さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年05月10日

寿司乱れ打ち


『忍道 戒』プレイ日記 vol.9
 だいぶ忍びの道に慣れてきたので、今回は少々相手を小馬鹿にしたやり方で任務をこなしたいと思います。
 たまには、こんな形で遊べるのも、『忍道 戒』の良いところ。
 任務は正当なやり方で攻略する必要は全くないのです(´m`)

依頼人:赤目影虎
依頼分野:暗殺
依頼内容:熊を倒せ

 街で暴れている熊を倒せ、と言われて漁人街へ。
 外壁から、境界の門を越えて街に入ろう……と思った瞬間、
 突如、熊が倒れる映像が挿入され、任務終了の文字が…。
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) ええぇぇ!? な、何!?
 わけがわからん……バグか?
 17秒という驚異のスピードで依頼をこなしてしまいました(;´Д`A
評価:99点
称号:人間兵器の鴉





依頼人:貞女
依頼分野:輸送
依頼内容:米俵を運ぶ

 米俵を担いで、根岸館を抜ける今回の任務。
 どうやら根岸館には蛮族がうろついているようです。
 蛮族は気配に鈍感なので、結構近づいても大丈夫なんだよねー………と思っていたら、何もしていないのに
 相手方の殺気レベルが次々真っ赤になっていくじゃないですか!
 (゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜) あわわわわ…
 焦って物陰に隠れたものの、何故か誰も来ない…。
 おかしいな…と、様子を伺うと、何と蛮族と毛伸忍者たちが戦闘を繰り広げていました。
 こりゃチャンス!
 制限時間5分に間に合うよう、必死に走るGOさん。
 案の定、大概の敵は戦うのに夢中でこちらに気づきません。
 数人気づいて追ってきましたが、どうしてだか俵を担いだGOさんと速度が変わらないので、
 ぴったりくっついては来ますが、追いつかれることがありません。
 そのまま悠々と館を抜けてゴール!
 漁夫の利ですなぁ(´m`)
評価:100点
称号:人間兵器の鴉




依頼人:カブト
依頼分野:決闘
依頼内容:カブトとの決闘

 カブト氏は何だかしょっちゅう決闘を申し込んできます。
 めんどくさいなぁ…。
 と言うわけで、今回はめちゃめちゃ卑怯な作戦に出ることにしました。
 使うのは、【調合】で作った忍法・やりくり上手忍法・影透かし
 やりくり上手は、いくら使ってもアイテムがなくならないという忍術。
 そして影透かしは敵から姿が見えなくなるという忍術です。
 ただし、影透かしは一定時間経ったり、相手に攻撃したりすると解けてしまいます。
 この2つを利用して、血祀殺法無効のカブト氏をおちょくってしまおう(´m`)

 まず、やりくり上手を使い、続いて影透かしを使います。
 そのまま、GOさんを待っているカブト氏の元へ向かい、一発ぶちかましましょう。
 ムービーが入り、カブト氏の殺気マークが発見状態になりますが、ここですかさず影透かし。
 やりくり上手を使ってあるので、何回でも影透かし出来ます(*´∇`*)
 カブト氏はGOさんを見失ってバタバタ走り回りますので、背後から近寄り、しゃがみ攻撃!
そうすると、カブト氏が前のめりに転んでしまいますので、その隙に再度影透かし。
 これを繰り返していると、かなり小馬鹿にした感じで勝利できます。
 カブト氏と一緒にバタバタ周囲を駆けずり回るのも良いでしょう(* ̄m ̄)




依頼人:一条信輝
依頼分野:全滅
依頼内容:赤目勢の全滅

 前回の決闘任務に続いて、ちょっと面白い方法で任務をこなしたいと思います。
 用意するのは、やりくり上手影透かし、そして火薬武士だまし
 武士だましとは、お寿司のような形をしたもので、敵が拾って食べると様々な効果が表れます。
 火薬武士だましは、食べると体内で爆発してダメージを受けてしまうというもの。
 自軍の兵糧が少ないほど、引っかかりやすくなりますので、これで遊ぶには相手が飢えていることが前提。

 まず任務開始したら、やりくり上手と影透かしを使います。
 そのまま敵を探しに行き、見つけたら即座に武士だましを投げましょう。
 相手は警戒状態になりますが、こちらの姿は見えないので、これでもかと寿司を放り投げます。
 辺りに寿司が散乱したら、次のターゲットを探しましょう。
 探しているうちに、遠くで爆発音が聞こえるはずです。
 1人密かにほくそ笑みましょう。
 後はこれを繰り返せば、まったく手を下すことなく全滅してくれます。
評価:100点
称号:上忍の鴉






<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
寿司乱れ打ち
    コメント(0)