さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年02月25日

時空を越えたエンジニア魂


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.11
 一族の復讐を胸に誓う修道士・セバスチャンの望みを叶えたスプーン姉さん。
 セバスチャンは、たんまり報酬をくれたうえに、領主になった暁には、更にお礼をしてくれるという。
 報酬にワクワクする一方、それまでにまた何か手伝わされるのではないかという
 予感が消えないスプーン姉さんであった。




 そう言えば、予約特典で騎士アイザックの鎧セットを手に入れていたのでダウンロードしてみました。
 『DEAD SPACE』 の主人公である戦うエンジニアをイメージした装備ですが、
 予想外なことに、女性主人公が着ると、かなり可愛いです。
 そもそも、がに股でのしのし歩くのが基本だった前作と比べて、かなり女性のモーションが
 良くなっているんですよね。
 プレイ中に放置していると、つま先をトントンとする仕草も可愛いんです。
 ちなみに兜を装備しても外見上非表示にすることもできますが、せっかくのアイザックなので表示ONで。
 他のキャラも装備変えたいんだけどな~。




【子爵の城砦】
 サブクエストをこなしたいのですが、3人だとツラいので、アヴェリンを迎えに行きたいと思います。
 アヴェリンは衛兵として働いており、子爵の城砦で待機していました。
 どうも、真面目で直球すぎる態度が、上の不興を買ったらしく、退屈な巡回ばかりしているようです。
 兵士として常に戦いの場に身を置いてきたアヴェリンにとっては、面白くない状況みたいですね。
 そんな彼女が持ちかけてきたのは、盗賊退治の仕事。
 サンダーマウンテンに潜伏している盗賊が、キャラバンを襲撃するのを阻止するというものです。
 これを引き受けると、アヴェリンが仲間に加わりました。
 4人パーティーになったことですし、見つけたサブクエストを少しやってから、ストーリーを進めましょうか。




【サイドクエスト:愚者の金髪】 教会で拾った本を持ち主に届ける
 教会でアイテムを手に入れたところ、発生したサイドクエストです。
 拾った本は、ダークタウンに住むエルフたちに人気があるものらしいので、ダークタウンに行ってみましょう。
 初めて足を踏み入れる場所ですが、全体が半地下のようになった地区で、あまり光が入りません。
 かつてカークウォールは、奴隷を大量に連れてきて、採石場で働かせていたそうですが、
 その採石場の跡地が、このダークタウンみたいです。
 位置づけとしては、ロウタウンよりも更にヤバい場所、みたいな感じ?
 その証拠に、いきなりごろつきどもに襲われるという歓迎っぷり。
 狭い場所だったので、囲まれることもありませんでしたが、日中からこれかよ……(;´Д`A
 少し奥に行くと、エルフの過激派なる人物が居て、彼に本を渡すとクエストクリアでした。
 なんだ、思ったよりあっさりしたクエストだったな。
 クエスト完了




【サイドクエスト:闇の啓示】 ウォーデンに伝令を届ける
 ウンデット海岸でフリント団と戦ったポイントから、もう少し奥へ進むと、巨大クモが出現しました。
 慌ててスタート地点まで戻り、援軍が来ないようにしてから応戦します。
 巨大クモ1匹と、マバリ犬1頭を撃破し、恐る恐る奥へ。
 すると今度は、背教者の魔導師が出てきました。
 おや?野生動物だけじゃなかったのか?
 …と思って、その先を覗き込んだところ、盗賊がたむろしています。
 犬は解るけど、クモもこいつらの配下だったのかな?

 この盗賊たちを倒したところ、奴らの集まっていた場所で、遺体を発見しました。
 遺体はグレイ・ウォーデンに宛てた文書を所持しています。
 手紙を書いたのはアヴァナス……って、前作で怪しい実験してたおっさんですよね。
 死んでしまったこの伝令は、カークウォールのロウタウンで、手紙を受け渡すことになっていたもよう。
 じゃあ、代わりにスプーン姉さんが届けてあげましょう。



 気軽に帰ろうとしたところ、新手の盗賊が待ち伏せしていました。
 どうやら、手紙を奪おうとしているようですね。
 更に、ロウタウンの受け渡し場所には、既に傭兵たちが待機していました(;´Д`A
 街中だというのに、遠慮無く襲われ、取り囲まれてボッコボコにされてしまいます。
 2回も敗北したので、作戦を考えることにしました。
 相手が待ちかまえているのは路地裏。
 傭兵たちと壁を挟んだ形で味方を待機させ、少数を釣ってくることにします。
 そうすると、壁を挟んでいるので、味方が突っ込みすぎず、敵がどんどん反応してやってくることもなく、
 また、遠くから矢で狙われることも避けられました。

 傭兵を全員始末し、受け渡し場所にある樽に手紙を入れます。
 こんなことで良いのか、と思わないでもないですが、一応、ウォーデンには届いたもよう。
 自宅に帰ると、お礼の手紙が来ていました。
 紛失した手紙が戻ってきたことを喜び、このことは内密にと釘を刺すものです。
 へぇ~、やっぱりこの国にもウォーデンは居るのか。
 説明書を見ても、ウォーデンの仲間というのは居ないみたいですし、
 今作はグレイ・ウォーデンとはあまり関係のない話になるっぽいですけど、
 この分だと、別の土地のウォーデンが主人公の続編もいけそうですよね。
 クエスト完了





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
時空を越えたエンジニア魂
    コメント(0)