さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年08月29日

歌姫対決


『ENCHANT ARM』 プレイ日記 vol.27
 今回、ほとんどイベントです。
 それにしても賢者の演技が酷い…(;´Д`A
 いつもに増してボイスをスキップしまくっています。
 だからフルボイスのゲームって抵抗あるんだよなぁ。




【賢者の塔/庵】
 剣を鍛えている赤毛の女性の背に、ライガが恐る恐る声を掛けます。
 しかし、賢者はそんな弟子は知らないと吐き捨て、ライガを怒鳴りつけました。
 どうやら連絡を絶ち、騎士団も出奔したライガに腹を立てているようです。
 何とか怒りを静めてくれた賢者に事情を話すアツマたち。
 …魔導器はデビルゴーレムの体の一部で、再構築能力の対象です。
 すなわち、再構築能力を無効化しない限り、何度分離されても再び取り込まれてしまうでしょう。
 ですが、アツマの右腕が持つのは “吸収” することでエンチャントを無効化する能力。
 それではトウヤのエーテルが枯渇し、死んでしまいます。
 ただ、賢者はトウヤを救うためのある方法を思いついた、と言いました。
 そのとき、大きな揺れが賢者の塔を襲います。
 様子を見に行くと、そこにはクイーン・オブ・アイスとトウヤの姿が。
 女王は、アツマたちを氷の城へ招待すると言います。
 一方、アツマを挑発し、残酷な言葉を口にするトウヤ。
 しかしアツマが、トウヤを殺すことはできない、と言うと、アツマには自分を殺す義務があると憤ります。
 尋常ではない様子に声を掛けると、トウヤは女王によって、再び “人形” に変えられてしまいました。

 ここで女王の配下と対戦することになりました。
 あ…こっちもセイレーン、あっちもセイレーンだ(´m`)
 ハイリターンソングを持っているので、決めるときは一気に決めなければ…。
 まずは殺さない程度に、3体中1体のHPを削ります。
 相手のターンで、間接攻撃の水属性攻撃でアツマが集中攻撃を受けましたので、回復を。
 次のターンで、削っておいた1体を撃破し、もう1体をアツマのEXで倒します。
 これで相手の行動を制限できる…と思いきや、蘇生ではなく攻撃してきました。
 しかも、アツマではなくライガとセイレーンを狙ってくれます。
 最初はどうなることかと思いましたが、アツマのスキルが強いので、何とかなりましたね。

 賢者の元へ戻ると、先ほど言いかけた思いつきを聞かせてくれました。
 恐らくカリンが助かったのは、本来の魔導器が炎帝に取り込まれていたから。
 魔導器同士が反発することで、カリンと炎帝の結合力が弱化したのかもしれません。
 しかし、本物の魔導器はどこにあるのか…と思い悩むアツマの前に金髪の男が現れました。
 男は自分の持つ本物の魔導器を渡して良いものか、迷っているようです。
 アツマを 『墓守の村』 へと誘い、金髪の男は去っていきました。
 トウヤを救うのが正しいのか、殺すのが正しいのか。
 金髪の男の言葉で、更に迷うアツマを右腕と対話させるべく、賢者は強制的に真相意識下へ送ります。




【???】
 右腕の声は、自身をデビルゴーレムを倒し、そして統べる者だと言います。
 魔導器1つと世界を天秤に掛けてみろ、という言葉に思い悩むアツマ。
 右腕からの声が聞こえなくなり、元の世界へ戻ろうとしたアツマの前に、突然何かが飛来しました。

 突然の戦闘で、しかもアツマ単独ですが、相手のバグランジはHP1000程度。
 闇属性ですし、スキルもさほど強くはないので、2ターンで撃破することが出来ました。
 戦闘終了後、『怒神の結晶』 なるものを入手。
 なんだ、これ?



【賢者の塔/庵】
 賢者の手で深層意識下から覚めたアツマは、トウヤを救うという結論に達していました。
 世界があっても、トウヤがいなければしょうがない、と言うアツマの決意を 「正しい」 と断言する賢者。
 今まで、トウヤを救うことは間違っていると言われ続けてきたアツマは、涙が止まりませんでした。
 そんなアツマに賢者は、あの世界で手に入れた神の結晶を渡すように言います。
 これはゴーレムウォー時代につくられた、対デビルゴーレム用人工金属。
 魔導鍛冶が専門だという賢者は、これでアツマに武具をつくってくれることになりました。

 あぁ、これが三柱の守護者が要求していたものですね。
 確か、三都市の分岐点と、砂漠の地下遺跡、そしてこの賢者の塔にいたはずです。
 それにしても、アツマが泣いてしまうのは解るなぁ。
 トウヤを助ける助ける言っても、賛同してくれる人ってホントに誰も居ませんでしたからね。
 カリンやユウキだってトウヤ自体をどうこう言うのではなく、アツマに協力しているだけですし。
 唯一トウヤを救おうとしていた金髪の男にまで掌を返したようなこと言われては、ツラいですよ、うん。

