さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年12月30日

人質ゆったり機能付トランク


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.27
第11章 AM 12:10

 一見すると、何をどうして良いかさっぱりなのですが、できることを全部やった後に
 最初からやり直すと、何となく道筋が見えてきます。
 この辺の難易度調整は素晴らしいですね、このゲーム。




AM 12:10  ???
 パーティーでもあるかのように飾り付けしてありますが、その飾りはボロボロになっており、
 何となく廃墟っぽい雰囲気の部屋が、奴らのアジトです。
 でも、室内の装飾とか置いてある小物とか、ゴミ捨て場の管理棟地下室に酷似しているような…。
 さて、ビューティーの元に、レストランで一緒だった小男がやってきました。
 どうやら警察の包囲を振り切って逃げてきたようです。
 そして彼の持つトランクの中身は本当の人質。
 電話で聞かせた声は録音でしたが、誘拐していないわけではなかった、ということですね。
 ビューティーは入れ替わりに外へ出て行き、小男はトランクを前に居眠りし始めました。
 シセルは、トランクの中の人質を救出すべく、動き始めます。


 1番手近のロウソクに取り憑いてみると、《アヤツル>>>モットモエル》 が可能。
 ロウソクの炎が高くなり、天井から下がっていた紐を燃やしていきます。
 紐は星の飾りに繋がっていましたが、紐が切れたことで、飾りが1つぶらんと垂れ下がりました。
 ぶら下がった飾りを 《アヤツル>>>ユラス》 と、星飾りが紐から外れてすっ飛び、天井のファンに引っかかります。
 ファンモーターを 《アヤツル>>>モットマワス》 で風が起こり、テーブルの上のボールが転がり落ちました。
 益々、あの部屋に似ていて気になりますが、今はトランクを目指しましょう。
 右手の星の飾りを経由して、トランクの近くにあるロールスクリーンに取り憑きます。
 ただ、《アヤツル>>>オロス》 でも、トランクには届きません。
 それならば、ロールスクリーンの右手にある燭台を 《アヤツル>>>ウゴカス》 してみましょう。
 向かって右側に傾きましたが、これ以上は特に何もなし。
 シセルが火を付けてみたい気がすると言いました。
 今のままではトランクに届かないので、経由できる新たなコアをつくれないか、と言うのです。
 どこからか火種を持ってくるわけか。
 火種というとキューピッドの矢ですが、ここのキューピッドは箱の中に放り込まれているみたいなんですよね。
 では、燭台の隣にある吊り棚はどうでしょう。
 上には置き時計が乗っているのですが、《アヤツル>>>ユラス》 と、吊り紐が今にも切れそうだと発言します。
 しかし、揺らすだけではどうにもならないらしいですな。

 右ルートが行き詰まったので、さっきのボールまで戻って、これを弾き飛ばしてみましょうか。
 ボールの後ろにある棚の扉に取り憑いて、《アヤツル>>>ヒラク》。
 これでボールが勢いよく飛んでいきます。
 トランクまでは届きませんでしたが、小男の座っている木箱の後ろで止まりました。
 これでボールを経由して、バランストイに取り憑けるようになります。
 バランストイは今のところ、操ってもどうにもならないもよう。
 なら、クラッカーはどうでしょうか。
 テーブルの上のクラッカーを 《アヤツル>>>ナラス》 で紙テープが天井のファンに引っかかりました。
 床のクラッカーを鳴らすと、色とりどりの紙テープはバランストイと吊り棚横の燭台にまで届きます。
 この状態でバランストイを 《アヤツル>>>マワス》 してみますか。
 …おっ、色テープが持ち上がって、ほぼ水平になりました。
 じゃあ、ファンの紙テープに着火すれば、それで色紙テープにも火がつけられるんじゃないでしょうか?

 天井のファンモーターを 《アヤツル>>>モットマワス》 で紙テープの位置を調整し、
 ロウソクを 《アヤツル>>>モットモエル》 と、紙テープに火がつきました。
 燃えた紙テープはちぎれて飛んでいき、その際、バランストイの右手にあるロウソクに着火。
 予想とは違いましたが結果は一緒ですね。
 バランストイを回すと色紙テープが持ち上がり、導火線となって燭台に火がつきます。
 傾けてあったおかげで、そのまま燭台の火が、吊り棚の紐を焼き切り、置き時計が落下。
 これでトランクへ続く道ができたわけです。



 早速、トランクを 《アヤツル>>>ヒラク》 と、中から出てきたのは、優雅に本を読むカノン。
 何となく、人質の声が聞こえない時点でそんな気はしていました(;´Д`A
 キッチンチキンにも現れないし…。
 これはエイミンと間違われて、誘拐してこられたってことですよね。
 この局面でビューティーも戻ってきてしまいましたし、果たしてカノンは逃げられるのでしょうか。




AM 12:21  ???
 カノンに本やジュースを与えていたのは、誘拐してきた小男だったようです。
 汚いところで悪いが…と言う小男に、“自分の家” を悪く言われたカノンは怒ってしまいました。
 このアジトがカノンの家だと聞いて驚く殺し屋。
 ビューティーは、ここを指定したのは取引相手で、自分は何も知らないと言います。
 小男はビューティーの食事を用意するため、部屋の外へ。
 シセルもカノンを助けるために動き出しました。
 ところが、トリツク画面に移行してみると、カノンにコアが見えます。
 シセルがカノンを助けたとき、死んでしまったのはミサイルでカノン自身ではありません。
 そうなると、カノンはあの後1度死んで何者かに救われた、とシセルは推理します。

 カノンに話しかけてみると、前回 “死んだ” ときの記憶はハッキリしないようです。
 誘拐されたのはアシタール公園を抜けて、キッチンチキンへ向かう道中。
 ただ、大事なオルゴールだけは公園の樹の中に隠すことができたそうです。
 また、カノンはやはりジョード刑事の娘で、今はリンネとミサイルと一緒に暮らしているもよう。
 5年前の事件についても聞くことができました。
 カノンの母を殺害したのは、管理棟の地下にあったものとまったく同じ仕掛け。
 しかも、その仕掛けを作ったのは、母親を驚かせようとしたカノン自身だと言います。
 元々は、シセルがリンネを救ったときのように、キューピッドの炎は反対側に発射され、
 玩具のケーキに火を灯し、クラッカーを鳴らすはずでした。
 それが、何らかの理由で失敗し、拳銃の発射に繋がったらしいのです。
 ジョード刑事はカノンを庇うため、自ら死刑を望んだのだとか。

 カノンとの会話を終えると、戻ってきた小男にビューティーが撤退を指示しました。
 取引相手は現れず、ビューティーの霊感が部屋に居る何者かの存在を告げている…。
 ビューティーは部屋に潜む何者かに、「次に気配を感じたら人質の命はない」 と言い、
 カノンを連れて出て行ってしまいました。
 シセルは殺し屋が “死者のチカラ” について知っているのではないかと疑います。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
人質ゆったり機能付トランク
    コメント(0)