さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年07月29日

強敵と書いて友と…は読めない


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.56
キーツ編 第七章 『おそるるべきもの』
  ~異界真央・天つが原~
 ここでキーツとプレイヤーチェンジします。
 とんでもない強敵に出会い、黴大混乱。




 初めのエリアにテランセラが居るのは、エレンのときと同じです。
 キーツの場合、使役フォークスにすると、手(?)の影を飛ばして遠距離攻撃をするようになりました。
 右のルートへ行くと、燃えさかるフォークスが3体。
 たったか走り寄ると、このブーゲンビリアが3体同時に火の玉を投げつけてきました。
 遠距離型か~、とサイドステップで回避したところ
 (; д )  ゚ ゚ 何この追尾性能!!?
 未だかつて無い動きで、キーツを追ってくる火の玉。
 1度のサイドステップだけでは避けきれません。
 しかも、こちらが必死に避けている間に、次の火の玉を撃ち出してくるもんですから、
 なかなか反撃のチャンスが無く、一方的にダメージを受けてしまいます。
 何とかクラーケンで攻撃し、IDを吸収することができましたが、
 倒したときには瀕死でした(ノд`)
 こんな高性能な攻撃、『Folks Soul』 では見たことがありませんよ!
 けど、使役フォークスとしては、さぞかし優秀な……
 (#゚Д゚) 何故、自動追尾がない!!
 火の玉を投げつける攻撃なのは良いのですが、追尾型ではありません。
 おまけに真っ直ぐ飛ばないので、非常に使いにくい…。
 詐欺だ!!!
 しっかし、このブーゲンビリアエクセドラクラーケン
 カルマを解放するために、それぞれ10匹ずつ倒さなければいけないんですよねぇ。
 3体相手で瀕死なのに、それを20匹分もこなせるんでしょうか。

 2回死にました……(´Д`;)
 初戦のように瀕死ということはなくなったのですが、やはり1度の戦闘で半分はHPを削られます。
 それを横着して回復せずに連戦を挑んだところ、見事にぶち殺されました。
 その甲斐あって…と言って良いものかどうか判りませんが、攻略法は掴めたような気がします。
 まず、奴らの出す火の玉には2種類あり、1ヶ出してきたときには追尾機能有り、3ヶなら追尾機能無し。
 そして、距離を詰めると、火の玉を出さず、直接攻撃をしてくるようになるのです。
 従って、まずスプリガンなどで火の玉を防御しつつ、奴らに近づきましょう。
 1番楽だったのは、奴らの背後に回り込み、アファンクを用いて、
 ちょうど3体の中心にある結晶を攻撃する方法。
 結晶を攻撃すると、巧い具合に3体均等にアファンクの攻撃が当たります。
 この位置なら、ブーゲンビリアが近接攻撃しかしてきません。
 おまけに、攻撃が均等に当たるため、3体同時にIDが赤くなり、一気に引っこ抜き可能。
 ただし、こいつらはIDを引き抜かずに倒すと、火の玉3ヶを出してから死亡するので御注意を。

 戻ろうとすると、道が塞がれており、グラジオラスが登場。
 こいつに関してはエレン編と同じですが、キーツの場合、奴の弱点である破壊属性は、
 フォモールが大変優秀なので、苦戦することはありません。
 寧ろ、一度殴り始めれば、一方的にID吸収まで攻撃し続けることも可能です。




 次のエリアはブーゲンビリアグラジオラス
 その次のエリアはブーゲンビリアテランセラ
 他のフォークスと一緒に出てくると、こんなに面倒な敵はいませんね…。
 ただ、どちらの場合も火の玉が届かない位置で、他のフォークスと戦うことが可能なので、
 そこまでの脅威ではありませんが、狭いところで出現されたら、泣きたくなりますな。




 自身の記憶が眠る場所に近づいたエレンですが、その前に妖精王が立ち塞がります。
 異界と人間界の関係を元に戻したいというのは、エレンや妖精たちを誤魔化すため。
 妖精王は人間を見限り、記憶の集積地を破壊するつもりだったのです。
 これが破壊されれば、人間は1度感じた恐怖や哀しみ、憎しみなどの感情を忘れることができなくなり、
 その重みに耐えきれなくなってしまうでしょう。
 自らの目的を達成するため、妖精王はエレンたちに挑み掛かってきました。

 さて、直前のプレイヤーに拘わらず、妖精王と戦うのはキーツのようです。
 絵本を入手したのはエレンだけでしたが、ちゃんとキーツの分のページも入手済になっていました。

 妖精王はバガブーオグマを従えています。
 どちらもID吸収に時間が掛かるうえ、吸収したところで追加が入るのは目に見えているので、放置に決定。
 絵本によれば、妖精王がまとっているバリアも本体も、炎属性に弱いようです。
 そこで、狙いが付けやすく持続性のあるウリシュクと、
 圧倒的な弾数を誇るバカタール加藤、および防御用のスプリガンをセット。
 何故か、バガブーが一発炎を浴びせただけでIDが赤くなったので、
 そのまま足止め状態にして、妖精王を狙います。
 バリアを張っている間は、杖の先っぽにも見えるものを飛ばしてきたりするので、
 その都度、スプリガンでガードし、ひたすらウリシュクで攻撃。
 妖精王が空を飛び始めたら、攻撃が当たらないので、配下の2体に攻撃攻撃。
 IDが赤くなって動けなくなったところで、タイミング良く妖精王が降りてきました。
 再びバリアを破って、本体に集中攻撃していると……
 もうはや倒れた……(;´Д`A
 せっかくだから覚醒して倒そうと思っていたのに、そんな暇すら与えてくれませんでした。
 弱いなぁ…妖精王……。




【本日のフォークス】
 テランセラ:無属性
  前方に影の手を飛ばして遠距離攻撃を行う。
 ブーゲンビリア:炎属性
  火の玉を前三方向に飛ばす。
 グラジオラス:破壊属性
  腕から発射する強力な破壊光線で、前方を薙ぎ払う。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
強敵と書いて友と…は読めない
    コメント(0)