さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2007年06月18日

飲み干せ!血清


『GOD HAND』プレイ日記 vol.3
【STAGE1-3】 恐怖!?毒チワワ

 オリヴィアが探っている “奴ら” というのは、どうやら悪魔のようです。
 ということは、あのガーゴイルみたいなのも、悪魔の一種なのかな?




 不気味な雰囲気の部屋に集まっているのは、初老の紳士と奇抜な衣装の美女に、葉巻を銜えた巨漢。
 彼らを呼び出したのが、「新参者」と称される若い男・アゼルのようです。
 アゼルは、ゴッドハンドを持つ男が現れたことを報告しました。
 驚愕する面々に、自分のゴッドハンドが共鳴していると言うアゼル。
 どうやら、他の3人が悪魔であるのに対して、アゼルだけは人間らしく、紳士は彼を見下しています。
 一方、女は人間も悪くはない、と意味ありげな視線を送っています。
 すると、巨漢が、ゴッドハンドのことは自分に任せろ、と申し出ました。
 紳士は、巨漢-エルヴィス-に、ゴッドハンドが本物かどうか確かめるよう命じるのでした。





 さて、崖を昇降機で登ってきたジーンですが、ちょっとは操作になれたものの、やっぱりへっぽこ。
 回避は出来ないわ、コンボは決まらないわで散々です。
 それでも何とか崖上の街にたむろしている破落戸たちを倒していくと、ここでイベント発生。

 気弱そうな男性を虐める破落戸たち。
 許しを請う男性に、紫の子犬をけしかけます。
 つぶらな瞳の毒チワワですが、不意に怪しく目を輝かせたかと思うと、男性に襲いかかりました。
 噛みつかれてパニックになる男性を大笑いする破落戸たちは、彼に血清を見せびらかしています。

 ジーンが近づくと、血清を持った緑色の小男がもの凄いスピードで逃走。
 他の破落戸たちを倒して、男性を調べると、「血清があれば助かりそうだ」と表示されます。
 男性にも体力設定が成されており、放っておくとどんどん体力が落ちていくみたいですね。
 取り敢えず、あの小男を捜すことにしましょう。

 大門の向こうに逃げていったので、そちらから捜索開始。
 すると、いきなりすぐ横の建物の中に居るのを発見しました。
 待てこらー!とばかりに中へ入ると……
 (; д )  ゚ ゚ アウチッッ!!
 扉の横に隠れていた男に、ハンマーで思いっきりぶん殴られました…。
 ドカドカ殴って復讐し、ハンマーも奪っておきましょう。
 小男は、ジーンが殴られている間に、建物の2階へ逃げていったので後を追います。
 すると、こちらが2階へ上がった途端、2階から表の通りへ飛び降りる小男…。
 これ、普通に追いかけ回してたんじゃ、駄目なんだろうか?

 今度は、毒に苦しむ男性の居る路地の突き当たりでこちらを見ています。
 仕方がないので、持っていたハンマーを投げつけてやりましたが、間一髪逃走されてしまいました…(ノд`)
 しかも、小男を追って路地を曲がったところに、ちょっと大柄な格上の破落戸が2人も…。
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) 1度に2人は無理無理!
 急いで逃走を図り、その先にあったドラム缶を投げつけるジーン。
 ドラム缶は爆発しましたが、格上だけあって、死なないどころか、たいしたダメージでもありません。
 尚も逃げると、2人の射程圏外に出たのか、元の位置に戻っていってしまいました。
 ふぅ………。
 距離をおいて、樽を1人にだけぶつけてやると、もう1人は向かってこないので、1対1。
 これなら黴でも何とか勝てます。
 更に、もう1人は拾った角材でタコ殴りにしてやりましょう。
 ………慣れる気あんのか(;´Д`A

 へっぽこぶりを顕わにしたところで、小男の逃げた方へ向かうと、今度はBARの中へ逃げ込みやがります。
 それを更に追うと……どうやらこのBARがゴール地点のようで、小男が逃げなくなりました。
 きりもみキックで豪快に吹っ飛ばし、憂さ晴らしを……。
 血清を拾って、再び苦しむ男性を調べれば、イベントクリアです。
 何故か血清を飲み干す男性。
 あっという間に完治した男性は、お礼の宝箱を残し、猛スピードで立ち去っていきましたとさ。

 箱の中には、ゴッドリール・ドラゴンキックが入っていました。

 これにて一件落着、ということで、ゴールを護っていた太った男たちを倒し、
 やたらにポロポロ出てきた回復アイテムを全部回収し、体力全快でゴールです(*´∇`*)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
飲み干せ!血清
    コメント(0)