何と現在はプレミアが付いているのだそうで、驚くことしきりです。



 さて、プレイ記の方ですが、攻略風に書いてはいきますけれど、決して攻略ではありません。
 このゲーム、大変難易度が高いため、自力ですべてをクリアするのは困難を極めます。
 そんなゲームを、10年前、メモを取りつつ、4周して全クリした黴。
 その攻略メモを片手に、再プレイしたプレイ記となります。
 したがって、それ以外にも攻略方法があったり、あるいは効率の悪いプレイをしていたり、
 色々と不備があると思いますので、ご了承くださいませ。




『夕闇通り探検隊』 登場人物
陽見台中学校2年3組
 ムラセ ナオキ:成績上位の優等生だが、気が弱く、あまり友達も多くはない。
          自分を殺して周囲に合わせようとする傾向が強く、他人から悪く思われることを恐れる。
          幼なじみのサンゴに対しては、気を許しているのか、取り繕ったところがなく、
          気遣いに欠ける発言をしたり、言動を諫めたりすることも多い。
          セガワ、クメとつるむことが多く、ユアサ軍団のからかいの対象になることもしばしば。
          霊的現象に関しては、怖がりながらも肯定的。
 クメ コウジロウ:クラス内外を問わず有名なオカルトマニアで、ユアサ軍団からは酷いイジメに遭っている。
           “人工精霊” など怪しげなものを使役できるという自己設定をしているらしく、
           ユアサたちへの復讐の機会を常に狙っている。
 サンジョウ ケイナ:学級委員で女子バスケ部に所属している、明るく元気な女生徒。
             誰にでもフランクに話しかけ、イジメや陰口など陰湿なことは大嫌い。
 セガワ シンタ:クラスではナオと1番仲が良く、ゲームや釣りの話題を持ちかけてくる。
          ナオの上をゆく気の弱さで、ユアサ軍団からは格好のイジメの的と見られている。
 ニシ タカユキ:成績優秀、スポーツ万能で、周囲に比べて大人びた態度から女子の人気も高い。
          ユアサ軍団とはしばしば共に行動しているが、はっきりと一線を引いている様子が伺える。
          時折、内面に鬱屈したものを抱えているような発言をする謎の多い人物。
 ヤマザキ タクミ:成績優秀な学級委員だが、ニシに勝てないことに強いコンプレックスを抱いている。
           休み時間や放課後も懸命に勉強しており、努力しているところが見られないのに
           成績の良いナオにも棘のある台詞を投げかける。
 ユアサ ミツル:通称ユアサ軍団のリーダーで、馬鹿話と弱い者イジメが日課のチビ。
          軍団内でも頭の悪さとガキっぽさは群を抜いており、タケ・シゲ・ダイスケなどの
          他メンバーからは、裏で小馬鹿にされていることもある。

陽見台中学校2年2組
 ヒラウチ マユ:所謂 “女の子らしさ” を嫌悪しており、マユという可愛らしい名前を捨て、『サンゴ』 を名乗る。
          成績は最低ラインだが、知識は豊富で、噂の検証においても思索・探究への欲求が強い。
          周囲にどう思われているかをまったく気にせず我が道を行く、というポーズをとっており、
          それが思いやりのなさとして発露したり、他人を怒らせてしまうこともしばしば。
          純文学の同人誌に寄稿しており、夏のコミコミに向けて鋭意原稿制作中。
 シイナ クルミ:霊的存在や人外のものなど、人には見えないものを見ることができる。
          それを何のてらいもなく口にしたり、自由すぎる言動を隠さないことから、
          「宇宙人」 と呼ばれ、学年中から無視すべき存在と見なされている。
          「みんな友達 みんな大好き」 の精神を持つ心優しい子だが、自身の気持ち・欲求に正直で、
          取り繕ったり、建前を口にしたりすることがないため、それが相手の “期待” を裏切ることも。
 アイバ ミナミ:半ば登校拒否状態にあり、曇りや雨の日に、じっと窓の外を眺めている様子が伺える。
          稲荷神社を守る家系で、何やら特異な力があるらしいが…。
 イナガキ マリオ:アニメが大好きで現在は 『東京クルセイダー』 にハマっている。
           サンゴの同人活動を勘違いしている節があり、彼女を敬愛しているもよう。
 イワセ ユリ:おトイレ軍団の一員で、霊感がありツクヨミ様という強力な守護霊がいる、と自称している。
         サンゴ曰く、彼女の語るツクヨミ様の設定とそっくりな少女漫画があるらしい。
 サカイ ミカ:トイレで取り巻きたちと共に他人の悪口や噂話で盛り上がる通称・おトイレ軍団のリーダー。
        性格は悪いが顔は良いようで、ニシ タカユキの恋人を自称している。
        取り巻きたちが自分の気に入らない発言をすると口調を荒げる場面も見られる。
 サガミ レイコ&ヨシノ トモミ:互いを 「ジェリー」 「クッキー」 と呼び合い、何をするにも2人一緒。
                  級友たちに比べると、若干子どもっぽい面が強い。
 スナカワ サエ:立候補して学級委員になった生真面目な優等生。
          まとまりのないクラスに、行事の練習や委員の仕事をさせるべく日々奮闘している。
          おトイレ軍団に疎まれており、陰口をたたかれていることを、非常に気にしている様子。




