さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年02月07日

バトル漫画サイレン


SIREN2の発売に合わせて、映画とコミックスでも、『サイレン』が登場します。
舞台はゲームが夜見島、映画が夜美島、漫画が夜魅島、になっています。
つまり、舞台も完全に同じではなく、一種の平行世界のようです。
先日、コミックスのサイレンを買ってみたので、ちょっとだけ感想でも…。

夜魅島で住人の集団消失事件が起こった夜、捨て子として発見された少女は、不思議な声の夢を見ます。
自分を呼ぶどこか優しいその声が気になって仕方がなかった少女は、再び夜魅島へ。
事件はそこからスタートです。

詳しいストーリーは語りませんが、屍人・闇人にあたる異形がオリジナリティ溢れてて良かったかと。
闇人同様、光を嫌う設定ですが、外見はまったく異なりどちらかというと妖怪チック。
また人間を襲う理由も180度違います。
屍人が、神に近づく素晴らしさを教えてあげよう、と人間を取り込むのに対して
彼らは永遠に生きる苦しみを他者にも味合わせようと襲ってきます。
気色悪さは屍人や闇人よりも数段上かも…。

また、ゲームではあり得ない種類の絶望っぷりは、かなりドキドキしました。
無数の異形に取り囲まれたり、そいつらがジリジリ迫ってくる雰囲気はなかなか怖かったです。
加えて、ゲームでは性質上、単独行動が多くなりますが、
漫画では集団としての強さと脆さが表現されていたような気がしました。
カビのお気に入りはトロッコシーン。
あんな状態で猟銃を使わなければいけないシナリオがあったら……絶対クリアは無理そうです(;´Д`A

ただ、その分キャラクターに独創性が薄かったのは残念でした。
どう考えても、ゲーム『SIREN』から出張してきたような人物が多数を占めています。
民俗学者は、まるっきり竹内センセーですし、主人公の女の子は性格こそ正反対ですが、
どうしても美耶子を彷彿とさせ、テレビレポーターは設定が美浜さんそのもの。
工事現場の監督も、小道具が志村じぃちゃんを思わせてなりません。
せっかくのパラレル設定なんですから、もっと好き勝手してくれれば良かったな、と。

そしてもう一つ不満。
視点が脇役になると恐怖度が上昇し、主人公の女の子に据えられると突然怖くなくなるのはどうしてかな、
と思っていたのですが、彼女が相手を怖がらないことが原因だと気づきました。
異形に同情するシーンがありましたが、そういう“余裕”を見せつけられると怖さ半減…。
優しい女の子なんだってことは充分わかりましたけど……。



短い話でしたし、めまぐるしくストーリーが展開したので、やや強引な点もありましたが、
概ね面白いAnotherSIRENだったと思います。
注)気持ち悪いのは嫌いっ、と言う方には微塵もお奨めできません。

あなたにおススメの記事


Comments
お留守にするのですか。
まっそにおまかせあれ。
Posted by ゲスト at 2006年02月08日 18:02
>チャマッソ
 おぉ、多謝。
 ……いじめないでくれよ?
Posted by fungus at 2006年02月08日 20:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
バトル漫画サイレン
    コメント(2)