さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2008年11月18日

第壱章 『秘密めいた女』 ~庶務猫~


『葛葉ライドウ対アバドン王』 プレイ日記 vol.3
第壱章 『秘密めいた女』
 その1
 タイトルバックが、一昔前の怪奇もののようになっています。
 良いですねぇ、このレトロな雰囲気。




【鳴海探偵社】
 衆議院議員・成田 太介氏の娘であるという茜の依頼は、ある男性を捜して欲しいというもの。
 多額の手付金に心を動かされた鳴海は、依頼を快諾し、その男性・弾の捜索を開始します。

 鳴海さんは弾が茜さんの恋人だと思っているようですが、どう考えても血縁者ですよねぇ。
 だって、あの髪型……。
 ゴウトさんは、弾さんを探すと同時に、帝都に氾濫している “運” の事件を調べようと言います。
 ズボンについたバターの染み抜きをする所帯じみた鳴海さんを残し、聞き込みに向かいましょう。
 ところで今回は、ゴウト先生の “探偵手帳” なるものが存在します。
 これはゴウト先生の首輪に挟まっている小さな手帳で、何か重要なことがあると、
 筆を口にくわえたゴウトが達筆な字で語句や証言を記してくれるという優れものです。
 か、可愛い……(*´∇`*)
 そしてライドウ君、人間が書けよ……(´Д`;)
 前作の報告書もそうですが、本当に雑務をしない書生ですよね。

【矢来区 筑土町】
 聞き込みをし、町に落ちているアイテムを回収していきます。
 今回街中で悪魔が出現しないんですなぁ、吃驚だわ。
 探索の最中、筑土町平和会館横の柳の木の下で、『アカギれ四風牌』 を拾いました。
 今回も麻雀出来るのか。
 牛込め返り橋でメイド服の女性に遭遇したライドウ。
 鳴海探偵社を探しているというメイドの正体はイッポンダタラでした。
 ヴィクトルの使いだというイッポンダタラは、依頼の手紙を届けに来たというのですが…

 今作では、持ち込まれた依頼を好きに受けられる 『別件依頼』 というシステムが追加されたそうです。
 早速、探偵社に戻って依頼を受けてみると、異界・筑土町の龍穴で待っていて欲しいとのこと。
 じゃあ、志乃田に行って、異界開きをしてもらいましょうか。



【異界・筑土町】
 約束の龍穴に向かうと、ヴィクトルが瞬間移動してきました。
 何でも、業魔殿と龍穴を繋ぐ転送装置を発明したのだとか。
 依頼というのは、装置の試用とデータ採取でした。

 ダンジョンパートでも合体が出来るというのは大きいですねぇ。
 …では早速、ハイパー合体タイムに入りますか。
 異界を駆けずり回り、片っ端から仲魔にしては業魔殿へ行き、合体合体。
 パーティーをつくりあげるまで、数時間を費やします。
 その間、ライドウ君のレベルはどんどん上がり、称号もサクサク上がって行きました。

 満足するまで合体したら、あからさまに怪しいイヌガミに話し掛けます。
 イヌガミは、世の中や幸せな人間を憎んだ者の怨みから生まれたと言い、襲いかかってきました。
 確かプリンパを使うはずなので、精神無効のアルプと四属性魔法を持つアガシオンを召喚。
 アルプのオートリピートをディアに設定し、手当たり次第に魔法をぶつけてみます。
 すると、火炎が弱点の様子。
 そこで、アガシオンがひたすらアギを連発し、ライドウ君はイヌガミの攻撃を一身に受けることに。
 本当は隙を見てライドウ君も攻撃しようと思っていたのですが、良いとこ無しのまま、
 アガシオンにトドメを持って行かれてしまいました(;´Д`A

 戦闘後、居場所を求めるイヌガミを仲魔に加えたライドウの前に、
 “地獄の公爵” アスタロトが現れました。
 アスタロトは、ライドウの腕を讃え、機会があれば手合わせを、と言い残し去っていきます。




【矢来区 筑土町】
 さて、異界を堪能しまくったので、表に戻ってきましょうか。
 聞き込みを続けるライドウは、多聞天で金髪の青年に遭遇します。
 青年は弾の写真を見て、深川町方面で見たことがある、との情報をもたらしました。
 自分がライドウの 「きっかけ」 になることが出来れば、これは 「幸運」 である、と青年は言います。

 ……さっき、アスタロトは “あの方” の所へ行くと行って消えましたが、
 それって多分、ルシファーのことですよねぇ。
 まぁ、それはおいおい判るでしょうから、本筋を進めていきたいと思います。
 町の人々も、捜し人なら、羽黒組の佐竹だ、と言うので、兄ぃに会いに銭湯へ行きましょうか。



【千寿区 深川町】
 深川町の方は、前作の設定を引き継いで、顔パスです。
 また素っ裸で殴り合うハメになったら、どうしようかと思いましたが、えがったえがった。
 佐竹に弾の写真を見せると、辰巳五郎という人物について教えてくれました。
 『余所者』 とつるみ、萬年町で羽黒組にとって、目障りな行為を繰り返す辰巳。
 弾もまた 『余所者』 ならば、辰巳が何か知っているかもしれない、と言います。

 新しいマップですね、萬年町。
 深川町の北にあり、先ほどは羽黒組が居て、入れなかった町です。
 じゃあ、さっさと……行く前に、深川町を一巡り。
 遊郭には未だ入れないようですが、見せ物小屋の近くにある、のぼりの影で 『テツヤする点棒』 を発見。
 各町に1ヶずつ麻雀グッズが落ちているというわけですか?

大正妖都の純情 十四代目葛葉ライドウ レベル13
 紅蓮属 エンク :
アギ/マハ・ラギ/ディア/マカジャマ/紅蓮剣
 銀氷属 チョウケシン :
ブフ/ジオ/ザン/ディア/連撃/銀氷忠義斬
 雷電属 アガシオン :
アギ/ブフ/ジオ/マハ・ザン/マカジャマ/火炎弾/雷電忠義斬
 疾風属 エンジェル :
アギ/ブフ/マハ・ザン/ディア/火炎弾/疾風忠義突
 蛮力属 トゥルダク :
アギ/ジオ/連撃/雄叫び/大暴れ/瘴毒撃
 技芸属 タム・リン :
アギ/ブフ/マハ・ザン/ディア/鷹円弾/火炎弾/電撃弾
 外法属 アルプ :
マハ・ラギ/ジオ/ディア/パトラ/マリンカリン/呪殺弾
      イヌガミ :
ディア/プリンパ/連撃





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第壱章 『秘密めいた女』 ~庶務猫~
    コメント(0)