さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年02月03日

橋の下疑惑発生


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.2
 チュートリアルが終わり、本編が始まる前に、主人公のキャラメイクを行います。
 黒髪だと前作主人公・ササミと似た感じになりそうなので、金髪で緑のお目々にしてみました。
 また、前作のセーブデータを参照することで、グレイ・ウォーデンに関わる出来事を反映させられます。
 これまた楽しみな要素ですな(*´∇`*)




 フェレルデン全土を巻き込んだブライト。
 その最中、ケイラン王は将軍の裏切りにより命を落とし、オスタガーの戦は王国軍の敗北に終わった。
 ダークスポーンの群れは、オスタガーから程近いロザリングに押し寄せ、村は壊滅する。
 しかし間一髪、村から逃げ出し、難を逃れた者もあった。

 今作は、難民として逃げてきたホーク家の物語なので、生まれや種族は選べないんですよね。
 ちなみにホーク家の家族構成は、主人公・妹・弟の三兄弟と、母親です。
 主人公と弟はフェレルデンの軍に所属していたようで、軍が敗北したことを受けて、
 すぐに母と妹を連れて逃げるため、ロザリングに戻ってきた…という背景があるそうな。
 妹はチュートリアルでも登場した魔導師のベサニー。
 この世界では、魔法を使えるものは、教会の監視下に置かれ、厳しく取り締まられます。
 ベサニーのように、その監視を逃れて隠れている者は “背教者” と呼ばれ、見つかったら大変なことに…。
 弟のカーヴァーは戦士で、優秀な主人公にコンプレックスを抱いているという設定みたいです。
 説明書には、主人公と別の道を歩むようなことが書かれていますが、教会派になったりするのかな?
 ちなみに、母親は名前も 「母親」 と表記されます(´・ω・`)



 
【ロザリング郊外】
 ダークスポーンに追われながら、荒れた道を走るホーク家。
 走り疲れて足が止まった母親に、迫り来るダークスポーン。
 すかさずベサニーが魔法で攻撃し、スプーンが短剣を振るいます。
 更に、襲いかかってきた相手をカーヴァーが叩き斬りました。
 これで、ひとまず追っ手は居なくなったようです。

 父ちゃんが築いたものを何もかもなくしてしまった、と嘆く母ちゃんと、
 誰のせいで逃げるのが遅れたのかと喧嘩を始める弟妹。
 言ってる場合かよ、と諫めるスプーン姉さんですが、この面子の中で金髪だと疎外感ハンパないな…。
 いきなり “両親の本当の子じゃない” 疑惑が生じてしまったぞ、これは(;´Д`A
 ちなみに、同梱されていたDLCをインストールしたので、マバリ犬召喚が使えます。
 残念ながら 「犬」 としか表示されておらず、プレイヤーが操作することもできないみたいですね。
 前作で言うレンジャーの召喚獣と同じ扱いでしょうか。



 細い道を進んでいくと、すぐに敵が現れました。
 取り敢えず、PCをベサニーに変更して、ファイヤーボールを使用。
 前作では相当な威力と、圧倒的なFF率を誇ったスペルですが、今作では初期技に格下げです。
 直後、スプーン姉さんにチェンジして、後方から迫ってきた相手を迎え撃ちました。
 とは言え、いきなりマバリ犬が相手をスタンさせてくれたので楽勝。
 何て良い子なんだ!(*´∇`*)
 表示名はないけれど、そのうち名前を付けてやるからな。
 と、ニコニコ顔でハーロックを斬りまくる姉の背後でもがくカーヴァー。
 どうやら敵を攻撃したいのに、細い道なので詰まっているようです。
 (*´ェ`) ………脳筋め
 仕方がないので、道を譲ってあげる優しいスプーン姉さん。
 ベサニーが1人で戦うハメになっているので、援護に向かいましょうか。
 スタンボムでベサニーを襲っているハーロックをスタンさせ、背後から斬りつけます。
 幸い、スタンが解けても逃げるベサニーを追ってくれたので、存分に背面攻撃ができました。
 それにしても、前作よりNPCが上手に距離をとるようになっていますね。
 ベサニーはハーロックが追ってくると、サッと逃げ、1発攻撃して、また逃げ…という
 なかなかの動きを見せてくれました。
 この戦闘終了後、スプーン姉さんのみレベルアップ。
 新たなタレントを覚えることができたので、二刀流ツリーのバックスタブを習得します。
 よーし、これでジャパニーズ・ニンジャの仲間入りだ!



 当てもなく走る家族を制止したベサニーは、これから何処へ向かうのか、と問います。
 すると母親が、自分の故郷であるカークウォールを目指そうと提案しました。
 親戚も居ますし、かつての邸宅もあるので、都合が良いだろう、と言うのです。
 一家は、カークウォール行きの船に乗るため、まずはグワーレンを目指すことにしました。

 説明書によれば、このカークウォールという街が拠点になるようですね。
 前作は全編通して放浪の旅でしたが、今回は拠点からあちこちへ出かけていく形になるのかな?
 




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
橋の下疑惑発生
    コメント(0)