さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年08月31日

友の決意に水を差す


『ENCHANT ARM』 プレイ日記 vol.28
 『氷の魔女』 って 『雪の女王』 がモチーフかと思いましたが、
 共通しているのは、男の子が攫われるというところだけですね。
 ところで子どもの頃、『雪の女王』 の結末って、ちょっと女王様が可哀想な気がしていました。




【???】
 右腕とアツマの到来に心躍らせるクイーン・オブ・アイス。
 舞台が整えば、苦悩も悔恨もすべて 「なかったこと」 になると言います。
 そんな女王にトウヤは反抗的な言葉を口にしました。
 しかし、女王が冷たく声を掛ければ、一瞬で “人形” に…。
 トウヤがどんなに努力しようと、アツマがトウヤを殺すことはなく、
 右腕の力は自分にだけ向けられるのだ、と女王は含み笑いで自分の魔導器を見つめました。

 …トウヤと対峙する金髪の男は、本当に良いのかと尋ねました。
 トウヤの決意は固く、自分の選んだ道を違えるつもりはないようです。
 しかし、金髪の男がアツマの名を出せば、それに希望を抱いてしまうのもまた事実。
 トウヤが怖いのは死ぬことよりも、「何もなかったことにされる」 こと。
 この演技は最期まで続けてみせる、と言い放ちます。

 これは、ただ単にアツマが右腕を使うことで、強いデビルゴーレムが復活してしまう…ってだけじゃなさそう。
 この世界をリセットするみたいな言いぐさは、一体何なのでしょうね?
 ただ、マコト(仮)はアツマに、トウヤの言動が演技であることを明かしてしまっていますからね。
 それでは幾らトウヤが露悪的なことを言っても、信じて貰えないのでは?
 マコト(仮)は勢いだけで言ってしまったのか、アツマにトウヤを助けて欲しいのか…。



【氷城/外苑】
 長老に借りた太古の鍵で扉を開けると、そこには雪原にそびえ立つ女王の城。
 城を覆う氷の先端が天を突き、その先端部を中心として、空に不思議な紋様が描かれています。
 これは膨大なエーテルが渦巻いているのだ、というライガ。
 一体、何のために…と訝る一同ですが、ともかく城へ乗り込むことにしました。

 ロンドンシティ時代から、長く愛用してきたフロレシアに代わって、
 新たに合成したアークエンジェルを回復役として投入してみました。
 メガキュアソングメガリターンソングを使用でき、
 現状の回復量はナースに劣りますが、未強化なので今後の伸びに期待。
 頼れるナースですが、パラメータアップに多量のSPを必要とするため、伸びが悪くなってきたんですよね。

 さて、このエリアは女王の力か、とにかく水属性が多いです。
 キョウトシティで味方として活躍してくれたサスカッチも登場。
 ターンを掛けると、水が弱点のアツマが少々危険ですね。
 さすがに敵のHPやPPも高くなってきました。



【氷城/地下】
 眼前にある氷城ですが、真正面から入れるルートがないようなので、地下道へ潜ります。
 地下には、初登場のゴーレム・キマイラがおりました。
 光属性ですが、光・水・炎の強力な三属性ブレスを使う厄介な相手です。
 HPも3000と、前半のボス並にあるのが、恐ろしや恐ろしや。

 地下の広大な空間に、ゴーレムの死骸と覚しきものが安置されています。
 アツマの右腕が反応するこのゴーレムに、膨大なエーテルが注ぎ込まれているもよう。
 これを破壊すべきか、と尋ねるユウキに対し、アツマやカリンは一刻も早く女王を倒すべきと主張します。

 ライガ…気づいているなら何か言えよ(;´Д`A
 確実にこれがブレインオブヘッドですよね。
 ストーリー上、壊せないとは思いつつも、自分の考えくらい言っても良いと思うんだ、うん。



【???】
 アツマたちの襲来を察知し、嬉しそうなクイーン・オブ・アイス。
 そんな女王の前に、再び金髪の男が現れ、賭をしないかと申し出ました。
 自分と決闘し、その決闘の間はトウヤの意志を拘束しない、という条件下で、
 アツマにトウヤの魔導器としての力を無効化させられれば自分の勝ち、できなければ女王の勝ちです。
 女王は賭に乗り、自由になったトウヤは、男に礼を言うと走り出しました。
 決闘をすれば金髪の男は死ぬ、と宣言する女王。
 しかし男は、死んでも賭には勝ってみせる、と武器を構えました。

 マコト(仮)……(ノд`)
 「トウヤ、行け。早くケリを付けろ」 という言葉に、トウヤが 「わかった、ありがとう」 と返すのですが、
 「わかった」 と言っているときにはまだ拘束されているらしく目がうつろで声も平坦です。
 ところが 「ありがとう」 と言うときには、人間らしい目になり、序盤のような声に戻るんですよね。
 これまたベタな演出ながら、グッとくるものがありました。

 さて、ここでの 「ケリをつける」 というのは、アツマにトウヤを殺させるということでしょう。
 となれば、この後トウヤとの対決があり、それが終われば女王戦。
 …………い、一旦戻っても良いかな?
 マコトに女王と延々戦わせ、トウヤにアツマを捜させっぱなしになってしまいますけど、
 四聖獣と三柱の守護者の件を、今片付けないと、機会が無くなってしまう…(´Д`;)
 すまんよ、お前さんたち。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
友の決意に水を差す
    コメント(0)