さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2008年05月30日

Review 『GOD HAND』


Review 『GOD HAND』
総合評価 ★★★★☆

 発売元:カプコン(開発:クローバースタジオ)
 ジャンル:ゴッドアクション
 発売日:2006年9月14日

破落戸に襲われていたオリヴィアを助けたジーンは、彼らの圧倒的な力の前に為す術もなく
“ゴッドハンド狩り” の餌食となってしまった。
オリヴィアは、彼の切り落とされた右腕の代わりに、かつて魔王サタンを倒した伝説のゴッドハンドを授ける。
それによって悪魔をも倒す驚異的な力を手に入れたジーンは、オリヴィアの脅迫頼みで、
人々を恐怖に陥れる悪魔達と闘うことに…。

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★★
 ジーンは様々な技を覚えていきますが、それに対して複雑な操作は不要になっています。
 各種ボタンや、↓□といった単純なコマンドに、お好きな技をセットしていくだけ。
 このカスタマイズ次第でジーンの性能がガラリと変わるのが面白いところ。
 ジーンはガードが出来ないので、右スティックを使っての “回避” をしなければ、
 敵の攻撃が避けられないというのもスピード感溢れる戦闘に一役買っています。
 また、○ボタンで繰り出される特殊技も面白い要素でした。
 がむしゃらにボタンを連打するだけで、ジーンがもの凄いボコりっぷりを見せてくれるのが爽快!
 難易度は激しく高いので、黴のようなへっぽこゲーマーはNORMALでも門前払いの勢いですが、
 倒れてもセーブ位置まで戻されるのではなく、コンティニュー出来るので、頑張る気力が出てきます。


操作性 ★★★★
 操作は前述の通り、複雑なコマンド入力もなく、単純なものになっています。
 従ってプレイヤーの腕を別にすれば、ストレスもなく簡単に操作することが可能。
 また、重要な要素であるスウェー&ダッキングによる回避も、遅延は感じませんでした。
 ただし、右スティックが回避に当てられているため、自分でカメラアングルを変えることが出来ません。
 見通しの悪いところや、狭い場所では、少々不自由に感じることがありました。


ストーリー ★★★★☆
 すげぇ力を手に入れて、悪いやつをぶっ倒すぜ!
 の一言で片づいてしまう、何の含みもない単純明快なストーリーです。
 複雑な因縁や、ドロドロした人間関係など微塵もありません。
 かと言って、ストーリー部分に面白みがないわけではなく、
 シュールなキャラクターとの間に繰り広げられる会話は秀逸。
 爆笑を誘うわけでもなく、クスッと来るわけでもない、強いて言うなら鼻で笑いたくなる内容です(良い意味でね)。


グラフィック ★★★★
 主要キャラクターのグラフィックには何の不満もないのですが、
 雑魚キャラに、もうちょっとバリエーションが欲しかったところです。
 ついでにグラフィックとは関係ありませんが、汎用名でもあれば良かったのに…。
 プレイ記書きにくいったらありません。





黴のお気に入りポイント
 ◆アクションのカスタマイズが可能
 ◆特殊技やゴッドリールが爽快!
 ◆厭な魅力に溢れるキャラクター
 ◆コンティニューが親切設計


黴のイマイチポイント
 ◆若干のカメラワークの悪さ
 ◆敵のグラフィック

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『GOD HAND』
    コメント(0)