 武具を精錬する賢者に、アツマは自分の右腕について尋ねます。
 賢者曰く、この右腕もまた古代につくられた対デビルゴーレム用兵器。
 どうやら幼い頃に結合されたもののようです。
 一体、誰が何故そんなことを…と疑問に思うアツマを怒鳴りつけて退出させた賢者。
 何かを察したライガが賢者を訪ねると、アツマに施術を行ったのは賢者自身だということが判明しました。
 幼いアツマは、半身を死病に覆われた状態で、塔の前に捨てられていたのだそうです。
 恐らく親が賢者の知恵を頼ったのでしょうが、救う術はデビルゴーレムの細胞を使う方法だけでした。
 歴史から抹消された4体目のデビルゴーレム・ブレインオブヘッド。
 あのとき助けなければアツマは苦しまずに済んだのかもしれない、と後悔する賢者に、
 ライガは、彼が今、懸命に生き、前に進もうとしている、と告げます。

 デビルゴーレムを倒して、且つデビルゴーレムを配下にするのがブレイン・オブ・ヘッド。
 そんでもって、炎帝も砦将も女王も、ブレイン・オブ・ヘッドのコマンドを実行するために動いている、と。
 そこまでは解りましたが、女王が 「全部意味のないことになる」 と言っていたのが気になります。
 ゼロに戻るってこと?
 時間を戻せるわけはありませんから、ゴーレムウォー以前のような状態にしてしまうぞ、ってことかな?
 でも、ゴーレムウォーより前の方が、今より高度な魔導が発達していたんですよね?
 うーむ…どういうことなんだろう。



【墓守の村】
 賢者の使っている転送装置で墓守の村へやってきた一同。
 極寒の地であるこの村は、巨大な門を備えており、その向こうには女王の棲まう氷の城があります。
 鍵の管理をしているという長老に頼み込み、翌朝、門を開けて貰えることになりました。
 アツマは皆には内緒で、夜半、門の前へ向かいます。
 金髪の男から、手紙で呼び出しを受けていたのです。
 トウヤを殺す決心がついたか尋ねる男に、アツマは 『氷の魔女』 の御伽噺を始めました。
  昔々、王子を攫い、王に国を要求した氷の魔女がおりました。
  王子の命と、民や国のどちらを取るかで悩み苦しむ王。
  父や民の苦しみを想い、自ら命を絶った王子の愛情により、事態は幕を下ろしました。
  王は王子を失った哀しみに耐え、ついには氷の魔女の封印に成功したそうです。
 王も王子も馬鹿で意気地無しだと言い放ち、自分はどちらも諦めないと言うアツマ。
 一方、金髪の男は、自分のやり方でトウヤを救うと言い、アツマに決闘を申し込みました。

 レポートで 『氷の魔女』 の伝承について書いたと言う話、序盤で出てきた会話ですね。
 あのとき、教官に説教されそうになるところを、トウヤが助けてくれたんだよな~。
 きっと、アツマの言う、この話が大好きな奴というのは、トウヤなんでしょうね。
 さてさて、いきなり金髪の男が、スウィングコールというスキルを使用しました。
 YO-YOという武器だかゴーレムだか判らないユニットを召喚。
 つーか、キュアバラードビートソニックって、絶対マコトだろ!
 肝心のEXはギャラクシーダビデというかなり強力なスキルです。
 発動する前に倒せるか?
 取り敢えず、最前列にいるうちに、メガフレアラッシュで、削っておきましょう。
 次ターン、金髪の男は更にYO-YOを召喚。
 しかもEXゲージがMAXになってしまいました。
 今のHPは、YO-YOの攻撃さえ当たらなければ、ギャラクシーダビデも耐えられます。
 ということで、最後列に引いて、EX・スタンピードフレア
 これでどちらも瀕死です。
 1歩前に出て、メガフレアウェーブでトドメ。
 ところで、戦闘の途中、「トウヤの邪魔をする者を私は許さない」 という台詞がありました。
 やっぱり、トウヤの意思を尊重したうえでの言葉だったんですねぇ。


 世界を敵に回してもトウヤを助ける。
 仲間がいるから、デビルゴーレム相手でも何とかなる。
 アツマの言葉に金髪の男は激怒しました。
 トウヤは女王に操られているのではなく、世界とそしてアツマのために自分を殺させようとしているのです。
 女王を倒して終わりではない、アツマが次に右腕を使えばどうなるか…。
 そう意味ありげな言葉を洩らす金髪の男は、孤独な戦いをしているトウヤのことも考えず、
 仲間がいるなどと言って、トウヤの犠牲を無にするアツマが許せないと言います。
 それでも約束は約束。
 金髪の男は、アツマに魔導器を渡し、自分は自分のやり方でトウヤを救う、と言い去っていきました。

 右腕を使って起きる事態というのは、ブレイン・オブ・ヘッドの復活ですよね。
 その場合、アツマは魔導器になるのか、それとも呑み込まれてしまうのか…。
 アツマを救うためと言うのは、そういう意味なのでしょうか?
 更なる要因もありそうな気がするんですが、今のところ判らないなぁ…。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
歌姫対決
    コメント(0)