さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年01月18日

運命更新は対象者問わず


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.36
第16章 AM 4:19

 本物のシセルを止めること、カノンを救出すること、殺し屋軍団への対処。
 これらすべてを夜明けまでの2時間で成し遂げなければなりません。
 ところでミサイルは何処へ行ったのでしょうね。




AM 4:19  潜水艦 “ヨノア号”・司令室
 カバネラ警部がジョード刑事に渡した懐中時計の正体は電波受信機でした。
 そしてカバネラ警部が、不死身と解っているシセルの体に撃ち込んだのは発信機。
 これによって浮上ポイントを突き止めたジョード刑事は、潜水艦内部、しかも司令室から電話をかけてきました。
 道は確かに繋がったものの、ジョード刑事はシス司令官に見つかってしまいます。
 しかもそこで聞かされたのは、彼らがシセルとの取引を反故にしようとしている事実。
 既にチカラの源を知っていた彼らは、シセルの亡骸からアシタールを回収してしまったのです。
 魂が離れているシセルの亡骸、そしてジョード刑事は、司令室ごと潜水艦の外に排出されてしまいました。
 直後、司令室に到着したシセル(死)は、ひとまずカノンとリンネを探すため、移動を開始します。




AM 4:26  潜水艦 “ヨノア号”・機関室
 電話から手近なコアに取り憑こうとしたら、ハナスというコマンドが出ました。
 まさか…と思って話してみるとミサイルです。
 ミサイルと合流した途端、画面右手にある電話が鳴り出しました。
 移動距離の長いミサイルを先に行かせてみましたが、電話を理解していないミサイルは使い物になりません。
 ミサイルのチカラで道をつくって、シセルを電話に導かなければならないようですね。

 何故か天井から下がったネットに野球ボールやバスケットボールが入っています。
 バスケットボールが入ったネットは大きくたわみ、野球ボールは軽いので天井付近まで縮むもよう。
 これを利用してシセルが移動できるようにします。
 と、船内のどこかで爆発が起きたらしく、揺れで受話器が外れてしまいました。
 急がなければいけませんが、これで相手と会話ができそうです。
 先ほどと同じようにバスケットボールと野球ボールを 《トリカエ》 して、シセルを電話へ。
 相手は助けを求めるカノンの声でした。
 残念ながら死者の声は電話では届かないものの、電話が通じたことであちらへ移動はできます。




AM 4:31  潜水艦 “ヨノア号”・機関室
 久々に死んでる……(´Д`;)
 電話の向こうではリンネの死体が水に浮いていました。
 まずはカノンに話を聞いてみます。
 トランクに入れられて潜水艦に乗せられたカノンは、何とか逃げ出し、この部屋で動けなくなっていました。
 そこでリンネに発見されましたが、安堵のあまり気でも失ったのか、あまり覚えていないそうです。
 一方のリンネも、シセルのクルーザーに隠れて潜水艦に侵入したまでは良かったのですが、
 カノンを見つけた後、急に目の前が真っ白になって、気が付いたら死んでいたという有様。
 さっぱり解らないので、取り敢えず過去に戻ってみるとしましょう。




AM 4:22  潜水艦 “ヨノア号”・機関室
 気を失ってしまったカノンを抱き起こそうとしたとき、突然カノンが銃で殴りかかってきました。
 どうやらシセルに操られているようです。
 リンネが現れたことで復讐の失敗を悟ったシセルは、ジョード刑事を娘に殺させると言いました。
 そのとき、何処かで爆発が起こり、潜水艦が大きく揺れます。
 揺れによって崩れた天井が、カノンの上に落ちてきたのを見たリンネは、彼女を庇って死んでしまいました。


 …さて、今回は死の原因になった爆発を止める方法を探すみたいです。
 ただ、リンネの死体から取り憑けそうなコアがどこにもありません。
 まずは様子見ですね。
 やがて、カノンがリンネに銃を向けると、銃を経由して移動できるようになりました。

《トリツク》 : マシンガン → ハンドル → モニター → デンワ → ハンドル
《アヤツル>>>マワス》

 Σ( ̄ロ ̄lll) 欠陥品だろ!!
 回しただけで取れるハンドルとかどうなってんのよ、この潜水艦!
 ハンドルが落ちたことで受話器が外れたので、良いですけども…。
 ちなみに相手は、あちらの国の人間みたいです。
 もう出発してしまうぞ、と言っていますね。
 移動して何もなければやり直せば良いので、ちょっと行ってみましょう。
 すると乗組員は、「この船に浮かばれないオバケが出るという噂は本当だったようだ」 と呟き、
 足を洗う決心をしたみたいです。
 結局、電話をかけてきたのもさっきまでシセルたちが居た場所でしたし、特に収穫は無し(;´Д`A
 (; д )  ゚ ゚ いや、あったぞ!?
 リンネが 「これでこの船は優秀な乗組員を1人失った」 とか暢気なことを言ったところ、
 船の運命が変わったことになり、『運命更新!』 となりました。
 い、良いのか、そんなんで……(´Д`|||)




AM 4:22  潜水艦 “ヨノア号”
 Σ(゜Δ゜*) そうか、まだ間に合うのか!
 リンネの死の4分前ということは、まだジョード刑事たちも司令室に居ます。
 何とか司令室に乗り込んで、この取引をどうにかしないと!

《トリツク》 : デンワ → バルブ → バスケットボール → ゴミバコ
《アヤツル>>>ヒラク》
《トリツク》 : ゴミバコ → バスケットボール

 これで、ゴミ箱の蓋でバスケットボールが跳ね上げられました。
 素早くバスケットボールに取り憑けば、上の非常灯に取り憑けますが……あっっ!!
 アシタールを収めたケースがコンベアに乗って流れてきました。
 それにもコアがありますね。
 えぇい、取り憑いちゃえ!
 アシタールの入ったカプセルは、すぐ傍にあった小型潜水艦の元へ流れていきます。
 そして、その小型潜水艦に乗っていたシス司令官がカプセル内のアシタールを手にしました。
 シス司令官は、司令室を切り離すためのスイッチを押し、ジョード刑事やシセルの亡骸諸共打ち上げます。
 元々、シセルはヨノア号と一緒に沈めるつもりだったらしく、自身は小型潜水艦で脱出。
 このままヨノア号を爆発させるみたいです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
運命更新は対象者問わず
    コメント(0)