さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年07月10日

今なら色違いがもう1点


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.48
キーツ編 第五章 『判決』
  ~地獄界・業火の山~
 エレン編では、裁判長に退廷させられたキーツですが、
 退廷先で裁判長と戦うことになるのかな?




 シュゼットから、オコネルが行った退行催眠の話を聞いたキーツは、
 夜半にオコネルの家へ忍び込み、退行催眠の様子を録画したビデオを見ました。
 そこには、17年前、列石の地下で起きた出来事を語るエレンの姿が。
 しかし、玄室で見た者の正体を口にしようとした瞬間、ビデオは途切れ、異界の扉が出現します。

 イベントについては、エレン編とほぼ同じでしたが、パブで興味深い話が聞けました。
 フリジーは、真犯人による最後の殺人が行われようとしている、と言いましたし、
 ファーダリクは、エレンがほとんど死人と変わりないと言います。
 これは一体、何を意味しているのやら。




 地獄界でキーツを迎えたのはスケアクロウ。
 彼は、協力者としてエレンに引き合わせた妖精王が、信用できない動きを見せ始めたと言います。

 スケアクロウは、妖精王を思い通りに動かすつもりだったのでしょうか。
 それとも、リヴァネ・キーツと妖精王をぶつけて戦わせるつもり?
 どちらにしろ、そういう本人もかなり信用できませんね。

 さて、ボガートおよびマンドラゴラコブラナイのいるエリアは
 エレン編とまったく同じ構成になっています。
 東のエリアに進むと、鳥のフォークス・ウリシュクウリギークが登場。
 形は完全に、エレン編の鳥形フォークスの色違いですが、こちらは炎と氷で攻撃してきます。
 …海底都市あたりから思っていましたが、フォークスが売りのゲームにしては、こういうのが多いんですね。
 PS3だから、もっと多種多様なのかと期待していた割りには、それほどでもなかったようです。
 ちなみに、ウリシュクの吐く炎は、着弾すると火柱になり、一定時間その場に残ります。
 連発も可能なので、直接攻撃と設置型を兼ねており、なかなか使い勝手が良いフォークスでした。
 一方、ウリギークは、いっぺんに数発の氷塊を吐き出します。
 ところが、横一列に並んだそれが、意外と広い間隔なので、当たりにくく使いにくい印象…。
 そっくりなフォークスですが、明暗くっきりと言った感じです。
 ちなみに、こやつらを倒すには、クラーケンボルカノなど、
 ブレスのように攻撃しっぱなしのタイプが有効でした。




 業火の山のボスは、またもフォモールです。
 推奨されているのはバーゲストですが、ここはレアフォークス・タスラムを使用しました。
 突進し、そのまま多段ヒットするので、こっちに突っ込んでくるフォモールと相性抜群。
 何発か喰らわせ、倒れたところをプロラハンで加勢していたら、
 吃驚するほど早く、IDが赤くなってしまいました。
 やっぱりキーツは、MCの回復がエレンよりずっと使いやすいですね。
 じわじわ回復してくるエレンは、コストパフォーマンスの悪いフォークスを連発できませんが、
 キーツの場合、一瞬で満タンになるため、MC消費が激しいフォークスでも多用することができます。
 ちなみに、使役フォークスの場合、フォモールも連続攻撃可能。
 MCすべて使えば三連撃くらいすることができます。
 破壊属性ですから、効きにくい敵もいますが、周囲をすべて薙ぎ払えるほどの効果範囲で、
 尚かつ連続攻撃が可能というのは、なかなかに貴重なフォークスですね。




【本日のフォークス】
 ボガート:無属性
  ボタンを押すたびに、大きな手で連続攻撃を行う。
 マンドラゴラ:切断属性
  中距離の連続攻撃を行う。
 コブラナイ:地属性
  複数箇所で地震を発生させる。溜め押し可能。
 ウリシュク:炎属性
  前方に炎を吐き、着弾地点に火柱を上げる。
 ウリギーク:氷属性
  複数の氷塊を前方に吐き出す。
 フォモール:破壊属性
  ボタンを押すたびに、強力な連続攻撃を行う。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今なら色違いがもう1点
    コメント(0)