さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年03月07日

期待外れのロマンシング


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.14
 1年で衛兵の副隊長にまで成り上がったアヴェリンに協力し、盗賊を撃退したスプーン姉さん。
 一方こちらは、名前こそ売れたものの未だに貧乏暮らしである。
 真面目で清廉潔白な好人物と、何かにつけて暴力で解決したがる人間の違いがここにあると
 しみじみ思うスプーン姉さんであった。




【仲間クエスト:正しいあり方】 衛兵・ドニックを守る
 アヴェリンが 「盗賊がキャラバンを狙って潜伏している」 という情報を持ってきたので、
 サンダーマウントに行って、奴らを退治したわけですが、隊長の反応がどうも妙です。
 勝手に巡回場所を変えたアヴェリンにかなり怒っていました。
 しかも、単にアヴェリンが功績を挙げるのが気に入らない…というわけでもなさそう。
 本来はブレナンという衛兵が1人で巡回する場所だったそうです。
 そのブレナンに話を聞いてみると、時折、隊長から前哨地に届ける “バッグ” を預かっていたもよう。
 あの日は、そのバッグが奇妙に重かったという証言を聞くと、盗賊が狙っていたのはキャラバンではなく、
 彼女が持っていたバッグの中身だったみたいですね。
 また、バッグは現在、別の衛兵・ドニックの手に渡っているとのこと。
 彼もまた、情報の仲介役に仕立て上げられている被害者のようです。
 ロウタウンで夜警に当たっているというドニックを探しに行かなければなりません。



 追いはぎに襲われつつ、ロウタウンの工場区へ行くと、以前ウォーデンへの手紙を届けた場所で
 ドニックが危険な目に遭っているようです。
 そこで、あのときと同じく、物陰に隠れて敵を分断する作戦に出たのですが、敢えなく敗北…(;´Д`A
 弓を使うごろつきはHPが非常に低いので、すぐに倒せます。
 しかし、コーデリー団のローグコーデリー団のリーダー
 2人揃ってローグなので、バックスタブと回復ポーションを多用されてしまいました。
 4対2だったにも関わらず、ぐいぐい押し切られて全滅です…(ノд`)

 再度のチャレンジでは、仲間をスタート地点で待機させ、スプーン姉さんが敵を釣ってくることにしました。
 すると、運良くコーデリー団のリーダーだけを誘き出すことに成功。
 幾らローグが強敵とは言え、サキワレも入れて5対1ですから負けはしません。
 あとはコーデリー団のローグと雑魚だけですから、攻め込んでも構わないでしょう。
 (*´ェ`) ……まぁ、それでも怖いので、壁に隠れて戦いはしますけど。
 サキワレが敵の一部を足止めしてくれたおかげで、安全にごろつきの半数を撃破。
 残党に突撃し、がむしゃらに戦っていたところ、いきなりコーデリー団のローグが倒れました。
 HP半分くらい残っていたと思うんですけど……。
 直前に、ベサニーのアイスタッチを喰らい、脆弱状態になって吹っ飛んだところに
 アヴェリンが追い打ちを掛けに行ったと思ったら、一撃で倒したんですよね。
 クロスクラスコンボとかってヤツが発動したのか?
 それとも脆弱になってたからダメージが増えたってこと?
 うーむ…よく解りませんがラッキー。

 もみあげなのか髭なのか判別付かないものが生えているドニックは、何とか無事でした。
 彼が隊長から預かったバッグの中には、子爵の印章・公文書・会計帳簿などが入っています。
 よーし、子爵にチクりに行こうぜ(*´∇`*)



 不正を働いていた隊長は、アヴェリンを罵りながら連行されていきました。
 忠誠心と功績を認められたアヴェリンは、彼に代わって隊長になることを認められます。

 アヴェリンは若干途惑っているようですが、辞退するつもりはなさそうですね。
 亡き夫・ウェズリーに感謝の言葉を呟いている彼女に、「私は?私は?」 とアピールするスプーン姉さん。
 するとアヴェリンは、「もちろん感謝している」 と言ってくれました。
 言わされてる感満載だーい(*´∇`*)
 それはともかく、やはり夫の死を気に病んでいる様子のアヴェリン。
 ウェズリーへの思いを聞いたうえで、「隊長になっても仲間で居るか?」 と尋ねてみれば、
 例え隊長になっても、第一線を退く気はさらさらないようです。
 巡回場所は隊長が決められる、と言う口ぶりからして、1番危険な場所を自分に割り当てるつもりでしょうか。
 そんな彼女にかける言葉の中に、アイコンがハートのものがありました。
 これは確か、ロマンスに関係するようなものだった気が……。
 よっしゃ、選んでみましょう。
 「仲間でいてくれて嬉しい」 というくらいのニュアンスですし、物は試しです。
 (*´ェ`) ………思った以上に何もなかった
 単に、これからも頼りにしてると言い、真の友達だと返されただけでした。
 そうそう一度に仲良くはなれませんわな。




【サイドクエスト:おとり作戦】 夜のロウタウンにいる依頼人の元へ向かう
 家に来ている手紙をチェックすると、クエストが発生することに気が付きました。
 主に元雇い主のアセンリルから斡旋された仕事になります。
 3つほど新たなクエストが出現したので、順次こなしていきましょうかね。
 最初に選んだ 『おとり作戦』 は、ロウタウンのバザールに居るアンソというドワーフからの依頼。
 密かにリリウムの取引を行っているアンソは、その商品を奪われてしまったのだそうです。
 異民族区に居るというのですが、異民族区って自宅の裏じゃんか。
 じゃ、気軽に顔を出して……と、広場を覗こうとしたところ、逆方向にシャープス団が居ました。
 一瞬、焦りましたが、大したことのない人数なので一気に……(; д )  ゚ ゚ 許してください!!
 屋根の上から援軍が降ってきたうえ、アサシンが居たため、敢えなく全滅しました…or2

 今度は自宅の横で待機し、少しずつ敵を誘き寄せ、危なげなく追いはぎたちを撃破。
 さて、本命の広場に……(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) 大勢いらっしゃる!!
 思ったよりも、ずっと大人数が待ちかまえていました。
 急いで引き返したのですが、ヴァリックが取り残されてしまい、気絶してしまいます。
 一旦逃げたため、ヴァリックは復活しましたが、HP上限が低下してしまいました(ノд`)
 ある程度の敵を倒したので、広場に突入。
 残っているのはHPの低い弓兵ばかりだったため、難なく倒せます。



 さて、アンソの言っていた隠れ家へ入ってみましょうか。
 幸い、ダンジョンではなく二部屋しかないようなので、1つずつ……Σ( ̄ロ ̄lll) 熱いです!!!
 扉を開けた途端、罠が作動し、燃え上がるスプーン姉さん。
 こ、ここまで見事に引っかかるとは……or2
 中にいた街のごろつきは、大したことのない敵でしたが、引っかかったショックは大きいです(;´Д`A
 そんでもって、目当ての宝箱を開けたところ、何と中身は空。
 どうも既に売り払われてしまったみたいなので、アンソに報告に行きます。
 ここでスプーン姉さんがレベルアップ。
 敵を混乱させ、同士討ちに持ち込むコンフューズを取得しました。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
期待外れのロマンシング
    コメント(0)