さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年06月23日

砦に勝る箱の価値


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ギアラの奔放道中記~ vol.6
 デイルズエルフの抱える問題を力業で解決したギアラ。
 しかし、1人の青年が抱える問題は、最低な形で解決をみた。
 自分のしでかしたことながら、さすがに少々罪悪感を覚えるギアラであった。




 取り敢えず、1つの勢力を味方にしたので、わざとワールドマップを行き来して、
 ゼブランの襲撃イベントを起こしました。
 彼には前周のササミポジションになってもらう必要があります。
 サブクラスをアサシンとレンジャーにして、鍵開け技術も習得して貰わねばなりません。
 器用な手先を1つも取得していないのが難ですが、頑張れ、ゼブラン!



【ソルジャーズ・ピーク】
 さて、続いてはDLCのソルジャーズ・ピークを攻略します。
 理由は道具袋がパンパンだから。
 ジャガーノーツ装備とか、まだパラメータが足りなくて装備できないものを所持しているので
 さっさとアイテムボックスを使えるようにならないといけません。

 カジュアルなので、どんどこ先に進めますが、唯一憤怒の悪魔だけは、
 ギアラお得意の炎系スペルが使えないため、面倒な相手です。
 よって、朽ち果てたウォーデン憤怒の悪魔と戦う場面でも、
 みんなが必死に頑張る中、そこそこの加勢しかできませんでした(;´Д`A
 ちなみに、こいつが落とした冬の吐息という杖、かなりの威力なのですが、魔力があと1足りない…or2
 今使っている杖、自然属性なので、通常攻撃がアンデッドに効かないんですよね。
 冬の吐息は冷気属性っぽいので、早いところこっちに鞍替えしたいです。



 さて、ソフィアに取り憑いた悪魔との会話ですが、最高レベルの話術でも騙すことはできないので、
 初めから (嘘を吐く) なしの単なる (説得) で行ってみました。
 すると、あっさりヴェイルの穴を閉じてくれましたが、騙し討ちはできないみたいですね。
 結局、1周目と同じ展開になっちゃったな。
 アヴァナスの塔では、特殊なタレントが手に入る薬品がありますが、これは当然飲み干します。
 ローグのときには、微妙だな~と思いましたけど、魔導師のタレントはかなり良いですね!
 体力を消費してマナを回復する闇のエネルギーは重宝しそうです。
 回復ポーションがあれば、リリウムポーションなしでもマナ回復できるってことですもんね。

 1周目と違う展開にするなら、アヴァナスを倒しておくべきだったのでしょうが、
 研究をバンバンさせれば、新しい何かができるかな~と思って、生かしておくことにしました。
 その代わり、1周目では 「穏便な研究をしろ」 と言ったのに対し、今回は 「どんどんやってくれ」 と
 言っておきます。
 何か良いものつくってくれるかねぇ?


 帰りがけにソフィアに取り憑いた悪魔を倒して一件落着。
 これでアイテムを保管しておくことができるようになり、当初の目的も果たされました。
 手持ちの装備品やギフトはどんどん預けて、すっかり身軽に(*´∇`*)
 ダンジョン探索も怖くないぞぅ。
 このまま、シェイルのDLCもこなして、その後でメインストーリーを進めたいと思います。
 シェイルを連れて、オーズマーに行ってみたいんですよね。
 その前に、オスタガーかな?
 良い剣と短剣が手に入りますから、それで装備を強化しましょう。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
砦に勝る箱の価値
    コメント(0)