さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年05月22日

海底都市の過激な漁業


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.31
キーツ編 第三章 『忘却』
  ~海底都市・フォークロア戦~
 結局、キーツもフォークロアと戦うんですね。
 これまでのフォークロアは、エレン編もキーツ編もまったく同じ姿形でしたが、
 今回に限り、色がちょっと違うような気がします。
 そう言えば、フォークロアに呑み込まれた海底都市の王は双子でしたな。




 キーツは思いがけず、忘却の沼でレスター医師に遭遇しました。
 医師は、巨大な怪物に取り込まれてしまったエルヴェを助けて欲しいと言います。

 ポータルがあるのに、フォークスがいる…と思ったら、海底都市の住人たちでした。
 昔はフォークロア・ブリガンティアを、海ごと凍らせて捕まえていたのだとか。
 ご、豪快な……(;´Д`A




 戦う場所は違えど、フォークロアは変わらず、その行動パターンもエレン編と同じです。
 直前のエリアで入手した 『海底都市の絵本ページ5』 によれば、
 オイシュキーでしっぽを凍らせ、オグマで切断。
 残った頭部はエクセドラで凍らせてから、ガルガンチュアで砲撃とのこと。
 しかし、別に絵本どおりでなくても構わないのは重々承知していますから、
 より使いやすいクラーケンを起用することにしました。
 射程距離があり、持続時間も長いため、ブレスを吐けば、まず間違いなくしっぽに当てられます。
 しっぽが凍ると動きが鈍るので、駆け寄って輪切りにしてやりましょう。
 頭部だけになると、エレンのときと同じく、高速回転しながら暴れ回ります。
 大暴れが終わったら攻撃チャンス。
 アイスブレスで凍らせて、砲弾をぶち込み、IDを吸収してしまいます。
 …もう少し難易度が高ければ、もっと面白くなるんですけどね、このゲーム。




 フォークロアから解放されたエルヴェに、後悔と謝罪を口にするレスター医師。
 一方、エルヴェはレスター医師に感謝していると告げました。
 医師が救えなかったと悔やんでいるセシリアも、本当は生きているのだ、とも。
 レスター医師の魂は、その言葉によって、安らかな解放を迎えます。
 そして、エルヴェもまた、「エレンを守って」 という言葉を残し、消えていきました。

 やっぱり、エレン=セシリアなんでしょうね。
 プロローグから、誰もが疑っていたことが、4章にして、まだ明言されていない…。
 もうちょっと意外な展開があるか、明らかになる情報量が多いと、もっと良いストーリーになるんですが。




 村へ戻ったキーツは 「教会の机に遺書がある」 というレスター医師の言葉に従い、
 机から探し出した遺書により、彼が自殺を考えていたことを知ります。
 その原因は、17年前に幾人もの村人が亡くなる切っ掛けを作ってしまったこと、
 それに関連して、再び村で死者が出たことへの罪の意識でした。
 遺書に記された言葉の真意、そして医師が殺害された理由とは…。

 レスター医師とエルヴェの会話を聞くに、エルヴェの死が “切っ掛け” だとは思えません。
 すると、セシリアが大怪我を負って、九死に一生を得たことが “切っ掛け” ?
 しかし、遺書を書いた時点でレスター医師は、セシリアが死んだと思っていたわけですから、
 現在のレムリック村で起きた事件は、セシリアが死んでいても成り立つ理由によって、
 引き起こされたと考えていたことになりますよね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
海底都市の過激な漁業
    コメント(0)