『夕闇通り探検隊』 攻略の糸口
1) 陽見市の住人になる
  1日の探索時間は非常に短く、また100日で44の噂を検証しなければならないことから
 効率よく陽見市内を走り回らなければなりません。
 目的の行程を終えた後は、気ままに町を見て回り、道の繋がりや位置関係を覚えておくと良いでしょう。
 どこの通りに、どんな店や公共機関があるのかを知っておくことも重要です。
 また、塚里の森は複雑で迷いやすく、道を把握しておかないと無駄に時間を費やしてしまいます。

2) メロスのダッシュで時間短縮
 メロスを連れているときといないときでは、操作方法が大きく異なります。
 はじめは勝手に走り続けるメロスに戸惑ったり、引きずられることにストレスを感じたりするかもしれませんが
 速度がアップする、ボタンを押し続けなくても走ってくれるなどの利点があります。
 ただし、調べるべきポイントで表示されるアイコンおよびSEは、ダッシュ状態では発生しません。
 怪しい場所では歩みをゆるめる必要があるので、要注意!
 ちなみに、メロスを繋ぐことの出来る場所は限られています。
 加えて、駅の東側ガード下には、怪しげなものたちが存在しており、クルミ以外で通ると、
 メロスが吠えて歩みを止めてしまいます。
 このとき、メロスを引っ張ると足止めを喰らいますので、吠え始めたら一旦止まり、
 □ボタンを押さずに歩いて進むと、スムーズに通ることができます。

3) 相談・会話は台詞が変わらなくなるまで
 攻略本無しでのクリアは難しいと言われているこのゲームですが、難しいのは噂の検証スケジュールです。
 入手した噂を検証することは 『相談』 をきちんと使えていれば容易にできます。
 大概の相談は2度目に台詞が変わり、先頭にすべきキャラや、何処で何をすべきかを言ってくれます。
 また、誰かと会話するときも、何度も話しかけることが必要。
 場合によっては4~5回話しかけないと、話を最後まで聞けない場合もあります。

4) 返答・キャンセル・無視
 会話の途中で黄色い 「・・・・・・・・・」 という表示が出ることがありますが、これはプレイヤーの入力待ち。
 これがすべて表示される前に○ボタンを押せば、キャラクターが返答を行います。
 ×ボタンを押せば、会話を遮る、あるいは会話自体をやめるということです。
 そして、何もしなければ、相手の言葉を無視したということになります。
 この “キャンセル” と “無視” は、はっきりと違う扱いです。
 普通は○ボタンで返答していけば攻略できますが、時にはキャンセルや無視をしなければならず、
 その場合、難易度が跳ね上がると言っても過言ではありません。

5) 霊障について
 人面ガラスの呪いにより、主人公たちには1日ごとに呪いが蓄積されていきます。
 これは探索中の行動によって増減し、限界値を超えると、呪いが発動してゲームオーバー。
 また、一定数のポイントが溜まるごとに、身の回りで霊障が起きるようになります。
 これを防ぐためには、神社やお寺でお参りをして、呪いを緩和することが必要になるのですが、
 ゲームオーバーになっても支障なく再スタートできますし、この徐々に酷くなっていく霊障も含めての
 ストーリーだと思いますので、霊障を見るのが面倒という場合以外は、気にしなくても良いと思います。
 また、呪いが発動してのゲームオーバーも、三者三様となっております。

6) 会話は決して聞き逃さず、自分自身で考察を
 真相の鍵を握るのはクルミですが、彼女はそれを解説するようなタイプではなく、
 まとめ役のサンゴは、クルミの見ているようなものがまったく見えません。
 噂解決時の相談でも、すっきりしないことが多いのはこのためです。
 よって、どちらからも手がかりを得られるプレイヤー自身が真相を導き出すしかありません。
 3人が真相を暴き、それを読んで納得する…というワケにはいかないのです。
 すると、必然的にプレイ中の会話を見過ごすことはできませんが、ここで問題が1つ。
 このゲームは、すべての会話が自動送りで行われます。
 プレイヤーが読み終わっていようがいまいが、会話はどんどん進みます。
 会話のスピードは設定で変えられるものの、遅くしてしまうと、今度は時間制限が
 厳しくなってくることを念頭においておきましょう。
 何はともあれ、一から十まで解説されなければ納得できないという人には
 よくわからないシナリオのつまらない噂ばかり、ということになるかもしれません。
 





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夕闇通り探検隊
    コメント(0)