さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年01月08日

とりかえばやポメラニアン


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.31
第14章 AM 1:28

 今までの事態をすべてひっくり返すような事実が判明しました。
 生きている人間をもアヤツル 《死者のチカラ》 を持ったヤツが居るようです。
 特別刑務所に入っている囚人の事件も、恐らくシセル殺害事件も、そいつの仕業。
 ただ、相手がシセルと同じチカラを網羅しているとは限りません。
 何か優位に立てる点があれば良いのですが。




AM 1:28  アシタール公園
 リンネは死んでいませんでしたが何だか浮かない表情です。
 それより何より、シェフは何してるんだよ……(´Д`;)
 キッチンチキンのシェフが何故かブランコに乗っています。
 しかし、シェフが揺れているおかげで電話から移動できそうですね。
 つーか、リンネも電話の傍に居てくれないと困るでしょうが。
 さて、ブランコを経由して、グルグルジムに取り憑きましたが、この横に生えている樹…
 枝にラブレターの付いた風船が引っかかっていたり、色々と気になります。
 まぁ…取り敢えずはリンネに近づくのが先決ですかね。
 話を聞いてみたところ、オルゴールが見つからず、代わりに草むらに死体を見つけてしまったようです。
 被害者の正体は、公園の守護者を自称していたあの男性。
 魂は気絶していないようですが、特に話が聞けそうでもないので、そのまま過去へ飛ぶことになりました。




PM 8:25  アシタール公園
 かなり前から死んでいたんですね。
 張り込み中のリンジュー刑事に対して、神のイシと公園を守る活動について熱く語る男性。
 うんざりした様子のリンジュー刑事がトイレに入った直後、カノンが殺し屋に遭遇し悲鳴をあげます。
 それを聞いた男性は、悲鳴の主を助けるべく、猛然と走っていきました。
 小男がビューティーに電話を入れている隙にオルゴールを隠すカノン。
 カノンを丁重に連れていこうとした小男ですが、カノンに突き飛ばされ、何かのスイッチに倒れ込みます。
 スイッチはクレーンで吊り上げられた公園のオブジェを落下させ、オブジェはカノンの頭上に……
 と思ったそのとき、何故かオブジェは有り得ない動きで移動し、結果潰されたのは公園の守護者でした。
 こ、これがシセルが会ったカノンにコアがあった理由か?
 けれどもシセルの 《死者のチカラ》 はあくまでも取り憑いたものが本来できる動きでしか操れません。
 自分よりも強大なチカラを持つものが居るのか?と驚くシセル。

 そして、いざ 《トリツク》 画面に移行するとシセルとは別の青い炎が見えます。
 あの炎にも取り憑けるようなので、接触して……(; д )  ゚ ゚ ミサイル!!?
 ミサイルはあの後、何とか扉を開けてマンションを脱出し、カノンを追って公園へ来たのだそうです。
 しかし、殺し屋の小男が乗ったスクーターに轢かれて、再び死んでしまいました。
 そして魂が気絶から覚めたとき、既にカノンはオブジェの下敷きに……。
 ここでミサイルが 《死者のチカラ》 に目覚めたようですね。
 Σ( ̄ロ ̄lll) ミサイルすげえ!!
 何とミサイルのチカラは、コアとコアを繋いで、それらを入れ替えることができるというもの。
 先ほどオブジェが吹っ飛んだように見えたのは、葉っぱとの位置を入れ替えたからそう見えた…ってことか。
 《アヤツル》 ではなく 《トリカエ》 です。
 ただし、形が同じものでなければならないという制限付。
 これによってカノンは助かり、代わりに公園の守護者が犠牲になってしまいます。
 けれども、ミサイルの言葉によって彼が助かる道は見えました。
 葉っぱの隣の樹に、偶然、同じ形のもの…すなわち 《トリカエ》 が使える対象があったのだそうです。
 距離が足りず、あのときは届きませんでしたが、シセルと協力すれば何とかなりそうですね!(*´∇`*)




PM 8:25  アシタール公園
 可愛いミサイルアイコンをタッチすると、《トリカエ》 が使えるようになるみたいです。
 《アヤツル》 と 《トリカエ》 を駆使して頑張りましょう。
 公園の守護者は走ってきて、ブランコに飛び乗り、思い切り漕いでダイブし、グルグルジムにしがみつきます。
 そのままの勢いで回転するグルグルジムからシーソーに着地。
 そして死亡現場まで駆け込んでくるのですが、シセルとミサイルは彼の方を止められないかと考えます。
 では…まず、シセルとミサイルをシーソー付近まで移動させ、タイヤと野球ボールを 《トリカエル》。
 そして、グルグルジムの中にあるバスケットボールとタイヤを 《トリカエル》。
 ところが、この辺りで公園の守護者がシーソーまで来てしまいました。
 これではどうにもならないので、何とか足止めをしなければならないそうです。
 公園の守護者の魂から得たヒントによれば、遊具を利用して足止めするしかない、と。
 そして遊具はブランコ、グルグルジム、シーソーの他にもう1つあると言います。



 それでは再挑戦。
 ミサイルとシセルそれぞれの移動をスムーズに行い、ミサイルは樹の上で待機。
 シセルは公園の守護者がグルグルジムに乗ったところで、そのグルグルジムを 《アヤツル>>>マワス》。
 すると回転スピードに耐えきれなくなった公園の守護者は半分落ちかけながら回り続けます。
 どうやら時間稼ぎはこれで良いようですね。
 シセルもビラのコアに取り憑いて樹の上へ移動。
 ここで操れそうなのは、風船に付いたラブレターくらいです。
 どうなるのか解りませんが、《アヤツル>>>ユラス》 と、枝から外れましたが、また1つ上の枝に引っかかりました。
 これで、その近くの枝に引っかかっているカサに取り憑くことができます。
 このカサを 《アヤツル>>>トジル》 と、閉じたカサの取っ手が、ラグビーボールの下の枝に掛かりました。
 ミサイルは、カサが当たっていればラグビーボールが落ちたと言いますが、シセルの見解は違うようです。
 じゃあ……この引っかかった状態で 《アヤツル>>>ヒラク》 と宙ぶらりんの状態でカサが開きました。
 あ、この位置、公園の守護者がシーソーに乗ったとき、跳ねたボールが入りそうだな。
 今は、バスケットボールがシーソーの上にあります。
 これ、カサの中に入るかな?
 ないっしゅー!(*´∇`*)
 バスケットボールは見事にカサの中に入り、その衝撃で木の枝が揺れました。
 しかし、重さが足りなかったみたいです。
 ここからタイヤへは、ミサイルでも届きません。
 ということは、シーソーで飛ばすのはタイヤじゃなきゃダメだったってことか?
 いや、恐らくタイヤそのものだと重すぎて飛ばないでしょう。
 一旦、バスケットボールを傘に入れて、それをタイヤと交換するのではないでしょうか。
 そうなると、タイヤは元の位置に置いたまま、野球ボールとバスケットボールを交換しておくだけで良さそうです。

 再々挑戦!
 やることは先ほどとほとんど同じですが、グルグルジムに入れておくのは野球ボールです。
 バスケットボールはシーソーの上に、タイヤは初期位置に置いておきました。
 そして、バスケットボールがカサに入ったら、それをタイヤと 《トリカエ》!
 やはり、タイヤの重みで枝がたわみ、ラグビーボールがドラム缶の中に転がり落ちました。
 ゆけぃ、ミサイル!!
 『更新完了!』





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
とりかえばやポメラニアン
    コメント(0)