さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年07月30日

メモリーカードは思い出カード


昔のゲームを引っ張り出して、メモリーカードを差してみる。
まだ、あの頃のセーブデータが残っていることに感動してみたりして。
ゲーム好きなら、そんな経験ありますよね。
黴の場合、1人でチマチマとプレイするのが好きだったせいで、
レベル99のデータが出てきたりして、我ながら軽く引くことが多くあります。




先日も、『デビルサマナー ソウルハッカーズ』 のソフトを起動してみたところ、
速40でマカラカーン・テトラカーン持ちのカルティケーヤが居たことに引きました。
そりゃ、メガテンファンやゲーマーなら、それくらいやるかもしれませんが、
あの頃の黴には、ほとんど知識はありませんでしたし、攻略サイトなんてものも見られないわけで…。
今、これをつくれと言われても出来ないものが、何故あのへっぽこの二乗だった頃に出来たのでしょう。

ところで、ソウルハッカーズのPS版には、次元の回廊(クリア後に行けるダンジョン)とは別にEXTRAダンジョンがあります。
しかし、当時の黴は、次元の回廊=EXTRAダンジョンだと思っていたらしく、EXTRAを放置して2周目に突入していました。
ならば、ちょうど10年経った今、オトナの黴がクリアしてあげようじゃないですか!



玉砕しました……(´Д`;)
5つのダンジョンで、それぞれボスを簡単に撃破し、調子に乗っていたところ、最後の試練で滅多打ちです。
何が悪いって、主人公のパラメータで、力を30くらいまで上げていることですよ。
正直、力の優先度は最も低く、知と速が最優先だと思うのですが、知がほぼ初期値でした…or2
この辺を見ると、あの頃の黴に何の知識もなかったことが丸わかりですね。
これは…新たに2周目を始めて、二乗の取れたへっぽこゲーマーの意地を見せるべきか?

あなたにおススメの記事


Posted by 黴 at 23:24│Comments(0)Game
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
メモリーカードは思い出カード
    コメント(0)