さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年11月20日

Review 『OZ-オズ-』


Review 『OZ-オズ-』
総合評価 ★★★★★

 発売元:コナミ
 ジャンル:リズミカルコンビネーションアクション
 発売日:2005年6月30日

昔、世界は人間とカテナが共存する平和なものだった。
しかし、突如現れた “神々”によって、カテナはその忠実なしもべ “御使い”と化してしまった。
ある日、小さな村で暮らす少年・フィールは、“御使い”によって村を焼かれ、妹・ドロシーを攫われる。
人間でありながらエテリアと交感する能力を持ったフィールは、妹を救うため、
かつて “御使い”の頂点・OZであったアルミラ、レオンと共に、“神々”の城・テオロギアを目指して旅立った。

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★★
 こんなに中毒性のあるアクションゲームは初めてです。
 敵を仲間とパスし合うことでテンションを高め、必殺技を放つことが出来ます。
 如何にテンションをゼロにせず、パスを続けられるかが鍵になってきます。
 本当に1人では何も出来ませんし、2人だと非常に苦労する、「3人でなければならない」ゲーム。
 このリズミカルコンビネーションアクションというのは、非常にバランスの優れたシステムです。
 また、使用するプレイヤーとパートナーでプレイパターンがガラリと変わるのも特徴的。
 それぞれの特性を活かしたプレイになるため、飽きが来にくく、何度でも楽しめます。
 更に、おまけ要素の多さも繰り返しプレイが苦にならない要因。
 何度も遊べるソフトとしては、トップクラスの面白さです。


操作性 ★★★★☆
 操作は完全にプレイヤーの腕次第です。
 キャラクターの能力値や装備品でプレイは楽になりますが、肝心要のパスキャッチが下手では
 ゲームの1/10も楽しめないかと。 代わりにパスキャッチが上達すれば10倍は楽しくなること請け合い。
 ただ、環境によってはプレイ中、動作がスローモーになるのが気になりました。
 特に、Hardモードで敵が大量に出てくるようなときに長時間プレイすると、その傾向が強いようです。


ストーリー ★★★★★
 ヒーローものを意識したというだけあって、王道的展開が多いストーリーになっています。
 しかしエンディングを1度見ると、必ずベストエンディングを見たい!という気にさせてくれる上手な構成です。
 更に、エンディング以外でも、合流イベントなどで微妙にストーリーに変化を持たせており、
 ストーリーモードの繰り返しプレイも、比較的飽きが来にくいものになっていると思います。
 また、断章やおまけが2周目以降でしか見られないようになっているのも個人的には良点。
 システムと共に、数回のプレイに耐えうるクオリティを有しています。


グラフィック ★★★★
 ムービーで見るキャラクターたちが、ちょっと粗いのは確か。
 トレーラーなどにも頻繁に出てくるドロシーちゃんのアップは黒目がちょっと怖いです(;´Д`A
 バトル中のキャラクターに不満な点はありませんし、各イメージ色の軌跡を描くのも美しい(*´∇`*)
 ただ、お遊び装備品の眼鏡やサングラスが、プレイ中ちっとも見えないのが残念だったりして。





黴のお気に入りポイント
 ◆リズミカルコンビネーションアクション!
 ◆1~2人のときと3人揃ったときでは、プレイの爽快感が違う
 ◆何度やっても飽きがこない工夫の数々
 ◆追加要素および隠し要素の多さ


黴のイマイチポイント
 ◆乱戦時にかなり重くなり、プレイが困難になる
 ◆ムービーギャラリーのムービーが少ない
 ◆何話で英知のかけらを取った(取っていない)かが判ると良かった

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『OZ-オズ-』
    コメント(0)