さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年11月16日

最も危険なドミノ倒し


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.10
第5章 PM 8:34

 運命を変えて肉体に戻っていったリンネですが、シセルが管理室に行くと、既に居なくなっていました。
 どうやら監視の目をかいくぐって逃走したもよう。
 仕事が速いですね。




PM 8:34  管理棟・管理人室
 取り敢えず、キャスターを動かして移動し、刑事たちの話を聞いてみます。
 しかし、そこから右へはコアが無くて行けません。
 しょうがないので、もう1度キャスターで左側へ戻ります。
 すると、その動きに驚いた警官が近づいてきました。
 あっ、リンネの手帳に気づかせられるんじゃないか?

《トリツク》 : キャスター → ヤカン → デスクライト
《アヤツル>>>スイッチオン》

 (*´ェ`) これを見てくれー!!
 警官が手帳を見つけ、刑事が手帳に記された意味ありげな番号に電話をかけます。
 どうやら相手は警察関係者らしいですね。
 名前はボーズ係官。
 「リンネは “今夜も” 電話をかけてきた」 とか、「気が付いているのかも」 とか意味深な会話がなされています。
 早速、この電話先に行ってみましょう。




PM 8:39  刑務所・看守室
 壁には監視カメラの映像を映し出したテレビ。
 2人の係官が机に向かっていますが、若い方はトランプタワーをつくって遊んでいます(;´Д`A
 先輩と呼ばれているのが、先ほど電話に出たボーズ係官ですね。
 どうもズレたところがある人らしく、後輩にいじられまくっています。
 そんな彼がボードに貼ったメモを経由してモニターへ。
 映像を見る限り、どうやらここは刑務所みたいです。
 さらに、このメモを 《アヤツル>>>トバス》 ことができました。
 背中を向けていた後輩が振り返ってメモをキャッチ。
 今夜の任務を逐一メモしている先輩を小馬鹿にします。
 メモの内容は 「囚人番号C38号が電話室を使用する」 というものでした。
 そのメモを丸めてゴミ箱に投げ捨ててしまう後輩。
 取り憑いているシセルも一緒にゴミ箱へ……と、ここで電話が鳴りました。
 かけてきたのはリンネです。
 いつものように “あの人” と話したいと頼むリンネですが、刑事に止められているボーズ係官はこれを拒否。
 するとリンネは、この電話のことは今晩だけでも秘密にしておいて欲しいと言って電話を切りました。
 ボーズ係官は刑事に報告しようとするのですが、後輩がこれを止めます。
 「俺のリンネ」 とか言っちゃうくらいファンらしいので、そのためかと思ったら、別の意図もあるもよう。
 今夜は彼ら係官にとっても特別な夜だそうです。
 あっちでもこっちでも、今夜はホントに大忙しですね。




PM 8:49  管理棟・地下室
 Σ( ̄ロ ̄lll) もう死んでる!!
 リンネが電話をかけてきたのは、あの管理室の地下からだったみたいです。
 ただ、当のリンネは既に遺体と化していました(;´Д`A
 警官曰く、状況的には密室殺人らしいです。
 でも、シセルには全部見ることができるので、トリックがあろうがなかろうがお構いなしですな。
 ではでは、このまま4分前に行ってみましょう。




PM 8:44  管理棟・地下室
 管理人のおじさんが真っ暗な部屋でランプの灯りを頼りに立っています。
 それをドアの外からうかがうリンネ。
 管理人は 「部屋が闇に閉ざされてどのくらい経つか。闇の中に真実が見えると信じていたが潮時か」 という
 謎すぎる台詞を吐いて部屋を出て行きます。
 気配に気づいたリンネは間一髪、ダストシューターに隠れて、管理人の目を逃れました。
 と、そのとき上階の警官から電話が入ります。
 電話を受けた管理人が階段を上がっていったので、リンネは暗い部屋に忍び込み、電気のスイッチを押しました。
 電気を付けると天井のファンが回り始め、ファンの上に乗っていたボールが落下。
 はずんだボールは並べて置かれた人形にぶつかります。
 人形がドミノ倒しのように倒れていくと、装置が起動し、箱の中からキューピッドの人形が吊り上げられてきました。
 キューピッドの持つ弓から矢が発射されると、それによってロウソクに着火。
 ロウソクの火は導火線に燃え移り、その先にあるのは壁に飾られた拳銃です。
 導火線が燃え尽きると同時に、拳銃から銃弾が発射され、リンネを………。
 なんて邪悪なピタゴ●スイッチだ……(´Д`;)
 このとんでもない仕掛けでリンネは死に至ったわけですね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
最も危険なドミノ倒し
    コメント(0)