さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2007年11月25日

ドラマ しゃばけ 第1弾


土曜プレミアムで 『しゃばけ』 第1弾が放送されました。
こりゃ、ナレーションだけで3割増されてますな。
あの声で解説されたら、そりゃ見入るしかないでしょう(*´∇`*)
イメージ的には、市原悦子さんの日本昔話みたいな雰囲気で。
ちょっと声も似てますよね(´m`)

実写×VFXが見所だったみたいですが、確かにCGはきれいでした。
鈴彦姫もふわふわしてましたし、白択・犬神が兄やに変わるところは、「CG良いなぁ…」 と思わせます。
ただ、「特殊メイク+VFX」 は、特殊メイクの方が、コントか何かくらいのレベルで吃驚しましたね。
あの河童はないわ~(´Д`;)
映像作品ならではだな、と思ったのは、憑かれた人間が薬の薫りを求めて人を襲うシーン。
荒い息づかいで匂いを辿り彷徨う様が、主観視点で表現されるんですよね。
黴なんか、ついついSIRENの視界ジャックを思い出してしまいました。


主要キャラで原作と大きく違うのは、屏風のぞきと獺ちゃんですか。
屏風のぞき、歌舞伎みたいな白塗りで、べらんめえ全開でした。
格好付けているのに、どこか抜けているキャラクター…というのが、より誇張された感じです。
まぁ、登場人物で面白く造り替えるとしたら、仁吉・佐助よりは屏風のぞきでしょう。
ついでに、屏風のぞきと張り合っていたはずの獺ちゃんは、コロコロ体型で訛りの強いキャラに。
あれはあれで可愛かったですわ(´m`)


ストーリーと構成は、終盤までは、ほぼ原作通りです。
おばあさんの正体が妖だと明かされてからは、かなりオリジナル要素が入っていました。
原作では、若旦那のお母さんについては、見越しの入道から語られるに留まっていましたが
こちらは実際にお母さんが乱入してきて、自ら過去を語り始めます。
また、若旦那は自ら墨壷事件を解決することを申し出て、見越し入道は
「お前がそう言わなければ、人の世から切り離すところだった」
というのですが、ドラマでは端から若旦那を連れて行く気満々でしたね。
一番違ったのは墨壷との対峙。
原作ならば、若旦那がしかけた罠に見事墨壷が嵌って、事件解決に至ります。
一方、ドラマはひたすら説得で改心?した墨壷が消えていくという感じ。


思っていたよりも、ずっと面白かったんじゃないでしょうか。
若い子が少ないせいか、目立って演技が下手な人もいませんでした。
黴は墨壷との対決は原作の方が好みですけども。
第2弾はいつになるのかな?
そっちも楽しみですわ。

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ドラマ しゃばけ 第1弾
    コメント(0)