さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年07月02日

Snedronningen


『ENCHANT ARM』 プレイ日記 vol.5
 第一部完!って感じです。
 封鎖区画に封じられているものの正体は予想通りでしたが、その後が…。




【封鎖区画/施錠の間】
 ショップがあったので、ちょっと高価なアツマのスキル・ハイブロウを購入し、
 エンジェリーナウェアウルフを合成。
 現状、ナイトサーヴァントが居れば問題ないのですがね。

 階段を上った先には、何かの残骸が散らばっています。
 アツマたちが近づくと、その残骸は、みるみるうちに組み合わされ、巨大なゴーレムと化しました。

 (; д )  ゚ ゚ HP4桁!?
 トウヤのアクアスパイクだって、ダメージ100にもなりません。
 普通のRPGなら、10ターンくらい掛かっても、どうってことないでしょうが、
 このゲームで、そんなにターンを掛けていたら…((( ;゚Д゚)))
 つーことで、ここはトウヤ先生!お願いします!!
 まず、トウヤを隅っこに配置し、EX・ヘヴンズスコールを使用。
 続いて、アツマを壁役として最前列に配置し、その後ろにウェアウルフとマコトを一列縦隊に。
 トウヤと他の3人を離して配置したので、敵のファイヤーゴーレムは、人数の多い方を攻撃すると予測。
 そうすれば、炎属性で攻撃されても、トウヤが大ダメージを受けずに済み、
 尚かつ耐性持ちのアツマが、他メンバーへのダメージを減少させてくれる、と。
 黴の予想が当たったのか、はたまた偶然か、予定通り攻撃はトウヤ以外の3人に…。
 トウヤのヘヴンズスコールは、ダメージ300程度です。
 EXゲージは、まだ残っているので、先ほどと同じ作戦で、もう一発!
 今回は、マコトのキュアバラードでダメージを受けた3人を回復します。
 と、ここで気づかないうちに連携ゲージが貯まっていたらしく、アツマとトウヤの連携が発動。
 ヘヴンズスコールのダメージが、460まで跳ね上がりました。
 トウヤ様!ありがとうございます!!(*´∇`*)
 敬意を表し、トドメはトウヤ様のアクアスパイクにお願いしました。



【封鎖区画/玄室】
 ガーディアンたるゴーレムを撃破し、更に奥へと進めば、そこは何故か氷に覆われています。
 何かに思い当たったらしいトウヤが、アツマを引き留めようとしたとき、
 アツマの頭の中に、右腕から奇妙な声が響いてきました。
 声は、アツマに先へ進めと語りかけます。
 その言葉に従い、扉を開けた先に居たのは、悠然と玉座に座る女性のようなゴーレム。
 そのとき、突然アツマの右腕が暴走を始め、ゴーレムの封印を解いてしまいました。
 解き放たれたゴーレムは、「人間の1000年間での成長」 を確かめると言い、攻撃を仕掛けてきました。

 な、何てあからさまな負けイベント…(´Д`;)
 氷の魔女は、HP・EPともに9999です。
 はいはい、わかったわかった。
 おまけに、1ターンごとに、完全回復してきます。
 はいはいはい、わかったわかったわかった。
 要は、氷の魔女が、「脅威の再構築能力を持つデビルゴーレムの1体」 だということが言いたいわけです。
 ターンを進めていくと、魔女が 「そろそろ飽きた」 的なことをおっしゃって、
 大技・アイスギガゾーンを仕掛けてこられました。
 はいはい、全滅全滅。
 …と思いきや、トウヤが持ちこたえています。
 しかし、戦闘はここで終了し、ムービーに移行しました。

 自らを “クイーン・オブ・アイス” と名乗り、不敵に笑うデビルゴーレム。
 しかし、トウヤはデビルゴーレムが魔導器なしで動くことができるのは、僅かな時間だと指摘。
 右腕を抱えて苦しむアツマをマコトに任せ、単身、氷の女王に勝負を挑みました。
 充分に力を発揮できない女王の攻撃を尽く防ぎ、互角に戦うトウヤ。
 ところが、女王は攻撃の矛先をマコトとアツマに向けました。
 エンチャントでガードするも、マコトは跳ねとばされ、動けないアツマを鋭い氷が襲います。
 トウヤは、アツマを庇い、全身に女王の攻撃を受けてしまいました。
 かろうじて息はあるものの、身動きひとつしないトウヤに、すがりつくアツマ。
 そんな彼らを嘲笑い、アツマを吹き飛ばした女王は、倒れたままのトウヤに手を伸ばします。
 そのとき、アツマの右腕から、またしても声が聞こえてきました。
「我が力を欲するなら怒れ」
 トウヤに触れようとした女王の腕を掴んだアツマは、そのまま彼女の手を消滅させてしまいました。
 女王は、不完全ながらも自身の再構築能力を抑制してみせたアツマに脅威を感じたようです。

 わ~、ホントに子どもの頃観てたアニメみたいな展開(*´∇`*)
 で、ここから腕全体に紋様が現れた覚醒アツマが、女王と戦うことになります。
 アツマのパラメータが飛躍的に上がっており、尚かつディスオートキュアを習得済。
 これは、HP・EPの自動回復、すなわち再構築能力を半減させる攻撃だそうな。
 今度は、勝ち確定のイベント戦ですね。



 トドメを刺すべく、クイーン・オブ・アイスに躍りかかったアツマですが、
 完全に制御しきれていない右腕の “時間切れ” が訪れました。
 アツマを弾き飛ばした女王は、気を失っているトウヤを引き寄せます。
 トウヤのピンチに、痛む体を押して、女王に攻撃を仕掛けようとするマコト。
 ところが、その際放った 「醜い」 という言葉が、女王の逆鱗に触れたようです。
 女王は容赦なく、巨大な氷塊を落下させ、マコトはその下敷きに…。
 女王はそのまま、トウヤを抱きしめ、外界へと出て行ってしまいました。
 …地上に復活したクイーン・オブ・アイスは、ヨコハマシティのすべてを凍り付かせていきます。
 応戦するシティ軍も、女王に傷一つ付けることが出来ないまま、一瞬で氷の彫像と化しました。
 凍り付いた人々が砕けてキラキラと宙に舞い、ヨコハマシティは壊滅状態に…

 (; д )  ゚ ゚ トウヤ先生、退場!?
 うっそぉ……、一番使いやすいキャラだったのにぃ……or2
 そっか、雪の女王がモチーフに含まれてるわけか…。
 ベタな展開をなぞるとすれば、洗脳されて敵として登場し、友情パワーで正気に戻って、
 ラスボス戦で戦線復帰、ですよね。
 そうなると、ラスボス戦までトウヤは味方として使えないってことかぁ?
 マコトは多分、中盤くらいに、実は生きていましたイベントがあって復帰すると思うので、心配していません。
 しかし、トウヤが攫われてしまうのは予想外だ…。
 これで、パッケージにトウヤとマコトのイラストがない理由に思い当たりましたよ(ノд`)
 もうちょい早く復帰してくんないかなぁ。
 攫われたこと自体ではなく、PCとして使えないことにショックが大きいです…(´・ω・`)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Snedronningen
    コメント(0)