さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2007年07月16日

め組の人


『GOD HAND』プレイ日記 vol.8
【STAGE2-2】人間花火でパーティー?

 ただひたすら敵を倒していくだけではなく、時にはイベント的なものが用意されているのも楽しいところ。
 こういう要素がないと、どうしてもアクションゲームは単調になってしまいます。
 イベントの当事者は肝が冷えたでしょうけど…。




 破落戸たちが、男性を棒に縛り付けています。
 どうやら、導火線に火を付け、それがじりじり男性に迫るのを見て笑おうという腹です。

 男性の足下には火薬が積まれているので、恐らく火が到達した時点でアウト。
 阿呆のように喜んでいるのは3人の破落戸たち。
 行ける!と踏んだ黴は迷うことなく奴らのど真ん中に特攻して……
 自滅……。゜゜(´□`。)°゜。
 正面の2人を相手にしていると、横から1人が殴ってくるんですもの……。
 敢えなく、リトライです。

 今度は落ち着いて周囲を見回すと、火薬の入ったドラム缶が2つも用意されています。
 果たして、今から火を消そうという状況の中で大爆発を巻き起こして良いものかどうか
 迷いましたが、やってみてから考えるのがGODHAND流。
 おもむろにドラム缶を担ぎ上げ、男達めがけて立て続けに投げつけます。
 すると、幸いなことにこの爆発は、男性の生死には関係なかったもよう。
 雑魚1人は倒れ、太った男の体力も半分程度になりました。
 2対1なら、何とか戦えるようになってきた黴。
 残る2名も倒して、一安心……。
 と、そこにジジジジジ……という不穏な音が。
 (; д )  ゚ ゚ 火ぃ付けんな!!!
 いつの間にやら、新手の敵が現れ、手にした松明で導火線に火を付けているではありませんか!
 慌てて駆け寄り、そのふとどき者を倒すと、一瞬だけ特殊技マークが出現。
 不審に思って辺りをウロウロしてみると、導火線を進む火の辺りで、「踏む」 が。
 Σ(゜Δ゜*) なるほど!
 ただ敵を倒すだけじゃなく、火を踏み消さなければならなかったようです。
 急いで2~3ヶ所で燃えている火をゲシゲシ!!
 ふぅ………(*´∇`*)

 更には、その導火線の横に落ちていた松明を拾うこともできました。
 またも新手が湧いてきましたが、武器があると強気なジーンさん。
 何のためらいもなく近寄り、ガッツンガツンと松明で殴りつけます。
 これを繰り返し、敵の出玉がなくなったところで、どうやらこのイベントは終了したようです。
 迫り来る火の恐怖から逃れた男性。
 縛られていた棒ごと、台から飛び降ります。
 そして礼の言葉を残すや否や、凄まじいスピードで走り去っていくのでした。
 最初からそうしろよ…(´Д`;)

 男性のくれた宝箱からゴッドリール技・打ち上げ花火を獲得。
 次のエリアもありましたが、雑魚3人と、白髪の男を倒しただけで終了だったので省略。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
め組の人
    コメント(0)