さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年05月04日

イヌアザラシブーム到来


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.24
エレン編 第三章 『幼な子たち』
  ~海底都市・波下の古都~
 今度のステージも、妖精界に負けず劣らず美しいところです。
 ちなみに黴は、時折、もの凄く深い海に鮫やら巨大な魚やらが悠々と泳いでいて、
 自分はその上を恐る恐る泳いで進んでいる、という夢を見ます。
 怖いです。




 スケアクロウは、この海底都市を、忘却に侵されていると言います。
 異界で最も恐ろしいのは、忘れ去られてしまうということ。
 人々の記憶から消えつつある海底都市は、まもなく消滅してしまうでしょう。
 その前に、フォークロアを倒し、エルヴェやレスター医師に会わなくてはなりません。

 妖精界も最奥は、忘却が迫っているとか何とか言ってましたっけ。
 そういう意味では、戦争界が一番忘却から遠いのかな?
 現代人の死のイメージですからね。

 この海底都市には、妖精王も姿を見せていました。
 王はエレンに、自分たちの目的が、異界の最深部・異界真央へ到達することだと告げます。
 異界真央に行けば、エレンの力で、5000年前に崩壊させられた異界の理を正せる…と。
 また異界真央は、5つの異界と自らの苦悩を乗り越えた者だけが辿り着ける場所。
 そこへ辿り着くまでには、エレンの失われた過去も取り戻せるだろう、と妖精王は言いました。

 リヴァネが何か大事件を起こしたのは、5000年も前のことだったんですね。
 となると、17年前の出来事とは、まるで別のお話になるのか…。
 しっかし、最終的に異界真央で、エレンが生贄みたいなことになるんじゃないかと不安でなりません。
 リヴァネよりも、妖精王の方が信用ならないんですよねぇ。




 海底都市のトップバッターはアズレイ
 銛を携え、ビキニをつけた女性型の小さなフォークスで、突進攻撃を行ってきます。
 攻撃スピードが、ホークの突進よりも早いので、侮れません。
 そんなアズレイたちが、ペットにしているというのが、犬?型フォークス・クーシー
 ちっちゃなアザラシみたいで、確かに可愛らしい…(*´∇`*)
 無属性攻撃ではIDが飛び出ず、破壊属性や雷属性でも駄目。
 あれやこれやと試してみた結果、インペットの粘着属性が有効でした。
 回転しながら突進してきたり、氷の塊を落としてきたりと、なかなか多彩な攻撃方法を持っていますが、
 使役フォークスとして使ってみれば、その効果は “可愛い姿での誘惑攻撃” 。
 この可愛さなら頷ける………(; д )  ゚ ゚ 可愛くない!?
 フィールド上での愛らしさとは裏腹に、スタートボタンで見られるイラストだと、何だか怖いです。
 なんてことだ……or2




 砂地から、にょきにょきと出ている不自然な物体を発見しました。
 近づいてみると、案の定、正体はフォークスです。
 ヤドカリのような形をしたドラケイは、口から粘着液を吐いてきました。
 しかし、妖精の霊衣を着ているエレンには効果無し。
 基本的にその場から動かないので、他のフォークスと組んでいても、怖い相手ではありませんね。
 背後からの攻撃を受けて、ころんとひっくり返されてしまいました。
 可哀想に…(´m`)

 このエリアで、いきなり 『海底都市の絵本ページ4』 を入手しました。
 キーツのヒンキーパンクに似たフォークスが、まん丸いフォークスを攻撃している挿絵です。
 これは…炎ではなく雷かな?




 その先のエリアに、挿絵に描かれていたフォークスが居ました。
 やっぱりキーツのフォークスと同種のようですが、名前はホブルディ
 炎の代わりに電撃を放ってきます。
 この電撃が実に鬱陶しい!
 攻撃力もさることながら、まともに浴びると感電し、一定時間動けなくなってしまいます。
 その間に、アズレイが突進してくると、かなりのダメージ…。
 しかも、こちらの動きに合わせて回るので、かなり背後が取りにくいんですよね。
 近接攻撃で挑むのは危険なので、遠距離から何とかしたいところ。
 黴は、バラージャーのマシンガンを使うのが一番楽でした。
 キーツと違って、エレンのバラージャーは設置型で、攻撃している間、
 エレン自身がフリーに動き回れるため、リスクも少なく、使いやすいフォークスです。




 中ボスエリアにやってきました。
 待っていたのは、青色のオグマによく似たフォークス。
 異界も3つめとなれば、随分色違いフォークスが増えてきましたね。
 このフラキナスが頭を振り下ろすと、衝撃波が飛んできます。
 遠距離型の切断属性攻撃ですね。
 オグマと同じく、突進攻撃も持っていますが、接近戦に特化したあちらとは違って、
 遠距離攻撃がある分、こちらに近づいてこないので、寧ろ安心できました。
 常にロックオンしておき、バラージャーを繰り出せば、マシンガンに任せきりでOK。
 衝撃波なら横移動で、突進ならサイドステップで難無くかわせます。
 IDが赤くなり、吸収モードに入ると、また新たな吸収法 “バランス” が発生。
 IDが左右に振れるので、それとは逆にコントローラーを傾け、IDが真っ直ぐ立つようにするというもの。
 振れが大きいときには、なかなか垂直を保ちにくいのですが、
 一度真っ直ぐになってしまえば、細かく調整するだけで、どんどん吸収バーが青くなっていきます。
 しかし、妙に体が傾いでしまう吸収法ですな(;´Д`A




【本日のフォークス】
 アズレイ:無属性
  ボタンを押すと突進攻撃。連続攻撃可能。
 クーシー:誘惑属性
  自身を中心に、誘惑効果のある範囲攻撃。
 ドラケイ:粘着属性
  前方中距離に粘着液を吐き出す。
 ホブルディ:雷属性
  前方に雷撃を射出する。ボタン溜め押しで範囲拡大。
 フラキナス:切断属性
  前方遠距離に切断衝撃波を放つ。衝撃波は多段ヒットする。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
イヌアザラシブーム到来
    コメント(0)