さぽろぐ

ゲーム・アニメ  |その他北海道

ログインヘルプ


*TOP*

2007年10月06日

鈴木由香里 1話目 『マネキン奇譚』


『晦~つきこもり』 プレイ日記 vol.4
鈴木由香里 1話目 『マネキン奇譚』

 晦は前作に比べてバッドエンドが多く、且つスタートボタンでの聞き直しや語り部の選び直しが不可です。
 鬼のようにプレイし続けなければ、すべての分岐を網羅できない作品としては、少々手痛い変更点…。
 その分、バッドエンドの表現にも力が入っているようなので、まだ救われますが。




4人目は、鈴木由香里(すずき ゆかり)20歳 フリーター。
フリーターというより、アルバイターという言葉がぴったりくるバイトの達人です。
変わったバイトも数多く経験しており、そこでの実体験を語ってくれます。
性格はドライで、少し捻くれたものの見方をするタイプですが、葉子ちゃんのことは可愛がっているもよう。
涼しい顔で、何の気負いもなく、おっかない発言をする人。

 閉店後のデパートがどうなっているかに興味を持った由香里は、12月25日(日)の夜に
 デパートでディスプレイをクリスマスから正月用のものに変えるアルバイトをすることにしました。
 わずかな灯りしかない真っ暗なデパートの中、作業を続けていた由香里他3名。
 ところが、展示用のマネキンが足りなくなったため、誰かが倉庫まで取りに行かなければなりません。

1. バイトするマネキン
 男性2名が倉庫へ向かい、由香里と松尾さんという女性は、その場で待機することに。
 ついうとうとしていた2人は、戻ってきた主任に怒られてしまいますが、ともあれ作業は再開。
 遅れを取り戻すべく働いていたとき、由香里は人数が1人増えていることに気が付きました。
 忙しさのあまり、それに構うこともなく作業を続ける面々ですが、すべてのディスプレイが終了して
 由香里が辺りを見回すと、その場にいたのは由香里1人。
 その代わりに、見覚えのない4体のマネキンが立っています。
 そこで由香里は思い出しました。
 今日は元々、松尾さんも、主任も、男の子も休みだったということを…。

2. 未必の故意
 好奇心から、倉庫へ行く役割を買って出た由香里。
 嫌いなバイトの主任・宮本さんが臆病なのを知っていて、わざと彼を同行者に選びます。
 古くて気味の悪いエレベータの中で、びくびくする宮本さんに由香里は怪談を話して聞かせました。
  エレベータの箱の下に落ちて死んだ青年が、誰にも気づかれず白骨化していたのだが、
  エレベータ内に彼の幽霊が出て、自分の居場所を訴えたことから、死体が見つかった。
  そのエレベータと言うのが……

 と、ここまで話したとき、突然エレベータが停止し、電気も消えてしまいます。
 そして暗闇の中に浮かび上がった幽霊らしきものにパニックになった主任は、ショック死。
 幽霊の正体は、壁に蛍光塗料で描かれた落書きだったのですが……。

3. もういいかい?
 同じバイトの子とマネキンを取りに行った由香里は、玩具売り場で、子どもの声と足音を聞きます。
 姿は見えないのですが、かくれんぼをしているようです。
 ところが、聞こえるのは鬼の声ばかりで、隠れている方の返事は一切ありません。
 そのとき、同行していたバイトの子が 「もういいよ」 と返事をしてしまったのです。
 次の瞬間、その子は闇の中から出てきた無数の手に引きずり込まれて消えていきました。
 急いで上階へ戻ると、残って主任と作業をしていたもう1人のバイトも……。

4. 飛び首
 業務用エレベータで地下3階の倉庫へ下りた松尾さんと由香里は、一面に散らばる生首に驚愕します。
 それはすべてマネキンの首でしたが、不気味さに耐えかねた2人は倉庫に入れません。
 結局そのまま、エレベータに取って返すと、何故かエレベータは屋上へ。
 興味本位で屋上に出て行く2人は、そこで宙を飛び回る生首に出くわします。
 生首に襲われてパニックを起こした松尾さんは屋上から飛び降りてしまいました。
 すると、生首たちが空へ上ると同時に、松尾さんの生首が浮かんできます。
 松尾さんは、「どうしてこうなっちゃったのかな」 と哀しそうに呟くと、空中でぐるぐる回っている
 生首たちに混じって見えなくなってしまったそうです。
 後日、由香里が聞いた話によると、あの地下倉庫では、警備員が客や店員の女性の首を
 切り落として殺すという猟奇的な事件が起きていたのだとか。

5. 封印された倉庫
 松尾さんと2人で地下3階の倉庫へ足を踏み入れると、そこは埃だらけで物が散乱していました。
 おまけにマネキンもバラバラで、どうしても足の部分が見つかりません。
 仕方なく、足のないまま持って行くことにした2人ですが、帰り道、背後から何かが付いてきます。
 何かを引きずるような音に振り向いた先には、腕を使って這いずる、腰から下が無い男。
 必死に逃げる由香里は、何とか元居たフロアにたどり着けましたが、松尾さんは……。
 由香里が這々の体で売り場に戻ったとき、何とあの夜から3日が経過していました。
 それどころか、あの地下3階の倉庫は、既に封鎖されていて入れないはずだと言うのです。
 結局、松尾さんは何処にも、厳重に封鎖された地下倉庫にも、いませんでした。

この後、ぎょろりとこちらを見ます…





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


Comments
こんばんは

マネキンめちゃ怖いです(((;д;))
画像も怖くてビビりました…

晦は画像が学怖以上に怖い気がします…
Posted by な at 2007年10月06日 23:30
Re:
>な様
 コメントありがとうございます(*´∇`*)
 画像の男は、この直後に黒目が入るので余計吃驚します…(;´Д`A
 中には怖くしようとして失敗しているような笑えるグラフィックもあるのですが
 ぴたりとハマったときのインパクトは学怖を遙かに上回るかと…。
Posted by at 2007年10月08日 03:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鈴木由香里 1話目 『マネキン奇譚』
    コメント(2)