さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年01月30日

よゐこの科学


最近、でんじろう先生が色々な番組で、楽しい科学実験を見せていますね。
こういう興味を惹かれる講義を受けると、科学に対する拒否感や抵抗感が薄れるかもしれないですなぁ。
様々な世代が観るような、幅広い番組に出てくれることを期待してます。

科学繋がりで、カビの好きな科学に絡む推理小説を御紹介。

『探偵ガリレオ』 東野圭吾・著
 奇妙な事件を担当した草薙刑事が、大学時代からの友人である物理学科の湯川助教授に相談を持ちかける…
 という流れでストーリーが展開する短編集です。
 呪いかと思うような不思議な死に方や、奇怪な証言の裏には実に科学的な理由が隠されています。
 それを解き明かす過程もさることながら、その種明かしとなる科学的事象も、非常に興味深い話です。
 ちなみに続編も出ています。

『殺意は砂糖の右側に』 柄刀一・著
 主役は世間知らずでIQ190の天才・天地龍之介。
 従兄弟の光章を頼って都会に出てきた彼は、その後幾つもの事件に巻き込まれます。
 こちらも初作品は短編集で、その後シリーズ化されています。
 この作品にはカビが高校で雑談として教わった物理学的現象がトリックとして登場したことで、
 非常に印象に残っている一冊です。物理が好きな人だと尚楽しいかもしれません。
 トリックこそ科学系ですが、文体は軽く、小難しい書き方は一切ないので、取っつきやすいのではないでしょうか。




今日の一言 本日はタマホコリカビが一句…出る杭は打たれる?
「タイトルや 活躍すれば 狙撃かな」byタマホコリカビ

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
よゐこの科学
    コメント(0)