さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2007年04月30日

福沢玲子 1話目 『早苗ちゃん』


『学校であった怖い話』 プレイ日記 vol.6
福沢玲子 1話目 『早苗ちゃん』

 上級生ばかりの会合において、唯一主人公と同学年の福沢さん。
 黴の昔の同級生にめちゃめちゃ似てるんですけど……。
 それはさておき、福沢さんの話は総合的に見るとあまり怖いものではありません。
 個人的な総合恐怖度は  岩下>荒井>細田=新堂>福沢>風間  といった感じかな。
 ただし、結構エグい話が紛れ込んでいることもあるので要注意です。
 




福沢さんが初めに話してくれるのは、同級生・元木早苗ちゃんの話です。
一風変わった言動をする彼女は、クラスから少し浮いた存在ながらも、皆に愛されるキャラクター。
あるとき福沢さんは、偶然にも早苗ちゃんの秘密を垣間見てしまいます。
1. エクトプラズム
 体育の授業中、具合が悪くなって保健室へ向かった早苗ちゃん。
 その直後、突き指をしてしまった福沢さんも保健室へ向かいますが、早苗ちゃんは何処にも居ません。
 気になって彼女を捜す福沢さんは、教室でぐったりと座り込む早苗ちゃんを発見しました。
 声を掛けようとする福沢さんの前で、早苗ちゃんの口から、白い靄のようなものが……
2. 血の儀式
 保健室で寝ていた早苗ちゃんは、枕の下に 「ケツ」 と書かれた紙を忍ばせていました。
 不審に思う福沢さんの前で、保健室のベッドがポルターガイストのようにガタガタと動き出します。
 早苗ちゃんは、それを 「血の儀式」 と呼び、ベッドに命を吹き込むためのものだと言いますが…

語り部達の話に出てくる登場人物の中では珍しく、複数の話に登場するのがこの早苗ちゃん。
彼女のキャラクター故か、出てくる話はどれもそれほど恐怖を感じるものではありませんが
彼女自身が不思議な力を持っているようで、聞いた後は釈然としない奇妙な感覚に包まれます。
天然の早苗ちゃんが、あまり的確な説明をしてくれないこともその要因の1つかと。
1周目の頭で聞くには、程良いストーリーではないでしょうか。
早苗ちゃんとお祖母ちゃん





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
福沢玲子 1話目 『早苗ちゃん』
    コメント(0)