さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年12月27日

装飾過多の執務室


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.24
第10章 PM 11:41

 ジョード刑事の繋いでくれた電話で、法務大臣の執務室へ飛んできたシセル。
 珍しくリンネは死んでいないようですが、だからと言って死者が居ないわけではないのがこのゲームです。




PM 11:41  法務大臣執務室
 大臣が死んでる……(´Д`;)
 トリツク画面に以降すると、机の影に遺体が見えました。
 机の影で四つん這いになっているリンネは、その遺体を揺さぶっているもよう。
 このまま遺体にも取り憑けますが、取り敢えずリンネと話をしましょうか。
 シセルはジョード刑事の “もうひとつの殺人事件” を除いて、リンネに刑務所での一部始終を話します。
 リンネの方は、執務室へ来たとき、既に法務大臣が死んでいたと言いました。
 彼女との会話はこれで終わりみたいなので、法務大臣の亡骸とリンクしてみます。
 生憎、気絶しているようで話をすることはできませんでしたが、気絶していても助けられるので無問題。
 死の4分前へいってきまーす。




PM 11:31  法務大臣執務室
 机に向かって黙々と仕事をしていた法務大臣。
 突然の電話に飛び上がるほど驚きましたが、その内容にはもっと驚愕しているようです。
 その電話を切った直後、どこかへかけますがどうやら通じなかったもよう。
 激しく興奮した大臣は、どうも発作を起こしてしまったらしく、必死に薬に手を伸ばしますが、
 薬が机から転がり落ちてしまい、手の届かないところへ…。
 水差しにもわずかに指が掛かっただけで、手に取ることはできないまま、死に至ったわけです。

 シセルがすべてを見届けたところで、法務大臣の魂が目を覚ましました。
 しかしながら、自分が目の前で死んでいった人物であることは気づいていないようです。
 自身の死を客観的に見て、愚かで無様な男と評しました。
 シセルに名を問われ、思い出せないことについては 「真理の探究者」 と名乗って誤魔化しています。
 そんな彼と一緒に、彼自身の死を回避することにしましょう。



 まずは電話に取り憑いて、内容を聞くことから始めます。
 電話の相手はキッチンチキンで見た殺し屋・ビューティーからで、娘のエイミンを誘拐したと告げる電話でした。
 電話口でエイミンの声を聞かせていますが、画面にエイミンの姿は映っていません。
 ということは、本当に誘拐されたわけではない可能性もありますね。
 要求は “先日伝えたとおり”、処刑を執行すること。
 刑は執行されると告げる大臣ですが、ビューティーは刑の執行を確認するまで
 エイミンを解放するつもりがないもよう。
 さて、ここでビューティーの元へ移動するかどうかの選択を迫られます。
 うーん……大臣の死を回避するには執務室に居なければいけないんですよね?
 そして、電話は2度かかってこなかったということは、大臣を助けるためには留まるのが正解でしょう。
 しかし、移動すれば色々と情報が収集できそうなので、今行っちゃうことにします。




PM 11:31  ???
 やはり、ビューティーが聞かせていたのは録音されたエイミンの声でした。
 どうやら母のエンマと喧嘩をしているときの声みたいですね。
 ただ、ビューティーが電話を持ったまま壁際に立っており、そこから取り憑けるコアがないため、
 何も出来なくなってしまいました。
 しかも部屋はロウソクで照らされる狭い範囲しか見えず、画面スクロールでも様子を伺うことができません。
 トリツク画面でかろうじて一画面分は見えるんですけどね。
 これ以上、手に入りそうな手がかりはありません。
 シセルの発言を聞いても、ここに来たのは単なる失敗でしかなかったみたいです。
 しょうがない、やり直すか。




PM 11:31  法務大臣執務室
 ビューティーからの電話の後、法務大臣は妻・エンマに電話をかけ、安否を確かめようとします。
 しかし、あの紫のマダムは怒り狂っており、電話に出る気がないですからね。
 繋がらないのも当然です。
 まぁ、今回はマダムに繋がらなくても結構。
 薬瓶と水差しが何とかできれば良いわけです。
 薬瓶を調べてみましたが、蓋を開けたり倒したりすることはできなそう。
 一方、水差しも特に何もできませんでしたが、その横にある旗を 《アヤツル>>>ハタメク》 ことが可能。
 多分、落ちそうになった水差しをこれでカバーすることはできると思います。
 薬瓶の方は……吹っ飛ばされるときに取り憑いてみますか。
 何もできないようなら、こっちはハズレなのでしょう。

 さぁ、いよいよ発作が起こり、死まであと3秒というところで、薬瓶は弾き飛ばされました。
 薬瓶は甲冑の置物の足下に落下。
 甲冑に取り憑いて動かせるようですが、その向こうのカーテンにも取り憑けました。
 うーん……カーテン気になるなぁ。
 カーテンを 《アヤツル>>>シメル》 ことで、向こうの甲冑にも取り憑けそうなんですよ。
 時間の無駄かもしれませんが、やってみます。
 無駄だった……(´Д`;)
 甲冑を経由して、天井付近に飾られている額縁入りの剣の留め金を外したり、
 地球儀を回したり、色々出来たのですが、法務大臣のピンチには何ら関係がないようです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
装飾過多の執務室
    コメント(0)