さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年05月08日

能ある鷹は鼻に赤ペン


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.26
エレン編 第三章 『幼な子たち』
  ~海底都市・忘らるる海底宮~
 カルマ解放タイム中、アスキディアの居たエリアで、『深海の霊衣』 を入手しました。
 最初のエリアに居た妖精界住人が 「海底都市のフォークスが皆で宝を守っている」 とか、
 「すべて倒せば手に入る」 とか言っていたのは、このことらしいです。
 確かに、マラバリクを倒した時点で、すべてのフォークスが揃ったんですよね。
 ちなみに霊衣は、人魚を思わせるデザインの可愛らしいものでした。 色はド派手ですけど。




 フォークロアを倒し、自分の過去を知りたいというエレンに、スケアクロウは
 崩壊しつつある海底都市の現状を示します。
 ここが忘却に包まれる前に、フォークロアを倒さねばなりません。

 妖精界の住人から興味深い言葉が飛び出しました。
 3体目のフォークロアを倒すことは、「バラールの封印」 と解くために必須なのだとか。
 …初めて出てきたぞ、その単語。
 異界真央に行くために、その封印とやらを解かなければならないのですかね?




 実は、ここから新たな使役フォークスが3体増えています。
 無料でダウンロードできるファミ通プレゼンツのふざけたフォークスたち。
 鼻に刺さった赤ペンを飛ばして攻撃するバカタール加藤
 爪で攻撃するポリゴン野郎・ポリタン
 睡眠属性の紫の薔薇を飛ばすゲーマガ編集長ウメの3つです。
 有料でダウンロードする追加パックもあったのですが、クエストやフォークスが増えるだけなので見送ります。
 他の2つはそうでもないものの、バカタール加藤が高性能でビビりました(;´Д`A
 周囲に攻撃を発射し続けるため、エレンをガードする役割も兼ねているうえ、
 MC消費がやけに低いという、脅威のコストパフォーマンス。
 群がってくる敵には、大いに有効ですね、これ。


 早速、ホブルディ相手に使ってみましょう。
 攻撃が当たっている間は、相手がのけぞり、硬直状態になるので、その間にエレンも攻撃攻撃!
 すると、マシンガンでチマチマやっているときとは比べものにならない早さでID吸収できました。
 何て便利なんだ…(´Д`;)
 ちなみにここで、フォークロア対策が描かれた絵本のページ5を入手。
 ホブルディで痺れさせ、フラキナスでしっぽを切断。
 すべて切り落とし、残った頭を再びホブルディで感電させたら、
 ガルガンチュアの砲撃で、トドメを刺すらしいです。




【海底からの声】 海から聞こえる声の正体を暴く
 初めて昼間のパブでクエストが受けられました。
 しかし、依頼を受けて、海底都市へ行ってみると、困っていたのは妖精界住人。
 ペンダントを無くしたので、探してきて欲しいというものです。
 あれぇ?
 妙だと思いつつも話を聞くと、ホブルディのたくさん居るところで落としたんだとか。
 (; д )  ゚ ゚ たくさんすぎるだろ!!
 狭いところに5~6体のホブルディがたむろしています。
 感電→電撃→吹っ飛ぶ→感電→電撃…とハメコンボを喰らい、危うく死にかけました(;´Д`A
 しかも、せっかく倒したのに、「やっぱりドラケイが居た道かも」 と言いやがりました。
 (*´ェ`) ふざけんなよ、コノヤロウ。
 それもこれも、絵本のページ3のためです、我慢しましょう。
 あらかたドラケイを倒したら、妖精さんのペンダントを入手。
 届けてあげると、御礼に絵本のページを頂戴しました。
 レムリック村に戻ってくると、マスターは何だか意味ありげな態度…。
 この人、本当にただの人間かなぁ?
 ちなみにこの依頼、キーツの 【盾の壁】 と同じく、何度でも受けられます。
 報酬がカルマ解放アイテムに変わっており、ペンダントの落ちている場所も変更されていますが。




【怒りのマラバリク】 マラバリクを退治する
 住み処を荒らされて怒っているマラバリクが、暴れ出す前に退治するという横暴な依頼です。
 しかも、場所は忘却の沼。
 ………行っている暇がないんじゃなかったんか(;´Д`A
 エレンはエルヴェを助けに行くのが前提ですか?
 『Folks Soul』 は、クエストと本編で、辻褄の合わない台詞が多いのが残念です。
 チャーリーのクエストを受けているにも拘わらず、ハーフライフたちが彼の演奏を聴きたいと言ったりね。
 図らずも、エレンで海底宮と忘却の沼、両方に足を踏み入れることとなったわけですが、
 標的のマラバリクは、ペッグボウラーの居るところに現れるそうです。
 しかし、警戒心が強くなっているので、戦闘などしては出てこないだろう、と。
 つまり、出現するまでひたすらペッグボウラーから逃げ回らなければならないようです。
 最初は気づかれないよう身を潜めていたのですが、相手が近づいてきてしまって発覚。
 ひたすら水流攻撃から逃げ回っていると、ついにマラバリクが登場しました。
 必然的に、ペッグボウラーたちも同時に相手をしなければならず、少々苦戦…。
 どちらもIDの吸収に時間が掛かるので、吸収はしません。
 マラバリク一点集中で攻撃を行い、IDが赤くなっても尚攻撃!
 撃破すると、自動的にクエストが終了し、村に戻ることができました。
 今回の報酬は、何とレアフォークス・コロブナ
 ちっちゃなフォークスですが、とことこ歩いていって自爆するというエグい特技の持ち主です。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
能ある鷹は鼻に赤ペン
    コメント(0)