さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年07月17日

魔人降臨即退場


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.51
キーツ編 第五章 『判決』
  ~地獄界・フォークロア戦~
 イベントムービーからフォークロア戦まで、まったくエレン編と同じでした。
 もうちょっとフォークロア戦に関して、練り込む必要があると思うんですよ、このゲーム。
 使用する属性が違うだけで、やることはエレン編もキーツ編も同じなんて…。
 フォークロア自体が別でも良いくらいなんですけどね。




 霊衣をまとい、異界に混乱をもたらした罪で裁判に掛けられるエレン。
 その法廷を遮り、エレンを助け出したキーツに、裁判長・ヤマは怒りを顕わにします。
 エレンを強制的に退廷させたヤマは、キーツを裁くため、襲いかかってきました。

 益々、キーツ編とエレン編の関係性が解らなくなってきました。
 異界の時系列で進んでいるわけでも、別の場所で起こっているわけでもなく、
 一種、パラレル的なストーリーになってしまっていますけど、これって辻褄合うのかなぁ?

 裁判長・ヤマの行動パターンはまったく変わらず、
 キーツが取るべき行動も、雷属性の代わりに炎属性を使うだけで、エレン編とまったく同じです(;´Д`A
 やっぱり、フォークロア戦は手抜きすぎるんじゃあなかろうか。
 ともかく、先の戦闘で散々学んだので、苦労もせずにいけるでしょう。
 まず、魔鏡を壊さなければいけませんが、基本的に外周で待機します。
 紫の光をまとった鏡が近づいてきたら、フォモールで攻撃。
 鏡は別に裏からでも割れますので、わざわざ危険な表側に回ることはありません。
 割ったら、ヤマの突進攻撃を避けるため、すぐさま退避します。
 すべての鏡を割り終えたら、相手をロックオンして適度な距離を保ち、ベーヒアル
 バリアが割れたところで、デゥランダルです。
 ヤマが緑色の光弾を飛ばしてきたら、サイドステップで回避。
 編隊攻撃の場合は、ヤマに接近すれば、ちょうど編隊の軌道の内側に入るので、
 攻撃が当たらずに済みます。
 下手に逃げようとして間に合わないと、かなりのダメージなので、一歩前に出た方が吉。
 うっかり喰らった鳥のアタック以外は、特にダメージもなく撃破しました。
 ちょっと調子に乗って、覚醒とかしてみましたが、あまり意味はありませんでした(;´Д`A




 キーツに礼を言って、審問の橋を渡っていくエレン。
 しかし、その歩みは突然止まり、見えぬ何かに怯え始めます。
 そして彼女は、審問の橋から転落してしまいました。
 呆然とするキーツの前に現れたセシリアは、彼に助けを求めます。
 この列石の下から助け出して欲しい、と。

 セシリアが奇妙な歌を口にしていました。
「時の帳に降りる歌声  トネルの梢に待つ星の響き  回る羽根は巡り巡る」
 何を示しているのか、今のところ意味が解るようなヒントはありませんでしたよね。
 ただ、シャロットも同じ歌を歌っていました。




 列石に白銀のメダリオンを献げ、玄室への扉を開いたキーツ。
 エレンの行方を気にして追ってきたシュゼットと共に、遺跡の奥へと進みます。
 セシリアが歌にしていた音韻を鍵に、扉を開き、中へ入ると、そこにはハッグの姿が…。

 ここで第五章は終わりなのですが、セーブするとすぐに第六章が始まりました。
 どうやら、六章はエレン編とキーツ編ではなく、1つのシナリオしかないようです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
魔人降臨即退場
    コメント(0)