さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年05月18日

海底のドラゴン


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.29
キーツ編 第三章 『忘却』
  ~海底都市・忘却の沼~
 エレン編でフォークスをダウンロードしたので、キーツ編でも使用可能になっています。
 バカタール加藤は、周囲に発射したペンが爆発する炎属性。
 ポリタンは、切断属性攻撃の後、氷塊を落下させる攻撃。
 ゲーマガ編集長ウメは、前方に紫の薔薇を射出します。
 キーツ編では、ゲーマガ編集長ウメの使い勝手が非常に良いですね。
 距離も範囲も申し分ない連続攻撃が可能で、尚かつコストパフォーマンスも良好。




 待ちかまえていたリヴァネは、この奥の海底宮にフォークロアが居ると言います。
 かつて海底都市の王だった者も、既にフォークロアに取り込まれてしまったのだとか。
 しかし、忘却の沼へ行ったエルヴェも、引き留めなければなりません。
 海底宮と忘却の沼、両方へ行く時間が、既に残されていない今、どちらかを選ばねばならないでしょう。
 そのとき、2人の前に、エレンを伴った妖精王が現れました。
 リヴァネの姿に気色ばむ妖精王と、幾多の伝達者を犠牲にしてきた王を非難するリヴァネ。
 一方、キーツは自分の姿を見て驚くエレンに、エルヴェが忘却の沼へ向かったことを告げます。

 エレン編での選択が反映されますので、エレンは海底宮へフォークロアを倒しに行きます。
 それを受けたキーツは、エルヴェを追うため、忘却の沼へ。




 忘らるる海底宮よりも、エリアの色調が暗く、不安になるステージです。
 お出迎えしてくれたのは、クーシーによく似たセルキー
 攻撃方法もまったく同じで、回転突進・誘惑範囲攻撃・氷柱落下の3種です。
 海底都市は姿がそっくりで、名前が違うフォークスが多いんですね。
 クーシー同様、弱点発見に手間取りましたが、こちらは地属性でIDを確認。
 使役フォークスとしての能力は、相手のいる場所に氷を落下させることができるようです。
 しかも、イラストの方もバッチリ可愛いぞ(*´∇`*)
 ただしこれは、醜い妖精が毛皮をかぶっているフォークスなんだそうな。
 それでも構わん(・´ェ`・)

 その奥のエリアから、ヒツジのような鳴き声と共に現れたオイシュキー
 体の周りに氷を纏って防御するか、その氷を前方にバラバラと落として攻撃してきます。
 しっかし、キーツ編の海底都市は、氷属性ばかりが登場しますな。
 エレン編の方は、別に水属性が多いということもなかったのに。




 続くエリアは、既出のフォークスばかりでした。
 しかし、それらを倒すと、『海底都市の絵本ページ4』 が出現。
 蝙蝠のような翼を持つフォークスを、ガルガンチュアで撃ち落とし、
 ヒンキーパンクで燃やしている挿絵が描かれています。
 4ページ目ということは、フォークロア前に出てくる中ボスだよなぁ…。
 などと考えながら次のエリアへ向かうと、またも絵本のページを入手しました。
 ∑( ̄Д ̄;) 今更1ページ目!?
 描かれているのは、セルキーの対処法でした。
 絵本無しで試行錯誤するのは楽しいから良いのですが、ちょっと吃驚。




 (; д )  ゚ ゚ 龍が出た!!?
 飛ぶというより泳ぐような所作で現れたのは、中ボス・エクセドラ
 さっそく、絵本の挿絵に従って、ガルガンチュアを配置しますが…
 届かぬ……(ノд`)
 こいつの射程って、こんなに短かったっけ?
 もたもたしているうちに、颯爽と飛び去っていくエクセドラ
 慌てて徒歩で追いかけるキーツ。

 エクセドラの攻撃は、3種に大別されます。
 1) 地面に幾つもの氷柱を発生させる →地面が凍ってから氷柱が出るので、それを見れば回避可能
 2) 口から冷凍光線 →光線を吐きながら滑空する場合もあり
 3) 青く光る氷塊(?)を吐き出す →氷塊はゆっくりと前方に飛び、着弾点には、長時間氷柱が発生

 真下に冷凍光線を発射することはできないようなので、光線を吐いている間に奴の下へ潜り、
 ガルガンチュアの砲弾をお見舞いします。
 すると、まさに “撃ち落とされた” という言葉がふさわしい可哀想な落ち方をしてきました。
 すかさず駆け寄り、バカタール加藤の範囲火属性攻撃と、
 ヒンキーパンクの連続火属性攻撃のダブルパンチ!
 上空に居るときは攻撃できないだけあって、ここでの攻撃チャンスは結構長くとられていました。
 エクセドラが再び舞い上がれば、また砲撃で撃ち落とさねばなりません。
 そうなるとガルガンチュアの狙撃性能の悪さに悩まされます。
 元々、こいつは着弾地点で範囲攻撃を行うというのがメインで、狙い撃つタイプではないんですよね…。
 ターゲットに動き回られると、まず当たりませんので、やはり冷凍光線発射時が狙い目。
 ただし、本当の真下に入ってしまうと、砲撃が当たりにくいんですな、これが…(;´Д`A

 そんなこんなを繰り返し、ようやくIDが赤くなりました。
 吸収方法は “タイミング” ですが、非常に間隔が短くなっていますので、より集中力が必要です。
 あっ、と思って引っ張ると、もう緑に変わっていた、なんてことが頻発。
 間違えて緑のときに引っ張るより、赤くなった瞬間を見逃す方が、被害は少ないので、
 ゆっくり狙っていきましょう。
 さて、使役フォークスになると、あまり優秀といった印象はない中ボスフォークスですが、
 エクセドラの場合、氷塊攻撃が使用可能らしいです。
 冷凍光線が良かったんだけど……(´・ω・`)




【本日のフォークス】
 セルキー:氷属性
  上空から敵に氷塊を落とす。ボタン連打で複数回攻撃可能。
 オイシュキー:氷属性
  前方中範囲に氷を落下させる。
 エクセドラ:氷属性
  遠距離型の氷塊を撃ち出す。
 アファンク:氷属性
  打ち下ろし攻撃を行い、周囲に氷結範囲攻撃。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
海底のドラゴン
    コメント(0)