さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年06月20日

メガネザルの悲哀


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.39
キーツ編 第四章 『迷宮』
  ~無限回廊・クエスト~
 キーツはバガブーの件と言い、今回のクエストと言い、意外に面倒見の良い人ですね。
 【フリジーのお相手】 は、【バガブーの郷愁】 と張るぐらい好きなクエストです。




【難患者】 レスター医師がエルヴェを療養所に受け入れた経緯を調べる
 クエストですが、依頼主も調査人もキーツです(;´Д`A
 あれほど重病のエルヴェを、何故こんな小さな村の診療所に受け入れていたのか。
 その疑問を晴らすべく、海底都市で死者の記憶に触れていきます。
 ストーリーを補完するためのクエストですね。
 戦闘をする必要はなく、エリアごとに彼らの会話を聞いていくだけで事が済みます。
 要約すると、レジーヌはどこの病院でも治療できなかったエルヴェの最後の時間を、
 彼の好きなレムリック村で過ごさせるために、レスター医師に受け入れを依頼。
 レスター医師は、充分な治療ができないという理由と、妻を想う気持ちもあって、エルヴェの受け入れを拒否。
 しかし、セシリアとエルヴェの交流を知って、彼を療養所に受け入れる決意をした…という流れです。




【謎の手紙1】 送られてきた手紙の謎を解き、指定の場所へ行く
 手紙に書かれていたのは以下の一文。
「無限に続く道で、己の足跡を辿れ」
 舞台は無限回廊・永劫回帰です。
 取り敢えず進んでみると、ハズレの通路が封鎖されており、一本道になっています。
 各部屋には、フォークスが1体だけ居て、最後の部屋には複数体現れました。
 そのままブラフマの塔へ…と思いきや、何故かスタート地点に戻ってきてしまいます。
 なるほど、これが 『無限に続く道』 か。
 では、己の足跡を辿れ、というのは最後の部屋から引き返せということ?
 取り敢えず、最後の部屋まで進み、フォークスを倒して、元来た部屋に戻ると…
 いきなりスタート地点に戻されました(;´Д`A
 もう1度、部屋を一回りして、スタート地点に戻ってくると、キーツの台詞が変わっていたのでもう1周。
 すると、今度は反抗側住人が居て、ヒントをくれました。
 5つの部屋にフォークスが1体ずつ居て、最後の部屋には5体までフォークスが出てくる…。
 Σ(゜Δ゜*) あっ、そうか!!
 己の足跡というのは、通路や部屋のことじゃなく、フォークスのことだったんですね。
 最後の部屋のフォークスを、遭遇した順に倒していけば良いってことか!
 手順通りに倒すと、カチャリと門の開く音がして、ブラフマの塔に行くことができました。
 そこで待っていたのはファーダリク。
 「面白かっただろ?それとも簡単すぎたかい?」 と言われましたが、
 すみません、ヒント貰っちゃいました…(;´Д`A
 かなり面白かったですよ。
 謎の手紙2も期待してます(*´∇`*)




【フリジーのお相手】 フリジーが恋する相手をつきとめてほしい
 泣き女のフリジーに片思いするジミーを慰めて欲しいと言われて無限回廊まで。
 戦闘は不要で、各所にいるハーフライフたちから話を聞いていけば良いだけですが、
 キーツとハーフライフたちの会話が、非常にツボでした。
 情報を集めていくと、彼女の片思いの相手には角があるそうな。
 角のあるハーフライフと言えば、ジミーくらいしか居ません。
 もしやこれは両思い…?と、ジミーをフリジーのいる面会室へ向かわせるキーツ。
 まぁ、結果は…言わずもがなですが、妙にハーフライフたちと馴染んでいるキーツが愉快でした。
 ジミーとキーツの可哀想な面白さは、一見の価値有りです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
メガネザルの悲哀
    コメント(0)