さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年04月20日

オイルの漏れは気の弛み


『Folks Soul -失われた伝承-』 プレイ日記 vol.18
エレン編 第二章 『たった一つの望み』
  ~戦争界・フォークロア戦~
 せっかくなので、前回入手した 『戦場の霊衣』 を着ていきます。
 破壊・切断属性に強くなるそうな。




 巨大な2つの角を持つドクロが大きく口を開いている…。
 要塞に備えられたこの不気味なものは、人の生みだした死へのイメージなのだと言います。
 異界を守らなければならないと言う妖精界の住人たち。
 そのとき、死の象徴からミサイルが発射され、妖精たちは傷つき倒れます。
 攻撃を仕掛けてきたのは、戦争界のフォークロアでした。

 ドレッドノートは、カメレオンを思わせる顔をしており、長い四つ足でガシャガシャ歩きます。
 ロックオンしたところ、どうやら脚もそれぞれターゲットになっているようで、
 前足にロックオンしてしまいました。
 そのことに戸惑う黴に向かって、無慈悲なミサイルが飛んできます。
 腹の部分に、ミサイル砲台が設置されているもよう。
 自在に回転するので、360°発射可能です。
 そのミサイルをかわしていたら、今度は奴の巨体が軽々と宙を舞いました。
 バックステップで避けたにも拘わらず、位置移動して落下してきやがります(´Д`;)
 どうも、下手にロックオンしない方が良さそうな気が…。

 散々してやられましたが、ここから反撃!ここから本気!
 見れば、奴が歩いていないときは、胴部が全体的に下がり、
 言うなれば尻にあたる燃料タンクの蓋から燃料が漏れています。
 高性能な割りに造りが雑だぞ、ドレッドノート…(;´Д`A
 妖精界住人のアドバイス曰く、そこにバチッとやれば引火させられるとのこと。
 絵本に従ってガ・ポーで攻撃すると、IDが飛び出します。
 しかし、1~2発喰らわせただけで、すぐに立ち上がってしまうので、深追いは無理。
 ここでも、脚にロックオンが合うと、時間をロスするので、しない方が良いですね。
 何度か攻撃している、タンクが真っ赤になってきました。
 そしてついにタンクが破裂し、燃料がすべて流れ出てしまいます。

 続いてはガルガンチュアを投入。
 今まで雷のようなもので守られていた体が剥き出しになり、こちらの砲撃も通じるようになっています。
 しかも、ガルガンチュアにはミサイルが通じないらしく、
 後ろに隠れていれば、エレンにダメージが届くことはありません。
 そうして、周囲を回りながら砲撃していたところ、偶然、奴の脚に砲弾が当たりました。
 すると、装甲が剥がれ、バチバチと電気が走っています。
 Σ(゜Δ゜*) こういう意味だったのか!
 残り3つの脚も破壊すべく、ガルガンチュアに頑張って貰いましょう。

 すべての脚から装甲を引っぺがすと、もはや満身創痍のドレッドノート
 ただし、エレンのHPも1/3ほどしか残っていません(;´Д`A
 …と、いきなりドレッドノートがその場に崩れ落ちました。
 急いで絵本のページを捲る黴。
 ラストは、何か光っている部分を攻撃すれば良いはずです。
 よぉし、尻だな!!?
 ………頭でした(´・ω・`)
 前のめりに倒れたドレッドノートが開いた口の中に、光る球体があるのです。
 しばらく気づかず、一生懸命尻を殴っていました。
 口の中の珠をデガッサーで………
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) 熱い熱い熱い!!
 エレンが燃えさかり、HPは残りちょっぴりに…or2
 しかし、これでやり方は把握しました。
 砲撃で体勢を崩し、口の中の球体を攻撃、火を吐くので数発当てたら退避。
 これを繰り返し、ついに赤くなったID。
 すると、ドレッドノートのID吸収法は “ミックス” と呼ばれるものでした。
 “タイミング” と “ビート” が交互にくるのです。
 面倒ではありましたが、問題なく吸収!



 ついに動かなくなった戦争界のフォークロア。
 しかし、多くの妖精界住人たちが傷つき、消えてしまいます。
 ショックで倒れ伏したエレンに手を差し伸べたのは、灯台守のライアンでした。
 彼の魂はフォークロアから解放されたようです。
 17年前、教会で見たこと、そして彼の死の真相を尋ねるエレン。
 ライアンはあの日、ハリエッタと教会の裏手で会っていたのだと言います。
 そして、教会に居るエルヴェとレスター医師を見たのだ、と。
 しかし、その内容を知っているのは、レスター医師だけです。
 では何故ライアンは殺されねばならなかったのか。
 その問いに彼は、「過ちを犯した」 と言い、口ごもるばかりです。
 ライアンは、ハリエッタへの伝言だけを残し、ニモニクに戻ってしまいました。
 
 ニモニクは膨れあがり、ライアンの記憶を垣間見せました。
 そこには教会で隠し撮りした写真を前に揉めるライアンとハリエッタの姿が。
 ハリエッタは、写真に関してレスター医師に何らかの疑惑を抱いているらしく、
 それをライアンが否定しています。
 ハリエッタはそんなライアンに、“あの子” から話を聞き出すよう頼みました。
 彼女の言葉に従い、いつも遊んであげていた少女から、話を聞こうとするライアン。
 そして彼の死体……

 レスター医師がエルヴェの死に関わっているということでしょうか。
 しかし、そのことを少女に尋ねるのは、彼女もその場に居たと?
 やっぱりこの娘はエレンなのかなぁ?




 ライアンの望み通り、ハリエッタと共に向かった夜の教会。
 そこには、彼がハリエッタに見せたかったのであろう、夜開く美しい花が咲いていました。
 ライアンは自分を恨んでいたかと問うハリエッタ。
「目に見えないものを追うのはやめて、穏やかに暮らして欲しい」
 それがライアンの伝言でした。
 エレンの言葉を聞いたハリエッタは、17年前、教会がレスター医師の療養所だったことを告げます。
 そして、事件のことを知りたければ、彼に話を聞くべきだとも。

 これでエレン編の第二章は終わりです。
 教会で何かがあり、それに関わったライアンが殺されたこと。
 そのとき教会にはエルヴェとレスター医師が居たこと。
 1人の少女が、事情を知っていること。
 判明したのはこれくらいでしょうか。
 まだまだ全容が見えてきませんね。
 そして、キーツは誰から話を聞くことになるのでしょう?





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オイルの漏れは気の弛み
    コメント(0)