さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年06月28日

未来は野生


夕べ、ふとテレビのチャンネルを変えると、けったいな生き物のCG映像が流れていました。
何じゃこりゃ?とそのまま観ていると、どうやらドゥーガル・ディクソンの著書を紹介しているようです。

簡単に言うと、「○○年後の地球にいる生物」を創造し、つらつら紹介していく本です。
この『the FUTURE is WILD』は500万年後、1億年後、2億年後の生物について描かれています。
トンデモ本のようですが、一応その人なりの学術的根拠は持っているらしいですな。
ただし、本のコンセプトが、「既に○○年前に人類が絶滅している」という設定で綴られているので、
その奇妙な生物たちが遂げた進化の理由は、ほとんど述べられていません。
つまり、「Aという動物は、××という特性を持っている」とは書かれていても、
「Aという動物は地球が△△のように変化したために××という特性を持った」とは書かれていないんですね。
いわば、図鑑のようなものです。
犬や猫と同じで、この本が書かれた“世界”においては、これらの生物がいることは当たり前で、
書くべき事は、彼らが今どう生きているかということなんでしょうね。
その辺を割り切ることが出来れば、なかなか面白い本であります。

飛行する魚類 ocean flish

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
未来は野生
    コメント(0)