さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年12月12日

キッチン攻防戦 ~チキン回転合戦~


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.17
第7章 PM 10:05

 どう頑張っても時間内にリンネの死を回避できず、何か間違っていたのかと思っていたら、
 この4分間ですべきことは、運転手の亡骸に到達することだったと気づいたときの高揚感ったらないです。
 楽しいな、このゲーム。




PM 9:59  アシタール公園
 もう1人の被害者が死亡する4分前にやってきました。
 双眼鏡でポイントXを監視していた刑事は、リンネの姿に驚き、カバネラ警部に報告を入れます。
 その直後、公園の電話が鳴り、何者かと会話をした後、再び無線を使用。
 そしてポイントXへ急行するため、車を運転しながら、盗聴器で店内の会話を聞いているようです。
 よく聞こえない、とボリュームを上げたそのとき、ビューティーがテントウムシを破壊。
 なるほど、そのときの大音量で気絶して、そのまま店に突っ込んでしまったわけか。



 車のフロントガラスを突き破って飛び出していた遺体の位置からスタートです。
 取り憑ける対象は車内の回転灯とシートレバー。
 回転灯は鳴らしても刑事が傍にいなければ意味がないようです。
 シートレバーを引くと、運転席のシートが倒れますが、今のところ特に意味はなし。
 そのうち刑事が無線を使うために車のトランクを開け、双眼鏡を放り込みました。
 ここで回転灯を鳴らすと、運転席のドアを開けて回転灯を停止させます。
 そして、そのまま公衆電話に出るため、歩いていってしまいました。
 シセルとリンネの会話を聞く限り、この電話に取り憑かなければ失敗みたいです。
 でもコアがないしなぁ……とシートレバーを戻して、また倒して…を繰り返していたところ、
 シートを倒すと、頭の部分に双眼鏡が乗っかることに気が付きました。
 その状態でシートを戻せば、運転席に双眼鏡が移動します。
 あっ、これを刑事に見せれば良いのかな?

 一旦リトライして、刑事が双眼鏡を投げ入れたらシートレバーを倒して、回転灯を鳴らします。
 運転席のドアを開ける前に、レバーを戻して双眼鏡を移動させると、回転灯を止めに来た刑事が、
 「こんなところに…」 と言って双眼鏡を手に取りました。
 ん?自分で後部座席に放り込んだのに、どういう発言だ、こりゃ?
 …まぁ、細かいことは置いておいて、これで双眼鏡と一緒に移動できるようになりましたね。
 Σ(゜Δ゜*) 潜入捜査官!?
 何と電話の相手は、あのウェイトレスでした。
 彼女 -メメリ- はポイントXに潜入している刑事だったようです。
 リンジューという名らしい刑事が止めるのも聞かず、彼女は怪しい客に盗聴器をしかけようとしました。
 さて、ここでウェイトレスを追うか、その場に留まるかの選択を迫られます。
 どっちが正解かは解りませんが、こちらの流れは先ほど見ているので、ウェイトレスの方に行きましょう。




PM 10:00  キッチンチキン
 メメリの電話は、キッチンチキンの厨房からかけたものでした。
 ここから取り憑けるのは換気扇のものと思われるスイッチと、何故か干してあるシャツだけ。
 スイッチは油で固まってしまったのか、硬くて上げることができません。
 ただ、誰かが上げたスイッチを戻すことはできるだろう、とのこと。
 シャツの方は、《アヤツル>>>ノビチヂミ》 で干してあるロープを伝って移動できました。
 そこから鍋やヤカンに取り憑いて進んでいくと、不意にメメリが 「何か煙いな」 と言い出して
 換気扇のスイッチを力一杯押し上げます。
 ……取り敢えず、またオフにしとくか。
 そんでもって、もう1回ヤカンへ……あっ、コック帽が!
 シェフの被っていたコック帽がパタンと倒れて道になりました。
 このコアを通って、床付近にあるペダルに到達します。
 何のペダルか解りませんが、取り敢えず踏んでみると、テーブルがターンしました。
 ちょうどメメリが盗聴器をしかけようとしていたチキンの皿が、回転によってシェフ側へ移動。
 でも、メメリはちょっと驚いたものの、すぐにペダルを踏んで皿を元に戻します。
 ターン合戦をしてはみましたが、これに意味があるとは言い難いような……。

 打開策が見えないまま、ひたすらテーブルを回していたところ、2つめのチキンが焼き上がりました。
 チキンがもう1枚の皿に乗ったところでテーブルを回転させると、シセルとリンネの会話が発生。
 「肉を入れ替えてみた」 というシセルに対し、「目の前でやったら幾らあの子でも気づく」 というリンネ。
 あ、そうか。
 見ていない隙に肉を取り替えれば良いって事か。



 ちょっと今回はタイミングが合わなかったので、一旦リトライします。
 2つめの肉が焼けるまでの時間が多少あったので、しばらく間を置いてから換気扇のスイッチをオフに。
 ペダルまで移動して、肉が焼けるのを待ちます。
 肉が両方の皿に乗って少しすると、メメリが煙に気づき、換気扇に向かってくれました。
 完全に後ろを向いたところでテーブル回転!
「よし…これでどうだっ!」
 というシセルの言葉と黴の気持ちが完全に一致しました。
 これによって、盗聴器は厨房に取り残され、リンジュー刑事が聞くハメになったのは、高らかに響くシェフの歌。
 『更新完了!』





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
キッチン攻防戦 ~チキン回転合戦~
    コメント(0)